質屋かんてい局は岐阜・愛知の質、ブランド品売買の専門店です

代表TEL:小牧店(営業時間10:00~19:00 )

0568-68-8998 お問い合せ

大垣店のお知らせ

ルイヴィトンのエピラインは「麦の穂」のイメージ!エピの意味と歴史、商品をご紹介!【愛知・岐阜の質屋 かんてい局】【大垣】

こんにちは、かんてい局大垣店です。

本日はLOUIS VUITTON【ルイヴィトン】のエピラインについてご紹介させて頂きます。

☟☟☟お電話でのお問い合わせはコチラ☟☟☟

「エピ」の意味

エピラインはルイヴィトンの中でも知れ渡っているラインの1つですが、しっかりと調べた人は少ないはず。

まずは元ネタ、というかインスピレーションの出どころから見ていきましょう。

その名前の由来は素材全てに施された線状の型押しが「揺れる麦の穂」のように見えることからきています。

確かにエピラインの規則的とも不規則的ともとれる波線は、風に揺られる穂と言われればなっとックのデザインです。

では続いて言葉の意味ですが、エピ(フランス語表記:Épis)はフランス語で、「」という意味です。

 

ここで「ん?」と思われた方。

あなたは鋭い。

「麦」と「耳」って全く関係ないじゃん。

麦はフランス語でbléです。ちなみにトウモロコシも同じ言葉で訳されます。

では改めて次は「麦の穂」で仏訳すると「Épis de blé」となります。

ここで「エピ」が出てきましたね。

Épis de bléを直訳すると「小麦の耳」となりますが、穂のカーブが人の耳に輪郭に近い形なので納得できる訳し方ですね。

「エピ」の歴史

モノグラム・ダミエの次に考案されたモデルで、今ではルイヴィトンの代表的なラインの一つとして男女共に根強い人気があります。

1888年にダミエライン、1896年にモノグラムが生み出されており、エピが開発されたのは1985年と比較的最近です。

グレイン(型押し)レザーと言われる上質な革を使用されていて、型崩れしにくく耐久性と耐水性に優れた素材です。

エピ・ラインは濃淡様々なカラーリングが存在しており、廃盤になった色も含めるとその種類は数十色にも及びます。

 

ではそんな【エピ】ラインの商品をいくつかご紹介致します。

かんてい局のエピラインの商品紹介

①M5214E アルマ

※画像クリックorタップで購入ページへ移動※

型番:M5214E

商品名:アルマ

今やルイヴィトンの定番商品のアルマ。

かまぼこ型の特徴的な形はとても可愛らしい印象を与えます。

②M52612 セリエドラゴンヌ

※画像クリックorタップで購入ページへ移動※

型番:M52612

商品名:セリエドラゴンヌ

こちらはメンズ向けのセカンドバッグで、かっちりとしたマチが特徴です。

コンパクトなバッグなので仕事用に使われている方が多い印象です。

③M60915 ポルトフォイユ・クレマンス

※画像クリックorタップで購入ページへ移動※

型番:M63915

商品名:ポルトフォイユ・クレマンス

ジッピーウォレットやジッピーウォレット・ヴェルティカルよりも1周り小さいラウンドファスナー財布です。

スマートな形なのでポケットに入れる人もバッグに入れる人も使いやすいサイズではないでしょうか。

 

↓↓ほかのエピラインの商品は下のバナーからオンラインストアをご確認ください!↓↓

最後に

エピラインは先も述べた様にカラーリングが豊富なので、自分が好きな色を探し求まることが出来ますが、年式によって色の有無やモデルの有無が変わってしまうのが難点ですね。

エピの商品を少しでも安く手に入れたい方はぜひかんてい局をご利用ください!

 

ページトップへ戻る

MENU