質屋かんてい局は岐阜・愛知の質、ブランド品売買の専門店です

代表TEL:小牧店(営業時間10:00~19:00 )

0568-68-8998 お問い合せ

春日井店のお知らせ

買取りアップキャンペーン中のヴィトンのバッグ!!!!古いものや難がある商品ももちろん買い取り可能です♪【愛知・岐阜の質屋かんてい局】【春日井】

こんにちは!

かんてい局春日井店です♪

本日は買取りアップキャンペーン対象商品でもあります、

ルイヴィトンの買取についてご紹介いたします。

一目見ただけですぐにブランドが分かるルイヴィトン!!

使わなくなってクローゼットの中で眠っていたりしませんか??

ベタつき↓↓↓↓↓↓↓↓↓

持ち手取れ↓↓↓↓↓↓↓↓↓

色々と難があって、使用してないという方も多いのではないでしょうか??

特にモノグラムラインはヌメ革という素材を持ちて等に使用していますので、

変色や使用感を感じるものをよく見ます。

ただ眠らせてあるのは、とてももったいないです!!!!!!

その様な難があるルイヴィトンの商品でも、当店ではもちろん買取可能です!!

 ヴィトンの買取り

ヴィトンのバッグには様々なラインがありますが、

その中でもよく見かけるのはモノグラムラインとダミエラインです。

この2つのラインは定価の価格はほとんど差がありませんが、

中古の買取金額には差が生じる事があります!!

モノグラムラインは先程ご紹介したヌメ革を使用していますので、

年式が古いとどうしても劣化が目立ってきます・・・・

ダミエラインはエボニーレザーというこげ茶カラーの革を使用しています。

エボニーレザーはヌメ革に比べ、劣化が目立ちませんので、

中古価格ではダミエラインのものの方が相場は高くなっております。

平均すると物にもよりますが、買取金額はダミエラインのほうが高くなります。

バッグのベタつきをなくすには??

そもそも何故ベタつきが発生するのでしょうか??

少し前のヴィトンのバッグにはピッグスキン(豚革)と呼ばれる革を使用していました。

ピッグスキンは頑固でキズがつきにくいのが特徴ですが、

水や熱には弱い為、押入れやタンスなど湿気の多い所で保管すると

ベタつきが発生しやすいのです。

通気性のよい場所や小まめに風にさらすのをオススメします!!

ピッグスキン(豚革)について

日本では、豚革というと牛革や馬革と比較した時に

ランクの低い革とされている傾向がありますが、

実は、ヨーロッパでは高級な革素材として認知されています。

ヨーロッパで豚革は、特に鞄の素材として最も理想的だと考えられていて、

HERMES(エルメス)、GUCCI(グッチ)といった高級ファッションブランドの

革製品には昔から豚革が使われています。

豚革は、牛革より軽くて通気性が良く、摩擦に強い丈夫な革になりますが、

表皮の下がすぐに脂肪などの皮下組織になる為、ほぼ銀面だけの厚みにしか加工できません。

その薄さと丈夫さを生かす為、鞄、財布、靴などに使用されています。

豚革の最大の特徴は、銀面にある細かな凹凸と、3つ一組で三角形に並んでいる

(∴のように見える)独特の毛穴模様です。

この独特の毛穴模様があることで通気性が良くなっていますが、

同時に良くも悪くも豚革ということがすぐに判断可能です。

国内において豚革がランクの低い革といわれてしまうのは、

こうした一目でわかる特徴が影響しているといわれています。

また、使用される部位により革の質に大きな違いがあり、

豚の性格や飼育環境などにより銀面に傷が多いといったデメリットもあります。

最後に

本日もブログを最後まで読んで頂きまして、ありがとうございます♪

8月24日から9月6日まで!!!!!!!!!

買取キャンペーン

ルイヴィトン・エルメス・シャネルバッグの買取UPキャンペーンやります!

沢山持って来て頂くとさらにさらに買取額UPさせて頂きます!!

沢山のお持ち込みお待ちしております!🙆

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

また、YouTubeもやってるので、是非見てみて下さい!!

ページトップへ戻る

MENU