質屋かんてい局は岐阜・愛知の質、ブランド品売買の専門店です

代表TEL:小牧店(営業時間10:00~19:00 )

0568-68-8998 お問い合せ

買取実績を検索

ロレックス「16013」デイトジャストの買取価格公開中!古いロレックスでも売れるのか?!ブランド時計を最新相場で売りたいなら「岐阜の質屋 かんてい局」【茜部】

店舗名 茜部店
商品名 16013/デイトジャスト
ブランド名 【ロレックス】
買取価格 230,000円

ロレックスの16013 デイトジャストを買取させて頂きました。

商品の紹介

こちらのお時計は、1977年から1988年ごろまで製造された旧タイプのデイトジャスト

です。現行の後継機である116233 デイトジャストと比較すると内部機械の変更や

ケースやブレス形状の変化など多岐にわたりますが一番の違いは風防がガラスではなく

プラスチックでできている点です。

風防がプラスチックなのはオメガのスピードマスターでも人気ですが、

今回は昔懐かしのレトロ感のあるデイトジャストのご紹介です。

 

査定ポイント①動作チェック

こちらの時計は製造から約30年以上経ております。

その様な時計の場合メンテナンスをしていないと内部機械に大きなダメージが

発生している場合が多くあります。そのためリューズの巻き上げに以上はないか、

日付送りが正確に動作するか、リューズが正常に閉まるかなどを入念に確認します。

こちらのお時計も長期間メンテナンスを行っておりませんでしたのでリューズ操作が

重くなっており内部機械の油切れや歯車の大きな摩耗等が考えられますので

メンテナンス時の部品交換費用とうを考慮し金額を提示致しました。

もちろん通常の現行で販売されているお時計も動作確認を行いますが、鑑定士として

正確な金額を算出するためより一層慎重に内部動作を確かめ査定を致します。

見た目では分かりにくいですが、時計の心臓部である内部機械はとても重要です。

査定ポイント② ブレスの伸び加減

内部も重要ですが、ブレスは一番見た目で大きく影響を受ける部分です。

今回のお時計はしだれるように伸びてしまっているので

いつ切れてしまってもおかしく無い状態でした。

査定ポイント1でも記述しましたが30年以上経っている時計ですの無数の傷が

つきブレスレットも汚れの付着から少し腐食しておりました。

ですが文字盤は幸運な事にほとんど腐食が見受けられず綺麗な状態を保っています。

文字盤は人間でいう顔に当たる場所ですので、劣化があると査定金額に影響します。

劣化の原因の一番は、湿気などが混入し時計内部でカビとうが発生してその結果として

文字盤の腐食が起きます。ですので時計をよりよい状態で保つには定期的なメンテナンスが

必ず必要になって参ります。

☟時計の詳しい解説はかんてい局公式YouTubeチャンネルで動画でご説明しております!☟

さいごに

こちらのお時計は、ひょんな事から押入れの中から見つかったもので査定のご依頼を

されたお客様は昔の時計なのにこのような金額がついた事に驚かれていました。

この記事を読んで頂いているお客様のご自宅に眠っているお時計があるかもしれません。

ロレックスの場合では年数が経っていてもコレクターの方が世界中にいますので比較的

お値段が付きやすいブランドです。価値が分からない場合でもかんてい局にお持ち頂け

れば分かり易くお時計の価値をご説明致します。

査定はもちろん無料ですので是非お気軽にご来店下さいませ。

【ロレックス】の【買取】・【 質預かり】は【かんてい局】にお任せください!

 

ページトップへ戻る

MENU

その他買取商品