質屋かんてい局は岐阜・愛知の質、ブランド品売買の専門店です

代表TEL:小牧店(営業時間10:00~19:00 )

0568-68-8998 お問い合せ

小牧店のお知らせ

【意外と知らない】ルビーとサファイアの違いを解説!実は同じ鉱物って知っていました?【小牧】

こんにちは、かんてい局小牧店です。

本日の記事では【サファイア】【ルビー】の違いについて解説していきたいと思います。

特に

・ジュエリーに興味がある

・サファイアとルビーに興味がある

方にはぜひ読んでいただきたい記事となっております!

それでは早速、ご紹介していきたいと思います。

☟バナーをタップ☟

違いは色だけ!?

皆様はサファイアとルビーの違いをご存知ですか?

実はこの二つの違いは【色だけ】なんです。

ルビーは赤い色、サファイアは青い色をしているのでそれぞれ別の宝石だと思われがちですが、実はルビーとサファイアは元々同じ鉱石からできています。

この二つはコランダム】と言われる鉱石から出来ており、このコランダムに含まれる不純物で色が変わり、ルビーとサファイアになるのです。

その証拠に、下の画像をご覧ください。

(引用:Wikipedia)

比較してみて何か気づくことがありませんか??

よーく見てみると、3つとも化学式が同じなんです!

このことから、この3つは同じ鉱石だということが分かりますよね。

サファイアについて

サファイアとルビーの違いが「色だけ」ということが分かったところで、それぞれ詳しくご紹介していきます。

それではまず、サファイアについてご紹介いたします。

サファイアはどんな宝石?

サファイアの語源・由来

サファイアとは、「青」を意味する

・ラテン語の「sapphirus(サッピルス)」

・ギリシャ語の「sappheiros(サピロス)」

が由来すると言われています。

天空の色とつながり、地球・宇宙の青として、最も神に近い石とされてきました。

また、日本名で「蒼玉/青玉(セイギョク)」と呼ばれており、色を意味する和名が使われるほど「青」という文字が印象的であることがうかがえます。

9月の誕生石

サファイアは9月の誕生石の一つです。

サファイアの宝石言葉は、「慈愛」「誠実」「徳望」「忠実」「真実」

深みのある青色は揺るぎない心の象徴ともされており、誠実で一途な愛などの意味があると言われています。

この宝石言葉から、永遠の愛を誓う結婚指輪の内側に埋め込んだり、エンゲージリングとして贈られる人気の宝石でもあります。

☟バナーをタップ☟

コランダムとサファイアの関係?

ここまではサファイアがどんな宝石かをご紹介いたしました。

それではここからはコランダムとサファイアの関係性についてお話していきたいと思います。

サファイアとは、コランダムの中で赤色以外の鉱物を総称して言います。

コランダムは酸化アルミニウムの結晶からなる鉱物で、コランダムに不純物として【鉄】【チタン】が同時に含まれることによって初めて青く発色します。

色の原因となる不純物は、微量元素と呼ばれ、サファイアで例えると【鉄】と【チタン】がそれにあたります。

この元素の量によって、明るさ・鮮やかさ・明度・彩度が異なってくるのですが、鉄が多く含まれると青色が濃くなるそうです。

青色以外のサファイア

最初にお話した通り、サファイアは青色が印象的な宝石です。

そのため、サファイアと聞くと青色の宝石を連想される方も多いのではないでしょうか?

上記でも少し触れましたが、サファイアとは【赤色以外のコランダム】を全て指すため青色以外のカラーも存在します。

ピンク・イエロー・グリーン・オレンジなど様々な色がありますが、赤色のコランダムはルビーとなってしまうので、レッドサファイアだけ存在しません。

↓サファイアの商品はこちら↓

ルビーについて

それでは、次はルビーについてご紹介いたします。

ルビーはどんな宝石?

ルビーの語源・由来

ルビーとは、「赤」を意味する

・ラテン語の「ルベウス(rubeus)」

「宝石の王」を意味する

・サンスクリット語の「ラトナラジュ(Ratnaraj)」

が由来していると言われています。

古代より「勝利を呼ぶ石」と言われ、あらゆる危険や災難から持ち主の身を守り、困難を打破して、勝利へと導くパワーがあるとされていたそうです。

日本名では「紅玉(コウギョク)」よ呼ばれており、サファイアの「蒼玉」と比較しても対になっているような印象がありますよね。

7月の誕生石

ルビーは7月の誕生石とされています。

ルビーの宝石言葉は、「情熱」「熱情」「勇気」自由」「良縁」「勝利」

燃えるような赤い色には、熱血なイメージで生命力を感じさせるということから、戦いの神とされた軍神マルスが宿る宝石とも言われ、権力や富を表していました。

また、「情熱」「良縁」「勝利」という石言葉がオールラウンダーな印象のため、恋愛、仕事、健康面と幅広く願いを込めることが出来る石です。

☟バナーをタップ☟

コランダムとルビーの関係?

