質屋かんてい局は岐阜・愛知の質、ブランド品売買の専門店です

代表TEL:小牧店(営業時間10:00~19:00 )

0568-68-8998 お問い合せ

買取実績を検索

ロレックスの金無垢モデル「69178 デイトジャスト」のご紹介です!金相場との関係や査定ポイントとは!?【買取実績】【茜部】

店舗名 茜部店
商品名 69178/デイトジャスト
ブランド名 ROLEX【ロレックス】
買取価格 570,000円

こんにちは、かんてい局茜部店です(^^)/

本日は、「ロレックス 69178 デイトジャスト」を買い取りさせていただきましたので、

特徴と査定ポイントについてお話させていただきます。

ロレックス 69178 デイトジャストとは

デイトジャスト」は日付が変わる際に針の動きと共にゆっくり変更されるのではなく、瞬時に切り替わるというロレックス独自の機構で、ロレックスの中でも得に有名なモデルですね。

こちらは外装が全て金素材で作られた「金無垢モデル」になります。

当然金が使用されておりますので通常のコンビモデルやステンレスモデルに比べて、定価は3倍以上の価格になります。

金無垢モデルにはホワイトゴールドのモデルも存在しますが、やはりイエローゴールドがいかにも金というイメージが強く、安定した人気があります。

今回のモデルのインデックス部分はバーのタイプですが、これ以外にもダイヤモンド・ルビーが使われているモデルも存在します

☟気になる腕時計の買取価格がすぐ分かる!詳しくはこちら☟時計査定フォーム

金相場との関係について

最近ブログで、金の相場が下がっているとお伝えさせていただきましたが、

では今回のような金無垢モデルの相場はどうなるのか気になっている方もみえますよね。

金無垢モデルは金で出来ている為、金相場と関係があると思われる方も少なくないと思います。しかし、実はあまり金相場と時計としての相場は関係が無いんです。

金無垢モデルといえども、ロレックスの時計です。腕時計である以上、ロレックスの商品としての扱いが優先されるため、どちらかというと、ロレックスの相場が上がるかどうかという部分に左右されます。もともと金相場の金額を超えているということです。

ですので、金相場が下がったからと言って、悲しむ事はありません。ロレックスの相場が下がらない限りは金無垢モデルも下がりません。

☟時計の査定に関して直接お電話での問い合わせはこちら☟

買い取りポイントについて

ベルトの伸び

金は柔らかい素材なのでベルトがステンレスのタイプと比べて非常に伸びやすいです。

ベルトが伸びているかはこのように横から見て下に落ちるかどうかで判断することができます。

今回のお品は少し伸びていることがわかりますよね。

どうしても30年以上前のお時計ですので伸びに関しましてはしょうがない部分もございますが、もしブレスが伸びていなかったら̟+20,000円~40,000円ほどで買い取り可能です。

ガラス・本体の傷

ガラス・本体の傷に関してはステンレスのモデル同様に減額対象となってしまいます。

本体の傷は新品仕上げ、ガラスに関してはガラス交換で元に戻すことは可能ですが、

その際に費用が発生してしまうためです。

なるべく使用しているときは傷がつかないようにしてくださいね。

付属品の有無

ロレックスにおいて付属品は非常に大事になってきます。

特に保証書に関しましてはモデルによって異なりますが、5万円~数十万円変わってくるものもあります。保証書は二度と再発行できない為です。

今回のお品は保証書はございませんでしたが、もしあれば62万円程で買取させていただいておりました。

最後に

本日は「ロレックス 69178 デイトジャスト」のご紹介をさせていただきました。

ロレックスは資産としても非常に注目されている時計で、使用しているのに気が付いたら相場が上がっているということも多々ございます。

このほかにもかんてい局茜部店では非常に多くロレックスを取り扱っておりますので是非興味のある方はご来店お待ちしております。

☟ロレックスの買取り実績はコチラ☟

ページトップへ戻る

MENU

その他買取商品