質屋かんてい局は岐阜・愛知の質、ブランド品売買の専門店です

代表TEL:小牧店(営業時間10:00~19:00 )

0568-68-8998 お問い合せ

北名古屋店のお知らせ

ロエベの偽物と本物の見分け方を徹底解説!ハンモックの真贋ポイントとは?【北名古屋】

本日は、ロエベのハンモックの真贋ポイントについてお伝えさせて頂きます。

今回ご紹介する「ハンモック」は2016年に登場し、今ではロエベのアイコンバッグになりつつあるバッグです。

人気バッグなだけにコピー品も多く出回り、分かりやすい偽物から精度の高い偽物まで市場に出回っている、鑑定士泣かせのバッグでもあります…。

そこで、私の経験をもとに一部抜粋して偽物・本物の違いを写真を使って比較し、チェックするポイントをできる限り分かりやすく解説していきたいと思います。

☟☟ロエベに関するお問い合わせは下記のバナーから☟☟

☟☟ロエベの商品をお探しの方はこちらをどうぞ!!☟☟

onlineshop 新商品続々入荷!

ロエベ ハンモックの真贋ポイントについて

分かりやすい偽物、精度の高い偽物どちらにも言える事ですが、全体の作りをぱっと見ても本物、偽物の見分けをつける事は困難です。

一般的に偽物の特徴は、目に入る部分の作りに徹底して作らており、細部は雑に作られている事が多い為、今回はそんな細かい部分を出来る限る分かりやすく解説していきたいと思います。

金具部分の仕上げ方をチェック

※写真上が本物、写真下が偽物です。

本物は金具部分の表面処理が綺麗に施されているのに対して、コピー品は表面処理、エッジが雑に感じます。

ロゴの型押し、レザーの質感から判断する

コピー品の型押しの仕上がりは荒いのに対して、本物は型押しが綺麗に入っています。

また、赤丸の印の部分ですが、コピー品は直線的なのに対し、本物は若干斜めになっています。 レザーの質感に関しては、ロエベは皮革製品で有名なスペインのブランドです。

スペインではエルメスより格上ブランドとして圧倒的知名度と人気があり、最高級の素材と品質を誇るため、下記のような荒い仕上げはまずありません。

また、コピー品の場合は、本革ではなく、合皮を使用しているケースが多いです。

本革の判断基準として、匂いで見分けるのが分かりやすいかと思います。

合皮は石油、もしくはビニールのような匂いがしますが、本革はレザー独特の匂いがします。

また、細かい事を言うと、型押し部分をルーペ等で見ると、本革は細かい筋のようなものが見えます。これは、革が型押しされた時につくシワみたいなものですが、合皮の場合はシワが寄らず型押し表面がなめらかに綺麗に入ります。

☟☟ロエベに関するお問い合わせは下記のバナーから☟☟

保存袋のタグをチェック

上記の様な保存袋についているロゴ入りのタグからも本物、偽物の判断が出来ます。

コピー品のロゴのラインは少し歪なのに対し、本物はラインが綺麗です。

また、本物はタグの内側までしっかりロゴが形成されていますが、コピー品のタグの内側はロゴが形成されていません。

保証書などの付属品から判断する

ロエベの保証書は、基本的に写真のような紙のカードタイプのものなります。

こちらには、型番や、生産国等の記載があるた為、一般的にこちらが保証書として評価されます。(2020年5月以降のアイテムにはこちらは付属しないそうです。)

ですが、コピー品の場合は、下記のようなプラスチックタイプのカードが付属してくる事があります。このようなタイプの保証書は存在しません。

最後に

ロエベの偽物と本物の見分け方と、真贋ポイントについてお伝えさせていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

今回紹介させていただいたハンモックだけでなく、ロエベのアイテムは真贋が非常に難しいです。

ネット等で購入される場合は特にですが、返品対応ができるがどうか等、ヒアリングを行い十分に注意したうえでの購入をお勧めします。

☟☟ロエベに関するお問い合わせは下記のバナーから☟☟

☟☟ロエベの商品をお探しの方はこちらをどうぞ!!☟☟

onlineshop 新商品続々入荷!

 

ページトップへ戻る

MENU