質屋かんてい局は岐阜・愛知の質、ブランド品売買の専門店です

代表TEL:小牧店(営業時間10:00~19:00 )

0568-68-8998 お問い合せ

北名古屋店のお知らせ

【ロレックス転売はバレる?】買ってすぐ売る「ペナルティ」や「違法性・リスク」はあるのか?【北名古屋】

こんにちは!

かんてい局の遠藤です。

最近、ロレックスを買い求める人が増え、「ロレックスマラソン」という言葉をよく耳にするようになりました。

先日も、芸能人のユージさんがテレビでロレックスマラソンについて語っており、

「転売」というワードまで飛び出していました。

ロレックス人気は年々上昇を続け、限られた供給の少なさに対してその「需要の多さ」のせいでロレックスの「転売」をする人が増えてきました。

ロレックスのモデルを本気で気に入って購入したい人にとって、「転売目的の購入」はモラル的にあまり良いことではありません。

ロレックスの転売は果たしてバレてしまうのか、バレたことによってペナルティや違法性があるのかどうか気になるところですよね。

 

この記事は、

・ロレックスの転売について知りたい方

・ロレックスの転売がバレるのか知りたい方

・転売によるペナルティや違法性があるのか知りたい方

・転売によるリスクを知りたい方

に向けて書いています。

ロレックスの転売について詳しく知りたい方は是非参考にしてみてください。

☟ロレックスに関するお問い合わせはこちら☟

☟合わせて読みたい関連記事☟

サブマリーナは正規店で定価購入出来るのか?ロレックス販売店で『新品を買う方法』と『買えない理由』とは!【北名古屋】

ロレックスの転売について

近年ロレックスの転売が世間で騒がれています。

『転売』の意味は、

「買った物を、さらに他に売り渡すこと。またうり。」と記されています。

転売をする目的はとても簡単で、転売することで「利益」が出て儲かる現象が起きてしまうのです。

その理由は、ロレックスの大幅な需要の高まりによって『定価購入価格 < 売却価格』となっていることが原因です。

☟ロレックスに関するお問い合わせはこちら☟

☟ロレックスの買取価格が分かる『かんたん査定申込フォーム』はこちら☟時計査定フォーム

なぜロレックスの転売が成立するのか?

ロレックスの転売が成立することには、理由があります。

それは、先程もご紹介したようにロレックスの正規店で新品を定価購入出来ると、質屋・リサイクルショップなどで、購入時より高く売れる状態、つまり

『定価購入価格 < 売却価格』(プレミア価格)となっている為です。

元々、生産数が多くはない高級腕時計ですが、高級腕時計メーカーのロレックスは特に

「需要と供給」のバランスが崩れ、品薄状態が続いています。

買いたい人が多いわりに購入出来る数が少なく、ロレックス正規店で新品を買う「入手困難度」が高いのです。

本当にロレックスが欲しい人が正規店に行っても在庫がなく、買えない状態が続いています。

ロレックス正規店に何度も通えば購入出来る可能性もありますが、

ロレックス販売店といえば、都市の中心部や百貨店まで出向かなければならず、販売店に何度も通うには膨大な「時間」と「コスト」がかかります。

転売目的ではなく、本当にロレックスが欲しい人は「早く手に入れたい」気持ちが生まれます。

その「時間」と「コスト」を天秤にかけた時、少し高くても「中古」のロレックスを「買いたい」という結論に達するのです。

世界的な規模でこの流れが発生し、世界中のロレックス相場を押し上げている為、「転売」が成立するのです。

これに目を向けた転売屋(転売ヤー)がさらにロレックスを買い求める状況が続いている為、2021年7月現在もロレックスの相場価格高騰が続いているのです。

☟ロレックスに関するお問い合わせはこちら☟

☟ロレックスの買取価格が分かる『かんたん査定申込フォーム』はこちら☟時計査定フォーム

ロレックス転売はバレるのか?

転売目的でロレックスを購入し、実際に転売した場合、ロレックスにバレてしまうのか?

気になる方も多いと思います。

ロレックスを転売した場合、ロレックスが情報を駆使して調べればバレると思います。

ロレックスの時計にはそれぞれシリアルナンバー(固有番号)が刻印されており、同じシリアルナンバーは存在しません。

このシリアルナンバーを照らし合わせることで転売がバレる可能性はあります。

バレる可能性その①

売却したロレックスは買取した店舖によって再販されます。

再販されたロレックスが何らかの理由によって、ロレックス正規店で修理メンテナンス(アフターサービス)を受けようとした場合、新品購入時の所有者と違うとバレる可能性があります。

ギャランティ(国際保証書)の購入日付が浅いとより転売目的として見られるかもしれませんね。

バレる可能性その②

ロレックスの正規店に定期的に通っている方は、ロレックスの店員さんとコミュニケーションをとる機会があると思いますが、

どうしても欲しいモデルの購入を正規店での入荷を待ちきれずに、仕方なく中古品の購入をする場合もあると思います。

その会話の中で、比較的最新のモデルを中古で購入した話などをロレックス正規店に話すことで、転売が発覚する可能性があります。

中古で購入したロレックスでも、ギャランティカードには販売店情報や販売日付が残りますので、確認して情報を照らし合わせるとバレてしまう可能性がありますね。

 

ご紹介した以外にもバレてしまう経路はあるはずなので、転売がバレない確率の方が低いかもしれません。

転売がバレた時のペナルティ

もし仮に転売がバレてしまったらどうなるのでしょうか?

