質屋かんてい局は岐阜・愛知の質、ブランド品売買の専門店です

代表TEL:小牧店(営業時間10:00~19:00 )

0568-68-8998 お問い合せ

大垣店のお知らせ

ティファニーのダイヤモンドに対する強いこだわりを垣間見る。高品質でクリーンなダイヤモンドとは?【愛知・岐阜の質屋 かんてい局】【大垣】

こんにちは、かんてい局大垣店です。

 

本日は世界5大ジュエラーの1つ「ティファニー」のダイヤモンドのこだわりについてお話します。

今回は本当にただの解説回になりますので、かんてい局のティファニーのダイヤモンドジュエリーを調べたい方は下のバナーからオンラインストアへお進みください。

☟☟☟お電話でのお問い合わせはコチラ☟☟☟

ティファニーのダイヤモンドへのこだわり

①高品質なダイヤモンド

ティファニーはダイヤモンドに最高品質を求め、厳しい基準を設けて品質の淘汰を行っています。

ダイヤモンドである以上世界基準の「4C」に準拠するのは当然とし、その上にティファニー独自の品質基準を設定しています。

またティファニー現在新たに調達されている0.18ct以上のダイヤモンドに関しては世界の宝石品質のダイヤモンドの内、なんと99.96%は却下され、ティファニー品質として認められるのはわずか0.04%しかないそうです。

一般的にカラーレス(無色)と言われているカラーグレードD、E、Fランクのダイヤモンド自体の流通量は全体的に見ればそこまで多くは無いはずです。

ランクが上がるにつれて流通量が少なくなるのはイメージしやすいですよね。

徹底的、そして圧倒的とも言える素材へのこだわりはティファニーが世界5大ジュエラーであることを認めさせる要因です。

②クリーンなダイヤモンド~キンバリープロセスとトーレーサビリティ~

一般的に耳にするクリーン【Clean】は「掃除をする」という動詞であったり、「綺麗な」と言う状態を表す形容詞として使われます。

綺麗なダイヤならさっきと同じじゃん。となりますが、ここでは「汚れ(けがれ)の無い」という意味合いで説明します。

「綺麗」であることと「汚れない」事は似通った意味に感じられますが、意味合いは全く異なります。

まずここで頭に入れて頂きたいのがキンバリープロセストレーサビリティという2つのキーワードです。

どちらも聞き馴染みのない言葉ですね。

キンバリープロセスとは「ダイヤモンドの原石が紛争や反政府活動(テロリズム)のための資金源として使われないように、ダイヤモンドの取引を行う際、参入国に原産地証明書の添付を義務付けた制度」のことです。

ダイヤが資金源として使われるなんて映画の中みたいな話ですが、現実にもあるお話です。

またこれ以外にも知られていないだけで、ダイヤモンドの採掘については強制労働、児童労働、環境破壊、人権侵害などいろいろな闇を抱えていると言われています。

紛争以外にも、それらも解決できるようにとティファニーは精力的に活動をしています。

続いてトレーサビリティとは日本語で「追跡可能性」という意味ですが、これは原産地などの情報をティファニーが追跡し、把握しているということです。

ティファニーはダイヤモンドの原石をボツワナ、カナダ、ナミビア、ロシア、南アフリカの5カ国から調達していますが、2019年に調達する原石の100%を信頼のおけるところからの物であると調べ上げました。

0.18ct以上の個別登録ダイヤモンドに関してはティファニーはその情報を提供しています。

「本来宝石は人を幸せにするもの。それが人を悲しませるものであってはならない。少なくとも我々が提供する物はそのような後ろめたい物があっていいわけがない」

公式サイトに書いてあったわけではありませんが、ティファニー公式サイトを見ているとそんな意思が伝わってきます。

最後に

自分たちが納得できる「いいもの」を仕入れ、制作し、提供する。かんてい局のような中古を取り扱う2次流通には無い、1次流通のプロ意識が気高いです。

またティファニーが商品を展開し続けるための一環として、商品の素材をもたらしてくれる自然環境の保全のための寄付金などの活動「Save the Wild」なども行うなど持続可能な活動(サスティナビリティ)も行っているそうです。

今回は特に豆知識の紹介でも、商品の紹介でもなく、ただ私自身がティファニーのブランドシップが気になったから書いた程度のブログですが、とても勉強になる部分が多かったので、また他のブランドも調べてこう言った記事を書きたいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

ページトップへ戻る

MENU