質屋かんてい局は岐阜・愛知の質、ブランド品売買の専門店です

代表TEL:小牧店(営業時間10:00~19:00 )

0568-68-8998 お問い合せ

買取実績を検索

【ヴィトン新作バッグ】女性人気が止まらないスフロBB「M44815」の買取価格をお教えします!少しでも高く売りたいならバッグの買取実績豊富なかんてい局にお任せ下さい!【茜部】

店舗名 茜部店
商品名 M44815/スフロBB
ブランド名 【ルイ・ヴィトン】
買取価格 171,000円

こんにちは!

かんてい局茜部店の山内です!

ご紹介させて頂くバッグは「ルイ・ヴィトン」の2WAYバッグ「スフロBB」です!

ルイ・ヴィトンは非常に人気が高く、査定金額も高くなる傾向にあります。

本日はルイ・ヴィトンのバッグの査定ポイントをご紹介します!

ルイ・ヴィトンとは

今では知らない人はいない有名ブランド「ルイ・ヴィトン」。

その始まりは1854年、そのブランド名にもなっている創始者ルイ・ヴィトンがパリに世界初の「旅行用トランクの専門店」をオープンしたことでした。

当時のトランクは丸蓋のものが主流でしたが、ルイはトランクが重ねられるようにと平蓋のトランクを開発しました。

さらに新素材を使用し今までにはなかった、堅牢でありながらも軽いトランクの数々は多くの人々を魅了しました。

その後ルイの後を息子ジョルジュ・ヴィトンが継ぐと、当時出回っていたルイ・ヴィトンの模倣品の対抗手段として1888年「ダミエ」を開発しました。

しかしそれも模倣品が出回るようになると1896年には「モノグラム」を開発し、この時代に現在でも人気のラインが開発されます。

その後1997年にプレタポルテ部門への参入を考えていたルイ・ヴィトンはマーク・ジェイコブスを迎え入れアパレルラインのスタートをきります。

こうしてカバンからファッションへと活躍の幅を広げたルイ・ヴィトンは現在、皆さんの知るルイ・ヴィトンへとステップアップしていきました。

☟お電話での問い合わせはこちら☟

モノグラムとは

1878年にパリで万国博覧会が開催されましたがこの時のパビリオンで最も注目を集めたのは意外と思われるかもしれませんが、実は日本館なのです。

日本庭園や盆栽、陶磁器など日本の美しい文化にフランスの人々は魅了され、日本ブーム「ジャポニズム」がフランスで巻き起こります。

このジャポニズムに影響を受けた人物として、2代目を引き継いだジョルジュ・ヴィトンが、1896年に発表された「モノグラム」のインスピレーションとなったのは、日本の家紋なのです。

当時、ニセモノに悩まされていたルイ・ヴィトンは、この日本の家紋をモチーフにした「LV」のマークと「星」と「花」がら模様という複雑なパターンでニセモノに対抗しました。

最初は現在のようなプリントではなく、職人の手によりひとつひとつ手描き描かれていました。

買取価格の理由

ルイ・ヴィトンはすべてのラインで人気があるバッグが多いため、買取時の値段が下がりづらいブランドです。

ではなぜルイ・ヴィトンは他のブランドと比べて値崩れしないのか?

