質屋かんてい局は岐阜・愛知の質、ブランド品売買の専門店です

代表TEL:小牧店(営業時間10:00~19:00 )

0568-68-8998 お問い合せ

茜部店のお知らせ

シャネル、キャビアスキンとラムスキンの違いについて解説します!【愛知・岐阜の質屋かんてい局】【茜部】

皆さんこんにちは。

皆さん、シャネルのマトラッセのバッグやお財布を買う時、ラムスキンとキャビアスキン、どちらがいいのか迷われたことはありませんか?

本日はそういった疑問の解決に少しでもお手伝いできるよう、シャネルの「キャビアスキン」「ラムスキン」の違いについてご紹介させていただきます。

☟お電話での問い合わせはこちら☟

そもそもマトラッセとは

マトラッセ(matelasser)は元々フランス語で意味は「~に詰め物をする・綿入れをする」という意味です。日本語では「ふくれ織り」を指す言葉で、立体感のある凹凸で柄を織り出した、二重織物です。
シャネルのマトラッセはダイヤ型の格子状に枠取り、生地をふっくらとさせています。

キャビアスキンについて

キャビアスキンは表面に凹凸の型押しがされている特徴的な素材です。
型押しの模様が高級食材の「キャビア」に似ていることから「キャビアスキン」と呼ばれています。キャビアという事で、サメの革だと思われている方もいらっしゃいますが、実は牛革を使用しています。
マトラッセは経年劣化で膨らみが小さくなっていくものですが、ラムスキンと比べると、この劣化のスピードが遅く比較的長く形を維持してくれると言われています。
傷が付きにくく、仮に傷がついたとしても目立ちにくく、肌触りが少し硬めの素材です。

ラムスキンについて


ラムスキンは表面がなめらかな質感を持つ素材です。
キャビアスキンは牛革を使っていましたが、ラムスキンは生後1年以内の羊の革を使用しています。
その為、非常にデリケートで傷つきやすく、水分にも弱いとされています。
その分肌触りはきめ細かい、柔らかく肌に吸い付くような肌触りが特徴です。

どちらも一長一短

長々と説明させていただきましたが、結局どちらの素材がいいのか。
結論から言わせていただきますと、やはり「お客様の好み」になってしまいます。
ラムスキンはキャビアスキンと比べると柔らかく、肌触りが良いです。ただ傷が付きやすく、形を維持する期間が短いとされていますが、しっかりとメンテナンスをしていただければ十分長くお使いいただけます。
しかし、メンテナンスに自信がなく手放すことも考えているのであれば、傷がつきにくい(目立ちにくい)耐久性のあるキャビアスキンの方が良いかもしれません。

最後に

本日はラムスキンとキャビアスキンをご紹介させていただきました。
今後、シャネルのバッグやお財布を購入する際には、現在の状態や傷の有無だけでなく、生地の特徴も参考にして選んでいただけるとより愛着が湧くかもしれませんね。
今回の記事で皆様の疑問が少しでも解決していれば幸いです。

かんてい局のYouTubeチャンネルが出来ました!

こちらでしか見れない情報や、ブランドのマル秘知識等についてをご紹介しております!!

まずは、見てみて下さい!宜しければチャンネル登録もお願いします!!

↓Youtubeチャンネルはこちら↓

ページトップへ戻る

MENU