質屋かんてい局は岐阜・愛知の質、ブランド品売買の専門店です

代表TEL:小牧店(営業時間10:00~19:00 )

0568-68-8998 お問い合せ

茜部店のお知らせ

【シャネルとルイヴィトン】どっちがステータス&値段が高い?【茜部】

みなさん、こんにちは!

かんてい局茜部店のブログをご覧頂きありがとうございます!

高級ブランド品を思い切って購入しようとするとき、一度は「シャネルとルイヴィトン」どっちを購入すればいいんだろう‥?

と悩まれることがある方も多いのではないかと思います。

私も、お客様とお話をする中で何度も尋ねられたことがあります。

結局のところ、

「シャネルとヴィトン、どっちが値段高いの!?」

「シャネルとヴィトン、どっちがステータスが高いの!?」

そこで、今回の記事では「シャネルとルイヴィトン」どっちを購入すれば良いかについてお伝えしていこうと思います。

そして、中古ショップならではの理由などもご紹介していきます!

この記事は、

シャネルとヴィトンどっちが高いのか知りたい方

・シャネルとヴィトンどっちを購入するか悩まれている方

・シャネルが好きな方

・ヴィトンが好きな方

に向けて書いています。

悩まれている方はぜひ参考にしてみてください!

☟電話でのお問い合わせはこちら☟

シャネルとルイヴィトンどっちがステータス高い?

結論から言いますと、ステータスは「ほぼ変わらない」と言っても間違いはありません。

シャネルもルイヴィトンも同レベルのハイブランド。

手にする方が似合うかによってステータスが高く見えます。

それではどんな方にオススメかをご紹介していきます!

シャネルとヴィトンどっちを買ったら良いの?

シャネルとヴィトンはどっち買えばいいの?と悩まれる方はいらっしゃると思います。

シャネルとヴィトンに優劣はありません。

自分の好きなデザインを購入することが一番です。

そこで、自分にはどっちのブランドが似合うのか‥?と悩まれている方のために、どんな人にオススメかを説明していきます。

☟電話でのお問い合わせはこちら☟

シャネル どんな人にオススメ?

□自立している

□品がある

□クール

□知的

□流行を気にしない

この5点が当てはまる方は、特に「シャネル」がオススメです。

シャネルは「活動的で自立した女性」、「古い価値観にとらわれない女性」をポリシーとしたブランド。

10代20代よりも、社会で活躍する30代40代50代などのキャリアウーマンに似合うイメージのあるブランドです。

シャネルは流行に左右されないブランドです。

自身を確立しているされている女性には特に似合うブランドと言えそうです。

☟電話でのお問い合わせはこちら☟

シャネルを持つメリット

シャネルアイテムは全て高額品。

その為、「シャネルを持っている=収入が高い」等のステータスの象徴となります。

シャネルを持つことによって仕事のモチベーションアップにもつながります。

そして、シャネルは素材やバッグの種類等によって高価買取をしてもらえる可能性があります。

使わなくなったバッグでも、買った当初とあまり変わらない金額で買取してもらえるのもシャネルのメリットの一つです。

シャネルを持つデメリット

「シャネル」のアイテムは高級なレザーが使用されています。

使い方を気を付ければ「長く」「綺麗」に使うことが出来ますが、雑に使ったりするとすぐ傷んでしまいます。

定期的なメンテナンスも必要となりますので、なかなか気軽に持つことが出来ない事がデメリットかもしれません。

自立したイメージが強いシャネルは女性目線だと、「かっこいい人」「憧れる人」等のイメージがありますが、男性目線だと「とっつきにくい」「きついイメージ」等思われることもあるようです。

☟電話でのお問い合わせはこちら☟

オススメのアイテム

【マトラッセ】

シャネルの代表的なチェーンバッグに「マトラッセシリーズ」があります。

マトラッセとはフランス語で、

「袋詰めされた」

「ふっくらとして膨らんだ」

といった状態を意味する言葉です。

菱形状の縫製を施すことで、糸に囲まれた革素材が盛り上がって見え、言葉が表わす通りの「ふっくら」とした表面になっています。

こちらのバッグは、どのようなシーンでもお洒落に魅せてくれること間違いなしのアイテムです。

☟そのほかのマトラッセのご購入はこちら☟

☟電話でのお問い合わせはこちら☟

ルイヴィトン どんな人にオススメ?

