質屋かんてい局は岐阜・愛知の質、ブランド品売買の専門店です

代表TEL:小牧店(営業時間10:00~19:00 )

0568-68-8998 お問い合せ

茜部店のお知らせ

【必見】鑑定士が教えるダイヤモンドの見方・『4C』について【茜部】

皆さんはダイヤモンドの買取金額の決め方はご存知でしょうか。

今回は「カラット」「カラー」「カット」「クラリティ」という4つの言葉の頭文字から成った『4C』というダイヤモンドの評価基準やダイヤモンド付ジュエリーの買取について解説していきます。

この記事は、

・ダイヤモンドの見方を知りたい方

・ダイヤモンドの見方を知りたい方

・ジュエリーに興味がある方

に是非読んでいただきたい記事です。

☟お電話での問い合わせはこちら☟

『4C』とは

ダイヤモンドの評価基準といわれる、『4C』ですがまずはこちらの4項目について解説させて頂きます。

この『4C』は、国際的に統一された評価基準として世界中のダイヤモンド取引で価値、相場などの目安として使用されています。

カラット(Carat)とは

『~カラット』という言葉を耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。

こちらの言葉、間違えて捉えられていることも多いですが、表しているのは大きさではなく

『重さ』です。

カラットは、「~ct」と表示され、1ct=0.200gで、1gは5ctとなります。

ダイヤモンドの原石の大部分は1ct未満の小さなものばかりですので、大粒の原石は、とても稀少です。
カットするとさらに小さくなることも考えると、大きければ大きいほどその価値は上がっていきます。

カラー(Color)とは

透明な宝石のイメージが強いダイヤモンドですが、実際にはかすかに色が付いているものがほとんどで、無色透明なものほど高く評価されます。

ダイヤモンドの色が黄色になればなるほど、希少性が下がります。

ですがある一定の黄色味を超えると、『ファンシーカラー』という評価がされ、他の基準でグレーディングされます。ファンシーカラーは他にも赤、ピンク、青、緑があります。

引用元:https://www.yo-mare.com/how-to-order/5colore-diamond/

クラリティ(Clarity)とは

クラリティは、「透明度」を表す基準です。

傷、欠け部分、インクルージョンの大きさやその質によって、この評価が決まります。

上に挙げたようなものや包有物が多いと透明度が下がり、評価が下がってしまいます。

逆に透明度が高ければ評価も高くなります。

~クラリティ 判断名称~

・FL・・・10倍拡大で内包物やキズがないもの。

・IF・・・10倍拡大でキズがなく、極微小な内包物のみのもの。

・VVS1/VVS2:10倍の拡大で非常に発見し難いキズや内包物があるもの。

・VS1/VS2:10倍拡大で発見し難いキズや内包物があるもの。

・SI1/SI2:10倍拡大で見えやすいまたは非常に見えやすいキズや内包物があるもの

・I1/I2/I3:肉眼で見えることがあるキズや内包物があるもの。

カット(Cut)とは

宝石というと光が反射して輝くダイヤモンドを想像する方も多いですが、その輝きはこの『カット』によって生み出されています。

4Cの他の3要素はダイヤモンドがもともと持っているものに対し、カットだけは人の手が加えられる要素です。

職人の技によって、そのダイヤモンドが持つ良さを引き出し、輝けるかどうかが決まります。

~評価の種類~

Excellent・・・最上級品、光学的に理想

VeryGood・・・理想的

Good・・・良好

Fair・・・やや劣る

Poor・・・劣る

《3EX(トリプルエクセレント)とは?》

カット・対象性・研磨の状態のそれぞれがEXCELLENT
評価を受けたダイヤモンドのことを指します。

《H&C(ハート&キューピッド)とは?》

ハート&キューピッドとはプロポーションとシンメトリーに特に優れたダイヤモンドにだけあらわれる光の陰影による模様です。

専用のスコープで覗くと上部からはキューピッドの矢が、下部からはハートの模様が現れるという神秘的な現象で、更にこの模様が見えるダイヤモンドは入ってきた光を理想的に屈折させ、 強く美しい輝きを放ちます。

引用元:https://www.brooch.co.jp/column/heartandcupid

☟貴金属の査定フォームはこちら☟

貴金属査定フォーム

鑑定書について

鑑定書とは、ダイヤモンドにのみ発行されている、グレーディングレポートのことです。

内容は上記に記した4項目について、複数人の鑑定士の鑑定を受けた結果が記されています。

そのダイヤモンドのカラット、カット、クラリティ、カラーを基準に沿って評価し、グレード、特徴等を明確化したものを指します。

ちなみに『鑑別書』と認識が混ざりがちですが、全くの別物で、上記の『鑑定書』に対して、『鑑別書』宝石全般に対して発行され、『天然か人口かどうかを判別する書物』なんです。

買取の際は鑑定書があると、無い品物に比べて鑑定士がダイヤモンドの情報・詳細を把握しやすく、買取金額もギリギリまで頑張ることが出来る為、お持ちの場合は必ず品物と一緒にお持ちいただくことをおすすめ致します。

 

☟金含む、ジュエリー・アクサセリーの購入はこちら☟

ダイヤモンド付の品物例

リング

 

 

メインの宝石がダイヤではない場合でも、2枚目画像のようにダイヤがついているリングも多数存在します。

ネックレス

 

 

ダイヤモンドはプラチナに付いているものも多いですが、金やブランドアクセサリーの場合はシルバーに付いていることがあります。

ピアス・イヤリング

 

 

小さくて分かりづらいものもありますが、ピアスやイヤリングにもダイヤモンドが装飾されております。

 

ここに挙げたもの以外にもダイヤモンドが装飾されている品物は多数存在します。

『売ったらいくらになるのか気になる』『もう使わないから現金化したい』というような品物があれば是非一度査定にお越しください。

☟買取メール査定も行っております!是非ご利用下さい!☟

最後に

本日はダイヤモンドの評価基準やかんてい局で取り扱っている品物についてご説明させていただきました。
ダイヤモンドは最近話題になっている『ロレックス』のように、市場への供給が多くありません。

その為、質の良いダイヤモンドは価値が上がっていきます。

是非一度、ご自身がお持ちのダイヤモンドの情報、価値を知る為にかんてい局の無料査定をご利用くださいませ。

☟お電話での問い合わせはこちら☟

ページトップへ戻る

MENU