質屋かんてい局は岐阜・愛知の質、ブランド品売買の専門店です

代表TEL:小牧店(営業時間10:00~19:00 )

0568-68-8998 お問い合せ

茜部店のお知らせ

【体験版】ロレックスのヨットマスターロレジウム(16622)を購入してみての感想と経緯をお話しします。【茜部】

本日はロレックスのヨットマスターについてご紹介したいと思います。

私は2018年頃にこの時計を購入しましたが、どうして購入したのか?購入してどうだったか?など感想とともにご紹介したいと思います。

ロレックスの購入を考えている方、ヨットマスターが欲しいと思っている方にはお力になれると思います。

参考にして頂けると幸いです。それではご紹介致します。

ロレックスに至った理由

私は時計が好きなので今までにロレックス、ブライトリング、シャネルの時計を実際に何本か購入しました。

欲しくなるものは高額なものばかりで何本も所有することが難しく、所有している時計を売って新しい時計を買うという事を繰り返していました。

私は買取を行っていますので、自分の時計が「今いくらになるか?」は想像できており、購入する時に「買取だといくらになるのか?」と考えながら買うのですが、基本的に購入時より値段が下がります。

買うたびに追い金をしていましたが、「値段が下がりづらいブランドはないだろうか?」と考えたときに頭をよぎったのは「ロレックス」でした。

☟お電話でのお問い合わせはコチラ☟

↓↓商品の専門的な知識はこちらをご参考にして下さい↓↓

ロレックスに対しての感情の変化

買取をしていてロレックスの持ち込み数は多いので普段目にすることが多く、正直ロレックスに対しては見飽きていた時期はありました。

私が一番初めに購入した時計もロレックスでしたし様々な時計をしていて「もうロレックスは買わないだろう」と思っていました。

しかしいくつかの時計を使用し見ていく内に「ロレックスの使いやすいデザイン」が良いと思うようになりました

またロレックスの相場を調べているうちにスタッフ間で「昔は〇〇円しか出せなかったのに今は〇〇円も出るようになった」という会話をする場合もあります。スポーツモデルに関しては年々相場が上がっているので、資産の意味でもとても安定することは分かっていました。

年々上がっていくのであればもしも飽きたときに、高値で売れる可能性もあります。

多くのお客様から「買った金額よりも高く売れた」と言う言葉を聞き資産価値の面でも購入しようと決めました。

ヨットマスターを選定することになった理由

ブランドはロレックスに決まりましたがどのモデルにするか?と言うところで悩みました。

デザインと資産価値の面で大まかにはスポーツモデルと決まっていました。

しかしスポーツモデルは多くあります。何から選べばいいのか迷いがありました。

デイトナが欲しいけど高くて買えない、サブマリーナーも無難ですか流通している数が多く人と被るなど迷いに迷いました。

今一度、どのような時計が欲しいのかを思い返しました。見た目と資産の両面で考えました。

①見た目が派手目で豪華なモデル

見た目で派手目なモデルですとコンビモデルを選べば問題無かったと思います。青サブやデイトナコンビは高額ですがとてもカッコイイです。

しかしゴールドはとても目立ちます。

ビジネスでは使用できないですし、プライベートでも目立ちすぎるという点でコンビのスポーツモデルは対象から外れました。

そこでプラチナを使用しているヨットマスターが目に留まりました。

ヨットマスターロレジウムはベゼルに貴金属を使用していながら派手さは抑えられています。

回転ベゼルはスポーツモデルらしく、ベゼルのエンボス加工も凝っています。

またプラチナの輝きは高級モデルとしての満足感を与えてくれます。

サブマリーナーやエクスプローラーのように持っている人が少ないという点でも魅力的でした。

②モデルチェンジが迫っていること

2018年当時ではヨットマスターは116622が現行品でした。

その頃からキャリバーの変更の噂がありヨットマスターも噂されていました。

ロレックスはモデルチェンジをすると変更モデルは中古相場が上がる傾向にあります。そのことから持っていたら上がるかもという期待がありました。

このような理由でヨットマスターを選択しました。

感想

今回はなぜヨットマスターロレジウムを購入したについてお話をさせていただきました。

まずはモデルチェンジの件ですが、2019年の夏ころに密やかに行われました。カタログには新しい型番が記載されていました。

私たちの中ではさほど大きな話題になることなく時間が過ぎました。相場もGMTマスターのように乱高下することはありませんでした。

また購入しての感想ですがとても満足しています。

プラチナ文字盤を使用していることによって、全体的な配色がシルバー系となり、飽きがくるのではと懸念していましたが、付けていると意外に派手さはなく飽きの来ないデザインだと思いました。赤い針と赤文字のヨットマスターという文字もお気に入りです。

ヨットマスターの購入をお考えの方は是非参考にしていただければと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございました

ページトップへ戻る

MENU