いままでに、転売がバレてペナルティを受けた!という声は聞いたことがありません。

基本的には一度購入した商品の所有権は購入者にあるので、その後どうしようと制限があるわけではありません。

ただ、ロレックス側としては本当に使って欲しい人に購入して欲しいので、転売はしないように注意しているはずです。

もしかすると、表立ったペナルティではなく、

「明らかな転売を目的としている人には販売しない」というロレックス内部での取り決めなどはあるかもしれませんね。

☟ロレックスに関するお問い合わせはこちら☟

ロレックスの転売は違法?

今の現状ではロレックスの転売は違法とはなりません。

本当にロレックスが欲しい人からすると残念な話です。

しかし、大量に転売して「膨大な利益」を得ている場合は注意が必要です。

商売として転売を行うには「古物商」の許可が必要な為、場合によっては法律に触れる可能性もあります。

☟ロレックスの買取価格が分かる『かんたん査定申込フォーム』はこちら☟時計査定フォーム

購入制限の抜け道はあるのか?

ロレックスの転売を防止する為に、「購入制限」が2019年11月1日から実施されました。

購入制限は日本のロレックス正規販売店すべてで適用されます。

これは、日本ロレックスが取り組んでいるのではなく、日本国内にあるロレックスの販売店が話合って決めた独自の取り組みと言われています。

対象モデルはスポーツモデルの中でもオールステンレスモデル全般です。

・デイトナ

・GMTマスター2

・サブマリーナ

・エクスプローラー

・エクスプローラー2

・ディープシー

・シードゥエラー

となっており、同じモデルは5年間、他のモデルでも1年間は購入することが出来なくなります。

ツイッターなどSNS界隈では、購入制限で購入出来なくなることを「懲役」とも呼んでいるようです。

日本国内の正規販売店で購入する時には本人確認が出来る顔写真付きの身分証明書が必要で、

・運転免許証

・パスポート

・マイナンバーカード

のいずれかを提示しなければなりません。

日本国内の販売店同士で情報をシェアしているので、オールステンレススチールモデルの購入制限対象モデルの抜け道を探すのは困難です。

家族に購入してもらうという方法もありますが、もちろん転売目的での購入はNGです。

本人確認書類を提示出来る家族が購入制限に引っ掛かっていなければ購入は可能ですが、転売目的での購入はやめましょう。

購入制限対象外のコンビモデルや金無垢モデル、オイスターパーペチュアル系なら抜け道とまでは言いませんが、制限がありませんので購入制限対象モデルよりは狙い目といえます。

☟ロレックスに関するお問い合わせはこちら☟

転売によるリスク

ロレックスの転売を行うとどのようなリスクが発生するのでしょうか?

推測ですが、ロレックスの転売を行ってしまった場合、本当にロレックスが欲しいと思った場面でロレックスを正規店で買えない可能性が出てきます。

明かな転売目的であれば、店舗によってはブラックリスト入りしてしまう可能性があります。

目先の利益を追ってしまうと、今後の自分に跳ね返ってくる可能性があるかもしれません。

「買ってすぐ売る」ことはOK?

買ってすぐ売ることは問題ないのでしょうか?

転売目的であればモラル的にもNGです。

しかし、何らかの事情で「売る」可能性もあると思います。

・急にお金が必要になった

・買ったけど使いづらかった

・他に欲しいモデルが出てきた

・プレゼント用で買ったけど彼氏(彼女)と別れてしまった

などなど、様々な事情があるはずで、売却する事は誰も止めることが出来ません。

「買ってすぐ売る」ことは望ましいものではないですが、転売目的でなければ特に問題はないと思います。

☟ロレックスに関するお問い合わせはこちら☟

どのくらいの期間で転売にならないのか?

「転売」と勘違いされたくないけど、どのくらいの期間が経てば転売にならないのか?

明確な答えはありませんが、私の個人的な考えでは「5年間」を推奨します。

もし私が売り手である「ロレックス」だったら、本当にロレックスを使いたい人には壊れるまで使ってもらいたいです。

もちろん購入してから様々な使い方をされて、買い換えたい人、高い修理代を払うのに抵抗がある人もいると思います。

そういったことも考えるとメーカーであるロレックスが保証してくれる「5年間」は、

正規店で購入した人には最低機関として使ってもらいたいな~

と私なら考えると思います。

あくまでも個人の見解なので、参考にしていただければ幸いです。

☟中古で買えるロレックスの在庫一覧はこちら☟

ロレックスの転売は税金がかかる?

ただ単純に売却するだけなら税金はかかりません。

ロレックスは「時計」として日常生活に必要なもの「生活用動産」として考えられていて、売却しても課税の対象外となっています。

※生活用動産とは、生活に必要とされる動産(不動産以外の財産)を指します。

 

しかし、転売目的で継続的に利益を出している場合は税務調査が入る可能性があります。

商売として転売目的で事業を行う場合は、開業していなくても「個人利用ではない」と判断される場合があるので注意してください。

最後に

今回の記事では、ロレックスの転売についてお伝えさせて頂きました。

ロレックスの転売はおすすめしませんが、やむを得ず転売に近い形になってしまうこともあるかと思います。

本当に欲しくて買ったロレックスを手放さなければならなくなった時、この記事を参考にして頂ければ幸いです。

かんてい局北名古屋店ではロレックスの売却・購入に関するご相談であれば分かる範囲でお答えさせて頂きます。

お近くの方はお気軽にご来店してもらえると嬉しいです。

みなさまのご利用お待ちしております。

☟ロレックスに関するお問い合わせはこちら☟

☟ロレックスの買取価格が分かる『かんたん査定申込フォーム』はこちら☟時計査定フォーム

ページトップへ戻る

MENU