ルビーとは、サファイアの逆でコランダムの中で赤色の鉱物のみを総称して言います。

サファイアは微量元素が【鉄・チタン】でしたが、ルビーの場合はコランダムに微量元素として【クロム】が含まれることによって初めて赤く発色します。

サファイア同様、微量元素の量で、明るさ・鮮やかさ・明度・彩度が異なってきますが、ルビーは色範囲の基準から少しでも外れると全てサファイアとなってしまうため、赤い主要色が重要になるのです。

↓ルビーの商品はこちら↓

コランダム

ここまでルビーとサファイアについてご紹介を致しました。

それではそもそも”コランダム”とは何なのでしょうか?

コランダムとは?

コランダムとは日本語で「鋼玉(こうぎょく)」と呼ばれる鉱物のことを言います。

酸化アルミニウムの結晶からなる鉱物で、元々は無色透明な結晶なんです。

上記でご紹介したように、結晶が成長していく過程で不純物(微量元素)が混ざると色が付き、ルビーやサファイアとなります。

天然のコランダムの中でも、特に美しいものは他の鉱物と同様に「宝石」や「貴石」として用いられることもあります。

特徴

そんなコランダムの特徴として有名なのが【強度】です。

コランダムの強度はダイヤモンドに次ぐ硬度と言われており、上記の表でご覧いただくと分かる様に硬度”9”に位置しています。

そのため「コランダム」という名称に耳馴染みはないかもしれませんが、身近な存在としてコランダムがあったりします。

例えば、腕時計の風防(ガラス)Apple Watchなどにも採用されている「サファイアガラス」

これは天然コランダムではなく「人工コランダム」になるのですが、れっきとしたコランダムです。

このように身近なところで特徴を活かし使われている物が多くあります。

☟バナーをタップ☟

番外編:ファンシーカラーサファイア

サファイアをご紹介した際に少し触れましたが、サファイアとは【赤色以外のコランダム】を全て指すため青色以外のカラーも存在します。

ブルー以外のサファイアをファンシーカラーサファイア(ファンシーサファイア)と呼び、サファイアは存在しない色がないと言われる程、カラーバリエーションが豊富な宝石だそうです。

そのためこのファンシーカラーサファイア、一般的にサファイアの前にカラー名を付けて呼ばれます。

例えばピンクのものはピンクサファイアグリーンのものはグリーンサファイアカラーレスのものはホワイトサファイアなどという感じです。

それでは代表的なカラーをいくつかご紹介いたします。

①ピンクサファイア

ピンクサファイアはパステルカラーからビビットまで様々なピンク色が存在します。

一番濃いものがルビーとの境界線になるのですが、実はルビーとピンクサファイアの明確な境界線はないそうです。

クロムが1%以上含まれるとレッドに近くなりルビーとして扱われるものも多いそうですが、主要な色がピンクなのか、赤なのかの見た目で判断されることもあるそうです。

特にルビーの中でもピンク色に近い「チェリーピンク」と呼ばれるルビーはピンクサファイアと混同されやすいのだとか…。

②イエローサファイア

イエローサファイアは、ニッケルが混入することでイエローを発色すると考えられています。

その色合いは、可愛らしいパステルカラーのイエローから、濃く美しいカナリーイエローまで、その輝きと明るさが有名なカラーです。

その中でもオレンジがかった濃いイエローは「ゴールデンサファイア」と呼ばれる価値の高い種類もあります。

③グリーンサファイア

※写真の指輪は在庫のご用意がございません※

グリーンサファイアはコバルトが混入することでグリーンに発色すると言われています。

グリーンサファイアの色合いは、黄緑のように薄い緑色から、新緑の色が存在します。

その中でもグリーンガーネットのようなネオグリーンの色彩があるものは希少性が高く、最高級とされている非常に珍しいものも存在しています。

④ホワイトサファイア

※写真の指輪は在庫のご用意がございません※

ファンシーカラーサファイアの色の原因となる微量元素がないのがホワイトサファイアです。

サファイアの原型とも言えるような存在で、その輝きと明るさから、ダイヤモンドの代わりとしても人気となりました。

まとめ

最後までご覧頂きありがとうございました。

今回のブログでは

・サファイアとルビーの違いは色だけ

・コランダムに微量元素が含まれて色が変わる

・サファイアには様々なカラーが存在する

という事がお分かり頂けたでしょうか?

今回はサファイアとルビーについてご紹介致しましたが、知れば知るほど宝石というのは奥が深いと感じました…。

一見すると色も名前も違う宝石なのに、実は同じ鉱石というのも面白いですよね。

サファイアとルビーに興味はあるけどよく分からない、という方は是非参考にしてみてください。

電話でのお問い合わせもお気軽にしていただければ幸いです。

今回ご紹介できなかったサファイアやルビーのジュエリーだけでなく、その他の宝石も取り扱いしておりますので、是非オンラインショップをチェックしてみて下さいね!

ページトップへ戻る

MENU