質屋かんてい局は岐阜・愛知の質、ブランド品売買の専門店です

代表TEL:小牧店(営業時間10:00~19:00 )

0568-68-8998 お問い合せ

大垣店のお知らせ

ルイ・ヴィトンの人気ハンドバッグノエ!!歴史ある巾着バッグの人気の秘密とは!!【大垣】

皆様こんにちは!!買取専門かんてい局大垣店です!!

本日はルイ・ヴィトンの「ノエ」というバッグについてご紹介させて頂きます!!

ノエは巾着タイプの形状が特徴のハンドバッグになります。ワンショルダーのレザーハンドルが付いており、ハンドバッグとしても肩掛けのショルダーバッグとしてもお使い頂く事が出来ます。

このバッグの最大の魅力はなんと言ってもその形にあると言えるでしょう!

他のバッグとは決して被る事の無い独自の形に魅せられたという方も多く、数あるルイ・ヴィトンのバッグの中でもかなり古い歴史のある物となっております!

本日はそうした歴史やノエ自体のバリエーションについてご紹介させて頂きます!!

☟☟☟お電話でのお問い合わせはコチラ☟☟☟

LOUIS VUITTON【ルイ・ヴィトン】 ノエ バッグとは

①ノエの歴史

ノエの誕生は1932年と約90年近く前にまで遡ります。

この当時シャンパーニュ地方のワイン製造業の方から「ワインボトルをたくさん収納できる頑丈なバッグを作ってくれ」とルイ・ヴィトンに依頼があったそうです。

この頃のフランスにはワインボトルを持ち歩く用のバッグというと1本だけ入れて持ち歩く底の深い細めのバッグが多かったそうです。

そしてどのような形状にするか考えられた末に生み出されたのがこのノエになります。

大きく開く口が特徴のこのバッグであれば、ワインボトルを4本入れる事が出来、真ん中の空いたスペースには逆さまにすればもう1本、合計で5本のワインボトルを入れる事が出来る、という物だったそうです。

普段使用するにあたってワインボトルを入れる事はまずありませんが、その利便性の高さから普段使いのバッグとしても注目され始め、今日の人気を誇っているそうです。

②名前の由来

「ノエ」という名前の由来は旧約聖書に記されている「ノアの方舟」の主人公ノアから取られているそうです。

なぜそこからなのかと言うと、物語中ノアは大洪水後にブドウを栽培しワインを好むようになったと書かれており、このお話からワインを好むバッグという事で名前を拝借したそうです。

「NOE」はフランス語では「ノア」と読み、日本ではそのまま「ノエ」という読み方になります。

なので日本では「ノエ」という名前で浸透しているわけですね。

③様々なバリエーション

長い歴史と高い人気からノエには様々なバリエーションがあります。従来のモノグラムライン以外にも、エピラインやサイズそのものを変更した物等様々。

こちらはエピラインのノエ。写真の物は緑のカラーリングですが、他にも多くのカラーバリエーションがあり、バイカラーの物も存在します。

こちらはサイズを一回り小さく変更した「プチ・ノエ」という物になります。

小ぶりになっても収納力は変わらず、取り回しのしやすさを前面に出したモデルですね。

そして比較的最近の物がこの「ネオノエ」です。こちらもカラーバリエーションが多い事に加え、サイズ感やデザイン自体にも若干の変化があるモデルです。

また2WAYタイプの物や「ネオノエBB」という小型サイズの物、「ナノ・ノエ」という更に小型化した物等もあり、現代においても人気の高さが伺えますね。

最後に

最後までお読みいただきありがとうございます。

ノエ・モデルはその年限定のラインなどもあり、中古相場でも高額でやり取りされているバッグの一つになります。

もう使っていなかったり、買い替えるおつもりであれば是非かんてい局大垣店へお越し下さい!!人気モデルは特に高額査定をお約束させて頂きます!

ページトップへ戻る

MENU