質屋かんてい局は岐阜・愛知の質、ブランド品売買の専門店です

代表TEL:小牧店(営業時間10:00~19:00 )

0568-68-8998 お問い合せ

茜部店のお知らせ

K24とK18ってなにが違うの??金についてご紹介します☆【愛知・岐阜の質屋かんてい局】【茜部】

皆様こんにちは。

本日はK24とK18の違いについてご紹介していきます。

この違いを知っておくと、ジュエリーショップやファッション雑誌で指輪やネックレスを見る目が少し変わるかも??

 

 

 ☟お電話での問い合わせはこちら☟

金とは

金(ゴールド)とは元素記号Au、原子番号79の金属です。Auはラテン語の「光るもの」aurumに、英名のゴールド(Gold)はサンスクリット語の「輝く」にちなんだと言われています。日本では黄金(こがね)と呼ばれてます。

リングやネックレス、イヤリングなどジュエリーの地金に多く使用されますが、シーンや年代問わずゴージャスさを演出してくれます。

金は最も薄く伸ばせる金属で、1グラムで約3000メートルもの長さの金糸や、さらに極薄にした金箔を加工することも可能です。このこともリングやネックレスなど多彩なデザインを形成するのに大変適していると言われています。

「K」はカラット(Karat)

K24やK18の「K」とは、カラット(Karat)という言葉を意味します。

カラットというのはよく聞くのはダイヤモンドではないでしょうか?ここで指すカラットはダイヤモンドのカラット(carat)とは全く違います。

カラット(Karat)とは金製品の金の純度を質量の24分率で表す記号です。日本では24金とか18金というように呼ばれています。

K24とK18は金を含む量が違う!

K24やK18、これは金がどれくらい含まれているのかを24分率で表記したものになります。

① K24の金の割合

K24=純金!金の含有量は99.99%!

純金というのは100%金ではなく、99.99%以上の金が含まれているものを指します。

現代での最高品位は99.999%ですが、これは特別な技術が必要で市場に出回っている量は少ないです。

② K18の金の割合

K18=金の含有量75.00%、混合物=25.00%

25%の混合物は一般的に銀や銅、カラーゴールドの場合には亜鉛やパラジウムが含まれます。

世の中で出回っている金のアクセサリーはK18が多いです。

K24と比べて固く丈夫で金が75%含まれており、アクセサリーとしてだけでなく、資産としての価値もあるため、最も出回っている品位と言っても良いでしょう。

 

ちなみに、

K22=金の含有量91.70%、混合物=8.30%

K14=金の含有量58.33%、混合物=41.67%

K10=金の含有量42.00%、混合物=58.00%

茜部店にある商品紹介

意外と知られていませんが、純金(K24)はけっこうやわらかい性質をもっているので、キズがつきやすかったり、加工がしにくかったりします。
そこで、キズがつきにくく、加工をしやすくするために合金を行います。
読んで字のごとく、合金とは異なる金属を合わせることで、硬度と強度を増すのです。

① K24 メダル A2006407

他にも、デザインの違うメダルが多数ございます♪

② K18 喜平 A2005204 40.5㎝

他にも、長さ・重さ・デザインの違うお品が多数ございます!

③ K18 ネックレス A2004667 約50㎝

シンプルながらデザイン性があるお洒落なネックレスです。

④ K10 ピアス A2006445

シンプルなピアスですので飽きが来ず、末永くお使いいただけます。

⑤ K18 リング A2006224 10号

リボンのデザインがインパクトあり、お洒落なリングです。

最後に

いかがでしたでしょうか。

K24はアクセサリーとして使用するにはキズが付きやすくあまりオススメできません。

金のお品を選ぶ際は、用途に合わせて選んでいただくことをお勧めします☆

 

かんてい局のYouTubeチャンネルが出来ました!

こちらでしか見れない情報や、ブランドのマル秘知識等についてをご紹介しております!!

まずは、見てみて下さい!宜しければチャンネル登録もお願いします!!

↓Youtubeチャンネルはこちら↓

ページトップへ戻る

MENU