質屋かんてい局は岐阜・愛知の質、ブランド品売買の専門店です

代表TEL:小牧店(営業時間10:00~19:00 )

0568-68-8998 お問い合せ

買取実績を検索

【2021年新作】チューダー/79010SG シルバー925のブラックベイ・フィフティエイトの買取価格はいくらに!?【小牧】

店舗名 小牧店
商品名 79010SG/フィフティエイト925
ブランド名 TUDOR【チューダー】
買取価格 500,000円

今回の買取ブログでは、TUDOR【チューダー】から2021年に新作として登場した79010SG ブラックベイ・フィフティエイト925について書かせて頂きます。

チューダーも最近ではロレックスの様に新品での購入が難しく、プレミアム価格になっているのモデルも多数ございます。

その中でも今回は「シルバー(銀)」で作られたブラックベイ・フィフティエイトの買取価格ついて説明していきます。

・ブラックベイ・フィフティエイト925の買取価格が知りたい

・79010SGを購入する際の参考にしたい

という方向けの記事です。

今回はブラックベイ・フィフティエイト925の買取紹介ですが、このほかにもブロンズモデル、通常のフィフティエイトの買取も大歓迎です。

もちろん新作だけでなく少し前のモデルも喜んで買取させて頂きますので、とりあえず価格を知りたいという方はお気軽にお問い合わせください。

また買取ではなく在庫確認も大歓迎ですのでお気軽にお問い合わせ下さい。

☟バナーをタップ☟

79010SG ブラックベイ・フィフティエイト925 について

まず初めに買取価格をお伝えする前に今回買取した79010SG ブラックベイ・フィフティエイト925について少し紹介をします。

もし価格を知りたい方はそのままスクロールして下さい。

ブランド:TUDOR【チューダー】

型番:79010SG

商品名:ブラックベイ・フィフティエイト925

素材:シルバー925(SV925、銀)


今回買取した商品はチューダーから2021年の新作として登場したブラックベイ・フィフティエイトです。

一番の特徴といえば、【素材】ではないかと思います。

腕時計の素材と聞くと、ステンレスや金無垢、プラチナ等が多いですが、今回のチューダーの新作/79010SG ではなんと【シルバー925】が使われています。

シルバー925と聞くと、アクセサリー等の素材に使われることが多く、腕時計に使われることはあまりありません。

また、同ブランドからは同時に新作としてブロンズ(銅製)モデルのブラックベイ・フィフティエイトも登場しており、少し変わった角度から切り込んでくるのも個人的にはチューダーの魅力だと思います。

シルバー925といってもぎらぎらとした輝きではなく、どちらかというとマットな仕上がりでどこかアンティーク感、渋さを感じる仕様になっていると思います。

最近ではチューダーの人気モデルも正規店で手に入れる事が難しく、実際にこちらのモデルも定価を少し上回る価格で買取させて頂きました。

非常に珍しい一本ですし、今までにないモデルを所有したい。

という方には是非お勧めの一本です。

ではここからは実際にいくらで買取をしたのか、また買取時のポイントについて解説をしていきます。

とりあえず価格を知りたいという方はお気軽にお電話にてお問合せ下さい。

☟バナーをタップ☟

 

買取価格について

今回買取させて頂きましたチューダー 79010SG/ブラックベイ・フィフティエイト925の買取価格は【500,000円】です。

現在販売場されているメーカー小売価格(新品定価)は490,600円ですので、少しだけですが定価よりもプラスで買取をする事が出来ました。

ただこの価格が絶対にお出しできる。

というわけではありませんので、今回の買取価格になった理由やポイントを説明していきます。

買取価格の理由やポイントについて

①使用状態

一つ目の理由は【使用状態】です。

今回お売り頂いたフィフティエイト925は【使用感が殆どありません】でした。

購入日からとても日が浅く、一度もご使用されずにお持ち頂きました。

シルバー925の特徴として汗等によって劣化(変色)してしまう事があるのですが、使用された形跡もない事からこのような劣化等は一切見受けられませんでした。

また、ブレスレットはレザーストラップがセットされていますが、癖がついていたり、着用に伴う穴の広がりなどは無い事から使用されていない事が伺えました。

もちろんご使用されている腕時計でも満額の金額をご提示できるように頑張らせて頂いておりますが、使用済みの個体と未使用の個体を比較するとどうしても未使用品の個体の方が高額にて買取させて頂く事が出来ます。