それは「ルイ・ヴィトン」が徹底した市場価格をコントロールしているからです。

ルイ・ヴィトンは他の人気ブランドのエルメスやシャネルなどと違い「ファミリーセール」などを行わないブランドです。

そのため新品で安く販売されてるお店がありません。

また、ルイ・ヴィトンには「アウトレット商品」がありません。

コーチやグッチと言った一流ブランドでも「アウトレット品」は一般的に出回っており、アウトレット品が「ない」方が異例と言える状況です。

このようなルイ・ヴィトンは徹底した商品管理体制で安売りをおこなわないため、「中古品」も安定した価格で推移します。

そのためどんなブランドよりも圧倒的に高い買取価格を提示する事が出来るのです。

☟ルイ・ヴィトンの買取り実績はこちら☟

査定ポイント

外部の状態

バッグなどを査定させて頂く際に一番最初に拝見するポイントは細部のポイントよりも外部の状態を拝見します。

もちろん使用感があれば、キズ・汚れなどがあるため査定価格は下がります。

特にバッグの底部分にはキズや汚れが目立つ事もあるためバッグの四隅と合わせてチェックをしています。

今回のバッグは数回程度しかご使用になられなかったため大変キレイな状態でした。

②ハンドルの状態

ハンドバッグは状態評価をする際に一番見るポイントとなります。

使用感があるバッグのハンドル部分が黒く変色したり破れやホツレが見受けられる事があります。

私たちが状態を見る上でかなり重要なポイントになりますが、今回のバッグは擦りキズは見受けられましたが、経年劣化に伴うようなヌメ革の亀裂や破れ・ホツレなどはなくキレイな状態でしたの大きなマイナス点はありませんでした。

金具の状態

ゴールドカラーの金具が使用されています。

ルイ・ヴィトンのバッグにはこのような金具がよく使用されていますが色が剥がれているものをよく見かけます。

今回のバッグには使用に伴う擦りキズや変色などはなく大変キレイな状態でした。

内部の状態

バッグの内側部分は汚れが目立ちづらい濃い紫色をしていますが、内側のスレやペン跡などの目立つ汚れがあると買取価格は下がってしまいます。

今回のバッグには殆ど使用感がない状態でしたのでマイナスポイントなどはありませんでした。

⑤年式の確認

ルイ・ヴィトンの製品にはアルファベットと数字の組み合わせで製造年数を確認できるようになっています。

今回のバッグですと「CA 5129」と刻印がされております。

アルファベット2文字の「CA」とは生産されている工場や国を表しており「CA」はスペインの工場となります。

また数字4桁で生産された「年と月(週)」をあらわしており今回のバッグは2019年製造のバッグとなります。

基本的には新しいモデルの方がお値段がつけやすくなっていますが、製造年数で金額に大きな違いはありませんが、私たち鑑定士はこんな箇所も見ております。

ルイ・ヴィトンを高く売るコツ

誰でも「できるだけ高く売りたい!」と思っているはずです。

そこで少しでも高くお売りいただけるようお品物を高く売るコツをご紹介いたします。

①少しだけキレイにする

ちょっとだけキレイにする事で買取り価格が違うことがあります。

例えば、表面の汚れを落とすために乾いた柔らかい布で拭き取りったり、バッグの内部を掃除機で吸い取るだけでも価格差が出ることがあります。

②付属品をチェックする

購入時に付いていた「カギ」や「ショルダーストラップ」などをお持ち頂いた方が高く査定出来ることがほとんどです。

もちろん、付属品が無くても査定は可能ですが、探して出てくるかもと思われたらお探しください。

③他にもまとめて査定すると査定額がアップします

売りたい商品以外にも不要なものをお持ちください。

まとめてお売り頂くことで査定額が大幅にアップすることもあります。

まとめ売り

④タイミング

ルイ・ヴィトンも新作を発売されるお品が増え、反対に廃盤となるお品が年々増えてきました。

流行りのデザインは年々移り変わりますので、「使わないかな?」とクローゼットやタンスにしまわれる前に是非、当店にお持ちください。

まとめ

いかかでしたでしょうか?

今回は「スフロBB」の買取価格についてお伝えしましたが「ルイ・ヴィトン」のバッグは中古品でも人気があるため、その他のブランドよりも買取価格に期待ができるモデルが多くあります。

今回は現在作られていない「廃盤品」のモデルや年式の古いく「ボロボロ」でもルイ・ヴィトンなら買取可能なモデルがほとんどです。

特に一部の限定商品などはまだまだ「プレミア」価格がついているものもありますので、興味がございましたら是非、かんてい局までお問い合わせ下さい。

☟時計の詳しい解説はかんてい局公式YouTubeチャンネルで動画でご説明しております!☟

ページトップへ戻る

MENU

その他買取商品