質屋かんてい局は岐阜・愛知の質、ブランド品売買の専門店です

代表TEL:小牧店(営業時間10:00~19:00 )

0568-68-8998 お問い合せ

買取実績を検索

ルイヴィトン 長財布 ポルトフォイユサラ N61734 新旧の違いと買取価格について紹介します【北名古屋】

店舗名 北名古屋店
商品名 M61734/ポルトフォイユ・サラ
ブランド名 LV【ルイヴィトン】
買取価格 12,000円

↓自宅に居ながら簡単査定‼下記のバナーからお持ちアイテムの買取価格がわかります!↓

ルイヴィトン ポルトフォイユサラ N61734 新旧の違いについて

本日買取させていただいたお品物は、ルイヴィトンのポルトフォイユサラです。

ポルトフォイユサラはルイヴィトンの財布の中で、ジッピーウォレットに次いで人気の高い財布の1つです。

ポルトフォイユサラもマイナーチェンジが行われた事をご存知でしょうか?

下記にてマイナーチェンジ後の違いをまとめましたのでご参考にしていただければと思います。

カードスロット枚数の違い

旧型:カードスロット×12

新型:カードスロット×16

上記の写真の様に新型はカードスロットの数が増えています。

フラップ部分(ふた部分)の形状の違い

旧型:フラップ部分が直線

新型:フラップ部分が三角形

旧型のフラップ部分は直線でしたが、使用していくと素材の反りが目立ってきます。

(反りについては、後ほど査定のポイントと一緒にお伝えします。)

それに比べて、新型は角は角が取れた事により反りが目立ちにくくなりました。

背面ポケット有無

旧型:背面ポケット無し

新型:背面ポケット有り

新型の背面には、パッチポケットが追加されました。

わざわざホックを開けなくても、レシート等を収納できるので、より実用性も高くなりました。

ルイヴィトン ポルトフォイユサラ N61734の買取価格が12,000円になった理由とは?

今回買取させて頂いたルイヴィトンのポルトフォイユサラの買取価格が12,000円になった理由を査定のポイントを踏まえながらお伝えさせていただきます。

今回注目したポイントは下記2点です。

①フラップ部分の反り

ポルトフォイユサラの場合、フラップ部分の反りに注目です。

新旧の違いでお伝えしたように、旧型のフラップ部分は直線に作られており、使用していくうちにフラップが反ってしまいます。

この反りが起こる現象は、塩化ビニールコーティングが経年変化により縮んでしまい、それと同時に素材ごと反りかえってしまうためです。

今回の財布にも、反りが見受けられました。

この反り具合によって、査定金額も変動します。

②新型旧型の違い

今回のポルトフォイユサラは、旧型タイプになりすが、やはり年式の新しい新型タイプの方が買取価格も高くなります。

今回のブログを参考に、ポルトフォイユサラをお持ちの方は、新型か旧型かチェックしてみてください。

下記のバナーから、お電話もしくはメールをいただければ、自宅に居ながら買取価格をお伝えさせていただきますので、お気軽にご相談下さい!

↓自宅に居ながら簡単査定‼下記のバナーから気になる時計の買取価格がわかります!↓

最後に

最後までお読みいただきありがとうございました。

今回はポルトフォイユサラの新旧の違いと買取価格についてご紹介させていただきました。

ヴィトンの場合、状態によって相場が大きく変動してしまいますので注意してください。

また、現在持っている財布、バッグの買取価格がいくらになるか気になる方は、是非かんてい局北名古屋店にお持ち込みください!

お客様のご来店をお待ちしております!

ページトップへ戻る

MENU

その他買取商品