また、傷がついてしまったりすると研磨により綺麗には出来るのですが、少なからず時計のケースが瘦せてしまう為、極力使用感は少ない方が満額でのご査定が可能となります。

②付属品の有無

二つ目のポイントは【付属品】の有無です。

チューダーに限らずですが、腕時計の付属品(箱や保証書)は非常に重要となってきます。

まだこちらのモデルは発売したばかりという事と、チューダーにプレミアム価格がついている事をご存知の方も多い為か、付属品の欠品(紛失)してしまっているケースはあまり耳にしませんが、古いモデル等の場合はこれらの付属品が無くなってしまっている事も珍しくはありません。

実際にギャランティカード(メーカー保証書)の有無でいくらくらいの差が出てくるのか。

という点ですが、チューダーにおいても数万円程度は差が生じてきてしまうと思います。

79010SGにおいては発売したばかりの為、付属品が欠品している個体は目にしておらず断定は出来ないのですが、過去チューダーから登場しているモデルでも、同モデルで同じような使用状態のモデルを比べてみても付属品の有無だけで数万円の差がある為、今回のモデルも付属品が無いとなると価格差が出てしまうかもしれません。

もしこれから購入する方や、購入済みの方は絶対に無くさないようにご注意下さい。

③希少性の高さ

三つ目の理由は【希少性の高さ】です。

冒頭でも少し説明をさせて頂きましたが、チューダーの人気が非常に高く、希少性の高さから新品定価よりも中古価格の方が高い。

という事も珍しくなくなってきました。

その理由というのが「正規店での購入が難しい」という事です。

チューダー自体店頭に並んでいるモデルもたくさんありますが、その中でも特に人気が高いモデルが今回のブラックベイ・フィフティエイトや、ブラックベイクロノ等が群を抜いて人気が高いと思います。

その為、欲しいけど手に入れられないからこそ、中古の新品を定価よりも高い金額で購入するケースが多々あり、結果的にプレミアム価格となっています。

今後流通数が増える事で正規店で誰でも購入できるようになった場合は価格が下落してしまう可能性がありますが、逆に今以上に入手が困難になれば更に価格は上がるかもしれませんね!

24時間受付 簡単メール査定

とりあえずお手持ちの腕時計の価格を知りたい。

という方は24時間受付、簡単メール査定をご利用ください。

売りたい商品や買取価格を知りたい商品の画像を撮影して頂きお送り頂くだけの簡単メール査定です。

☟メール査定はバナーをタップ☟

時計査定フォーム

最後に

最後までお読みいただきありがとうございました。

今回はチューダーの2021年新作、79010SG/ブラックベイ・フィフティエイト925の買取価格について解説をさせて頂きました。

まだまだ中古での流通数も少なく、今後も生産本数、流通数が少なくなるようであれば今後も値上がるする可能性がある一本かもしれません。

ただ、買取価格はさておきにして、シルバー925の特有の存在感、カラーリング、風合いを見ても本当に渋さが伝わってきます。

アンティークらしい一面もありながら、決して古臭さを感じさせないフィフティエイト独特なカッコよさがあると思います。

最近ではチューダーの値上がりも著しく新品定価以上の買取価格は当たり前になりつつありましたが、一部モデルでは値下がりをしてしまっているモデルもあります。

中古相場は随時変動がありますのでとりあえず金額だけでも知りたいという方は是非お気軽にお電話でも結構ですので下記のバナーよりお問合せ下さい。

☟バナーをタップ☟

ページトップへ戻る

MENU

その他買取商品