質屋かんてい局は岐阜・愛知の質、ブランド品売買の専門店です

代表TEL:小牧店(営業時間10:00~19:00 )

0568-68-8998 お問い合せ

細畑店のお知らせ

【必見】ソーラー時計とソーラー電波時計の違いとは?選ぶ際に覚えておきたいメリット・デメリット【細畑】

こんにちは、かんてい局細畑店です。

本日は意外と知らない方も多い、

腕時計のソーラー電波とソーラーの違い

についてご紹介したいと思います!

・ソーラー電波とソーラーの違い

・それぞれのメリットやデメリット

・電池交換が必要かどうか

などについてご紹介致しますので

ぜひ最後までご覧ください!

👇クリックでオンラインショップへ👇

ソーラー電波とソーラーの違いとは

腕時計の仕様でよく見かける、

ソーラー電波』や『ソーラー』という記載。

漠然と便利そうだな、というイメージを

お持ちの方も多いのではないでしょうか。

また電波時計=ソーラー時計

と思っている方もいらっしゃいますが、

実は電波とソーラーはイコールではありません

 

まずはそれぞれの機能について

解説していきます!

ソーラー時計

通常の電池と違い、

光によって充電できる電池を

搭載した時計です。

文字盤にソーラーパネルが仕込まれていて、

太陽光や室内灯の光を蓄電池に蓄え、

それを動力にして動きます。

光に当てて充電しておけば

暗い場所でも動作は問題なし!

満タンに充電しておくと

モデルにもよりますが、大体3~6か月は

充電しなくても動いてくれるものが多いです。

充電をしなければ止まってしまいますので、

休日に日光や室内灯の光を数時間

当てておくと電池切れの心配がないですよ!

 

ソーラー電波時計

上記のソーラー電池を動力とし、

さらに電波受信機能を備えた時計です。

送信所から発信される電波を受信して、

時刻を自動で調整してくれます。

この機能は、少し時刻がずれてしまっても

毎日電波を受信して修正してくれるので

自分で時刻合わせをしなくてもいいという

とっても便利な機能なんです。

 

まとめるとこのようになります☟

ソーラー時計:光で充電できる時計

ソーラー電波時計:光で充電

           +

          時刻合わせ不要の時計


👇お問い合わせはこちらをタップ👇

それぞれのメリット・デメリット

基本的な機能についてご紹介しましたが

次はそれぞれのメリットとデメリットを

挙げていきます。

購入をお考えの方は

ぜひ参考にしてみてください。

ソーラー電波

メリット:時刻合わせ不要

最大の魅力はやはり時刻合わせを

しなくていいところだと思います。

普通のクォーツ式では月に±15~30秒ほど

ズレが生じるものが多いのですが、

これを放っておくと

徐々にズレが大きくなっていきます。

日付表示があるものだと日付を

調節しなければいけません。

これらの面倒な修正をしなくていいのが

一番のメリットではないでしょうか。

デメリット:電波が受信できない地域がある

電波さえ受信できれば時刻のズレは

修正できるのですが、

その電波が受信できない地域が存在します。

電波の送信所は全世界において

日本に2箇所、アメリカ、中国、

ドイツ、イギリスに存在しています。

この送信所の電波が届かない地域だと

時刻の修正ができず、

電波時計の良さを発揮できません。

ちなみに日本の送信所から発信される電波は

半径約900kmの範囲で受信可能だそうです。

 

また、電波を拾いにくい場所や条件下だと

うまく受信できない場合もあるので

注意が必要です。

ソーラー時計

メリット:ソーラー電波より安価なものが多い

全部とは言えませんが、単純に機能が

1つ減っているので、ソーラー電波より

価格が抑えられることが多いです。

また、デザインもソーラー電波より

幅が広い印象です。

デメリット:時刻・日付合わせが必要

ソーラー電波と比べるとやはり手間なのは

時刻と日付を合わせるところです。

いつの間にか時刻がずれていたり、

日付を1日進めなくてはいけなかったり。

この作業は毎日するという訳ではないので、

つい忘れがちなのも含めての

デメリットだと思います。

 

筆者は以前ソーラー電波時計を

使っていましたが、

いつでも正確な時刻がわかるところや、

たまに家や車内の窓際などで充電しておけば

電池切れの心配がないところが

とても便利で気に入っていました。

機械式にも惹かれますが、

実用性を考えると次もソーラー電波時計を

選ぶと思います✨


👇👇 メール査定はこちらから👇👇時計査定フォーム

電池交換は必要?

ソーラー電池は電池交換不要なのか?

答えはNOです。

厳密に言うと充電した電力を貯める

二次電池が劣化した場合は

交換が必要になります。

しかし、一般的なクォーツ時計の電池は

大体3年ほどで寿命を迎えることが多いのですが

ソーラー電池は5~10年前後

蓄電効率が落ちるといわれています。

そう考えるとソーラー電池は

普通の電池よりだいぶ長く使えるので

電池交換の手間は少なくて済みますね。

長く使うために

故障を未然に防ぐため、

必要なのがオーバーホール(分解洗浄)です。

機械式腕時計をお使いの方は

馴染み深いワードではないでしょうか。

このオーバーホールはクォーツ時計にも

必要なメンテナンスなのです。

このメンテナンスを行うことで、

より長く腕時計を使うことができます。

ソーラー電池時計の場合、オーバーホールは

5~10年に1回ほどで行うのがいいそうです。


👇質預かりのご案内はこちらをタップ👇かんてい局質ページについてはこちら

最後に

今回はソーラー電波とソーラーの違いを

ご紹介しました!

どちらも電池交換の手間がほぼかからず

一般的なクォーツ時計に比べて

長くお使い頂けます。

お手頃価格のものから

ハイスペックなものまで

様々なモデルがありますので

お気に入りの時計を探してみてください✨

細畑店からのお知らせ

かんてい局では、

・警備員によるアルコール消毒、検温実施。

・ご来店の際はマスク着用が

 必須となります。

・着用していないお客様の入店は

 お断りさせて頂きます。

 

大変恐縮ではございますが、

お客様ご自身の為、

従業員の為にもご協力を

よろしくお願い致します。

★YouTubeはじめました★

現在、ロレックスやオメガ、

珍しい時計を中心に動画を

配信しております。

ここでしか聞けない

コアな内容も御座います!!

時計が好きな方にはたまらない

そんな内容となっております。

⇩チャンネル登録お願いします⇩

ページトップへ戻る

MENU