□自立している

□品がある

□お洒落が好き

□流行が好き

これらの4点が当てはまる方には、特に「ルイヴィトン」がオススメです。

ルイヴィトンを持つ年代・年齢層はとても幅広く、日本人にとって、誰もが分かるメジャーなブランドです。

流行アイテムが数多く揃っており、流行に敏感な方にはもってこいのブランドです。

ルイヴィトンを持つメリット

「ルイヴィトン」は、上記でもお伝えしたように日本人にとって非常にメジャーなブランド。

その為万人受けしやすく、持っていても嫌味に見えることがありません。

他の人も同じバッグを使っていると、きっとダサくはないはずだし、やっぱり人気なんだなと思えて、なぜだか少し安心しますよね。

ルイヴィトンは、長く愛用できる飽きのこないデザインも特徴のひとつだと思います。

また、キャンバス地のアイテムだとPVC(ポリウレタン)加工された合成皮革が使われており、壊れにくく水分にも強いと言うメリットもありますね。

☟電話でのお問い合わせはこちら☟

ルイヴィトンを持つデメリット

ルイヴィトンを持つ人が多いため、新作のアイテムじゃないと人とデザインが被ってしまうことが多々あります。

その為個性がなくなり、ありきたりになってしまう一面もあります。

人と同じものを使いたくないという方には、ルイヴィトンは「不向き」かもしれません。

周りの視線が気にならない方にとっては問題ありませんが、個性をだしたい方はアイテム選びを気を付けなければいけません。

また、流行アイテムは流行が過ぎてしまうと使いづらい傾向にあるので注意が必要です。

☟電話でのお問い合わせはこちら☟

オススメのアイテム

【ネオノエ】

1932年にシャンパンボトルを運ぶためにデザインされた「ノエ」を新しくデザインし、2017年春に再登場したものがこちらの「ネオノエ」です。

ネオノエの特徴は3WAY」で使えること。

 

 

シーンに合わせて使い方を変えることが出来ます。

☟その他のネオノエのご購入はこちら☟

シャネルとルイヴィトンどっちが高い?

シャネルとヴィトンどちらの値段が高いのかという声をよく耳にします。

ブランド品の販売経験をしてきて思う、私の個人的なイメージでは「シャネル」の方が高いように思います。

実際の価格帯は、商品の種類や素材にもよりますが、どちらもそこまで変わりません。

ただ、シャネルを持っている人は、ルイヴィトンを持っている人より少ないため「シャネル」のアイテムが高く感じます。

☟電話でのお問い合わせはこちら☟

中古ショップで売るならどっちが高い?

もしもリサイクルショップや質屋などの「中古ショップ」で売るならどっちが高いのでしょうか。

リセールバリューが高いのはずばり「ルイヴィトン」です。

その理由を2つご紹介します。

①セールや値引きが無い

ルイヴィトンは新作が出てもそのシーズンで売り切れる量しか生産しません。

その為、基本的には売れ残りがありません。

売れ残りが無いから、値引きやセールをする必要が無いのです。

他のブランドでありがちな、値引きやセールを行わないことで、ブランドの価値を下げず、中古市場など2次流通でも価格が落ちにくいのです。

つまり、売る時にも高い金額で売れるので、リセールバリューが高くなるのです。

☟電話でのお問い合わせはこちら☟

②長く使えるデザイン

毎年、新作が出続けるルイヴィトンですが、定番人気のアイテムは少しづつ変化しながら継続販売されています。

パッとした見た目はそこまで大きく変わりません。

その為周りの目を気にせず長く使用することが出来るのです。

 

この様な観点からいつの時代も「ルイヴィトン」が高価買取されるのです。

☟バッグの買取価格が分かるかんたんメール査定☟バッグ査定フォーム

最後に

いかがでしょうか。

シャネルもルイヴィトンもどちらも同じぐらいの知名度があり、人気があります。

どっちがステータスが高いかと言われると、人それぞれの価値観や、それぞれに合った魅力がある為、一概には答えが難しいです。

ただ、世間一般的には「シャネル」の方が高いイメージがあるのかなと思います。

どちらを購入するか、決めかねている方はまずご自身がどんなタイプなのかを思い浮かべながら決めるのも良いかと思います!

かんてい局ではシャネル、ルイヴィトンのアイテムを沢山取り扱っています。

新品で購入すると高いブランドアイテムも、中古でお値打ちで状態が良いものを探してみても良いかもしれませんね。

お近くの方はご来店頂けると幸いです。

遠方の方も、かんてい局公式オンラインショップからお気軽に商品をご覧になれます。

皆様のご利用、お待ちしております。

☟かんてい局公式オンラインショップ☟

☟お電話での問い合わせはこちら☟

ページトップへ戻る

MENU