質屋かんてい局は岐阜・愛知の質、ブランド品売買の専門店です

代表TEL:小牧店(営業時間10:00~19:00 )

0568-68-8998 お問い合せ

小牧店のお知らせ

汚れているのはスマホだけじゃない!!バッグや財布の除菌、していますか??【愛知・岐阜の質屋かんてい局】【小牧】

こんにちは!かんてい局小牧店です(*^-^*)

毎日コロナウイルスの話題ばかりで怖いですね…

スタッフも手洗い・うがいの徹底、スマホの除菌など気を付けたいと思います。

ん?スマホは除菌するのに、毎日使ったりいろんなところに置くバッグや財布は除菌しなくていいのかしら…?(*_*;

ということで本日はバッグの除菌方法についてご紹介したいと思います!

バッグやお財布はどれくらい菌がいるの?

スマホはよく【便座よりも汚い】と言いますが、バッグや財布はどれくらい汚いのでしょうか?

財布の菌

お財布が汚れる主な原因は人間の皮脂です。

そして財布の中で最も汚れやすい【小銭入れ】。なぜ小銭入れが汚れやすいのかと言うとそれは「小銭」がとっても汚れているからなんですΣ(゚д゚lll)

 

人から人へ回ってきた小銭は様々な汚れが付着してしまいます。

そんな小銭を入れてしまえば小銭入れが汚れてしまうのは当然と言えます…。

が、

実はそんなに汚れが目立たない「お札」のほうが菌が付いているのです。

“紙幣1枚には、なんと平均2万6千もの細菌が付着し さらには、食中毒菌の一種セレウス菌が付着していたお札や、付着したインフルエンザウイルスが最長17日間生き続けたというデータもあるほど、恐ろしいほど汚いのです。”

参照:知らなかった! じつは雑菌だらけの10のモノ

バッグの菌

ではバッグはどうでしょうか。通勤や通学で使う鞄は一緒の物を使う方が多いと思います。

イギリスの衛生設備機器の会社「Initial Washroom Hygiene」の発表によると、女性のハンドバッグから平均的な衛生状況のトイレのシートより多くの細菌が繁殖していたというのです。

さらにバッグの持ち手には健康を脅かすのに十分な細菌が付いているともΣ(゚д゚lll)

 

バッグの細菌が増えてしまう理由は「手がよく触れる」「地面など様々な場所に表面が触れてしまう」「洗うことが出来ない」等が挙げられます。

 

バッグや財布をばい菌から守る!

自分が使ってるものがそんなに菌にまみれていたなんて凹みますよね…

毎日使うものこそ安心して使えるようにどのような対策が有効なのでしょうか?

①除菌する

菌がいるなら除菌をすればいいじゃない!

ということで財布やバッグの除菌方法をご紹介します!

 

①衣類用除菌スプレーを利用する

ファブリーズやリセッシュなど衣類用のものであればある程度変色などの心配もなくお使い頂けます。スプレー後はきちんと乾かすことも重要です。

※皮革製品はNG

 

➁殺菌灯を利用する。

殺菌灯を用いた、紫外線による殺菌という方法もあります。

今はあまり見かけませんが昔は銭湯のブラシが殺菌灯の付いた入れ物の中に入れられてましたよね。

最近ではUSB充電式で持ち運びができるものも出ているみたいです!

 

③洗濯機の除菌乾燥モードを使用する。

乾燥機付きの洗濯機に多くついている機能です。温風により付着した菌を減少させることが出来ます。(※皮革製品はNG)

 

④除菌スプレーでふき取る。

厚生労働省の発表では物の表面の消毒には次亜塩素酸ナトリウム(0.1%)が有効とされています。

こういったものが含まれている商品を利用しバッグや財布の気になるところを拭きましょう。

※色落ちや皮革を痛めることもあるので注意してください。

 

⓶洗う

洗えるものは洗ってしまいましょう。

先程もご紹介した次亜塩素酸ナトリウムが含まれている衣類用ハイターで洗うことをお勧めします!

こちらも色落ちや型崩れに注意してください!

③触らないように工夫する

HERMES【エルメス】 ツイリー シルク100% 小物 リボン ストール 【中古】 USED-8 質屋 かんてい局北名古屋店 n20-461

バッグの持ち手がヌメ革の物など拭くことも洗うこともできないようなものは最初から手が触れないようツイリーを巻いてしまうのもお勧めです!

ツイリーはクリーニングに出すことが出来ますし、バッグの印象も変えられて一石二鳥です!

バッグも財布も衛生面を考えて、定期的なお手入れを!

いかがでしたでしょうか?目に見えないばい菌だからこそ、定期的にメンテナンスや除菌をして清潔に保っていきたいですね。

 

かんてい局小牧店では明日2月22日から3月1日までセールを行っております!

ぜひ足を運んでみてくださいね!

皆様のご来店をスタッフ一同お待ちしております。

ページトップへ戻る

MENU