質屋かんてい局は岐阜・愛知の質、ブランド品売買の専門店です

代表TEL:小牧店(営業時間10:00~19:00 )

0568-68-8998 お問い合せ

茜部店のお知らせ

エルメスのスカーフ『カレ』 年代やテーマの見方をご紹介します♪【茜部】

皆様こんにちは。
かんてい局茜部店のブログをご覧頂きありがとうございます(^^)/

エルメス【HERMES】のスカーフ、『カレ』には1枚ごとにテーマがあります!

また、タグを見るとおおよその年代も分かるので見方をご紹介していきます(/・ω・)/

この記事は

・カレが好きな方

・年代やテーマの見方を知りたい方
・エルメスが好きな方

にぜひ読んでいただきたいです。

最後までお付き合いください!

 

☟お電話での問い合わせはこちら☟

カレとは

『カレ』はフランス語で正方形を意味し、エルメスのカレは縦横が同じ長さの正方形になっています。

その歴史は1937年に誕生したといわれており、半世紀以上経った現在においても年間で異なるテーマごとに発売され続けています。

👇カレのアレンジ記事もアップしています👇

エルメスのスカーフをバックにできちゃう!?カレのアレンジご紹介します♪【茜部】

カレが高い理由

カレはサイズにもよりますが、1枚24,000円~149,000円程します。

エルメスのカレは、デザイン企画から販売までおよそ2年も要すると言われています。
高い理由の一つとして、手作業による染色作業が挙げられます。

出典:http://www.kyo-singu.com/e-nemunoki/mawata.html

シルク製品の特徴として、真珠のような光沢感があります。
シルクの断面は三角形となっていて、それがプリズム効果とよばれ上品で自然な光沢感を生み出しています。

その特徴を最大限に活かすため、エルメスの染色作業は手間をかけて行われていると言われています。

スカーフの染色方法は、シルクスクリーンと呼ばれる染色方法を用い、色を重ねていきます。

シルクスクリーンとは、版画のように1色ごとにデザインと色を重ねていく方法です。
また、エルメスのスカーフは、デザインによっては30色以上の多彩な色を用いる為、染色作業だけでも、長い時間を要すると言われています。
芸術品を思わせるような高いデザイン性、素材の特徴を活かした製造方法、それに職人による確かな技術力が合わさることで、高額商品となっているのではないでしょうか。

1枚ごとに込められたテーマ

テーマはデザインの中に落とし込まれています。

↑この写真の『カレ』は、よく見ると中央付近に「BRIDES de GALA」と描かれています。

1957年に発売されて以来、世界一売れたスカーフとして、ギネスブッグにも載っています。

ガラと呼ばれている、エルメスのスカーフの中でも定番のデザインです。

この「BRIDES de GALA」は式典用の馬勒という意味で、馬勒はバロクと読み、馬が装着するくつわや手綱などの総称です。

このように、デザイン1枚ごとにテーマが描かれています。

カレをお持ちの方は是非確認してみてください♪

 

☟カレ販売中!オンラインショップはコチラ☟

タグに違いで年代が分かる

シーズン毎に様々なデザインが発売されるエルメスのスカーフ。

新品で購入すればもちろんいつ発売の物かますが、頂きものや中古品では年代までは分かりませんよね。
毎シーズンの柄を記憶することも一つの手段ですが、種類がたくさんありすぎて、残念ながらほぼ不可能といえます。
そこで、例外もありますが、年代を判断できると言われているポイントは『タグ』です。

①白く長いタグ

横幅5㎝程度の長さがあります。

20年程度前(2000年頃)までのデザインには、このタグが使用されていました。

②白くて短いタグ

横幅2.5㎝程度の短いタグです。
10年程度前(2010年頃)から使用されており、比較的最近まで使用されていました。

③茶色と黒色の短いタグ

2016年以降のデザインに使われているタグです。
少し薄めの茶色のタイプと黒色タイプがあります。
黒タグは現行でも使用されている為、黒タグの方が新しいデザインに多い傾向があります。

(↓写真は黒いタグ)

④白く縦幅があるタグ

白く縦幅が2cmほどあり「タンブル乾燥不可」のJIS洗濯表記が追加されているものが最新のタグです。

↓タンブル乾燥不可の選択絵表示

出典https://www.wardrobe-sangetsu.jp/blog/detail/b28/

2017年以降のデザインに使われ始めています。
従来のタグと違い、「シルク」の表記が英語からフランス語に変更されています。

(かんてい局では、まだこの最新タグが付いたお品を入荷しておりません。2021/05/02)

 

☟買取メール査定も行っております!是非ご利用下さい!☟

最後に

いかがでしたでしょうか。

私は、カレについて勉強するまではエルメスだから(ネームバリューで)こんなに高いのかなぁと思っていましたが、企画から開発まで長い年月をかけ、職人による高度な染の技術から生まれていることを知り高い謎が解けました!

また、アパレル業界で、一つの作品が世に出るまで、よくあるケースが企画~販売までおよそ半年です。

その業界で、カレ1枚作り上げるのに(同時進行している作品もあると思いますが)2年ほど時間をかけて作れる環境があるのは、私も元々服を作っていたのでよく分かるのですが、とても働きやすく作り手の気持ちも考えられた環境が整っているんだなと感じました。

企画チームや職人さん達の気持ちのこもったカレを是非一度間近でご覧ください(^^♪

 

かんてい局のYouTubeチャンネルが出来ました!

こちらでしか見れない情報や、ブランドのマル秘知識等についてをご紹介しております!!

まずは、見てみて下さい!宜しければチャンネル登録もお願いします!!

☟Youtubeチャンネルはこちらから☟

ページトップへ戻る

MENU