質屋かんてい局は岐阜・愛知の質、ブランド品売買の専門店です

代表TEL:小牧店(営業時間10:00~19:00 )

0568-68-8998 お問い合せ

北名古屋店のお知らせ

人気再熱中!?モノグラム・デニムライン✨再熱の理由とは?クールなジッピーウォレットも併せてご紹介します♪【岐阜・愛知の質屋かんてい局】【北名古屋】

こんにちはぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁああああ✋

本日もかんてい局のブログをご覧頂き

ありがとうございます✌(‘ω’✌ )三✌(‘ω’)✌三( ✌’ω’)✌

 

本日は、ルイ・ヴィトンの人気再熱ライン「モノグラム・デニム」の

ジッピーウォレット(長財布)を入荷致しましたので、

ご紹介していきたいと思います★

ぜひチェックしてみてくださいね(‘ω’)ノ✨

 

こちらのブログでは、ルイ・ヴィトンの「モノグラム・デニム」と

「ジッピーウォレット」についてお伝えして参ります。

人気再熱中のモノグラム・デニムラインを中心に、

様々な製品についてご紹介致しますので、

購入を検討されている方に、ぜひ参考にして頂きたい内容となっております。

 

是非、ご覧ください😆ではスタートです!

◆人気再熱中のモノグラム・デニムって一体?

こちらが「モノグラム・デニム」です!

皆さまご存知のヴィトンと言えば!という柄

「モノグラム」パターンをデニム素材で表現しています。

 

では、ここから詳しくお話ししていきたいと思います(^▽^)/

1.モノグラム・デニムって何?

モノグラム・デニムはルイ・ヴィトンが、

2006年S/S(春夏)コレクションとして2005年に発売したラインです。

※ラインとはシリーズ・柄の事を指します。

当時、ルイ・ヴィトンのアーティスティックデザイナーを担当していた、

「マークジェイコブズ」によって生み出され、一世を風靡しました。

 

モノグラム・デニムは、モノグラム柄がジャガードで織り込まれた、コットンデニム地に、

ストーンウォッシュブリーチの加工を施し、ダメージデニムのような

ヴィンテージ感を出しているのが特徴的です。

 

😺用語説明😺

・ジャガード

⇒織の方法の一種。プリントではなく、模様を直接織り込み表現する折り方。

生地自体に厚みと立体感が生まれます。プリントのように柄が経年で剥げたりしないというのも魅力的。

・ストーンウォッシュ

⇒デニム地、または製品になったジーンズなどを、

石(天然の軽石)を混合した液と共に、ワッシャーマシーンで洗い上げ、風合いを付ける加工方法。

色褪せなど履きこんだようなヴィンテージ感が出ます。

・ブリーチ

⇒漂白剤を使い、デニム地にヴィンテージ感など風合いを出す加工方法。

2.モノグラム・デニムのカラーバリエーションは?

モノグラム・デニムにはカラーバリエーションもあります。

●ブルー

⇒デニムといえばこの色!経年で変化する色味が一番分かりやすいです。

●ノワール

⇒今回ご紹介しているジッピーウォレットがこのノワール。ブラックデニムです。

●フューシャ

⇒鮮やかで明るい、ヴィヴィッドなピンクです。

●リケン

⇒カーキ、抹茶のような渋い色味です。

●ブルークレール

⇒2011年に登場した新色。ブルーとグレーの中間色です。

●グリブルー

⇒インディゴ味が強い、濃い目のデニムブルーです。

●ローズ

⇒淡いピンク色で、フェミニンな印象です。

 

【ちょっと変わったシリーズもあります】

●パッチワーク

⇒2007年S/Sコレクションで登場したものです。

濃淡様々なモノグラム・デニムを継ぎ接ぎ(パッチワーク)し、

ひとつひとつ丁寧に仕上げられています。

単色のモノグラム・デニムとはまた一味違った魅力があります。

●レイエ

⇒2007年のクルーズラインゲストデザイナー「ジュディーブレーム」氏とのコラボレーションにより誕生。

ベースはモノグラム・デニムですが、レイエ(ストライプ)柄の

ブリーチを更に施し、濃淡でレイエを表現したものです。

 

●サンシャイン・ブルー(ピンク)

⇒2010年のS/Sコレクションです。淡い色味から濃い色味へのグラデーションで表現されたモノグラム・デニムです。

 

このようにモノグラム・デニムは豊富なカラーバリエーション、

また、シーズンコレクションによってちょっと変わったシリーズも発売されています。

 

この中でもやはり一番人気は「ブルー」。

定番のデニムカラーです。

アイテムによってはメンズ、レディースなど関係なく使えますので、

男女ペアでもお持ちいただくことができます(^▽^)/

ノワール(黒)は、意外と女性人気が高いんですよ♪

 

3.どうしてまた人気に火がついたの?

発売されて間もなく、それまでのモノグラムよりも更にカジュアルに、

気軽にコーディネートが出来ると世界中で人気を博し、

モノグラム・デニムを使った製品には根強いファンが誕生しました。

廃盤になった今も尚、愛用者がいるという

ヴィトンの定番ラインとなったモノグラム・デニムですが、

先述にもある通り、2011年ごろから徐々に生産数が減り、廃盤となりました。

2015年頃からまた少し新作が発表されるなど、

今でも少しづつコレクションは増えているようです。

 

ではなぜ、廃盤になったモノグラム・デニムに人気が再熱したのか?

その理由を解説していきたいと思います。

 

モノグラム・デニムが発売当初から人気だった理由が

・ハイブランドのアイテムなのに、デニム素材だから気を遣わずに使える

・ファッションのデニム(ジーンズ)のような感覚でカジュアルに使える

・オールレザーの製品よりも軽量

というユーザーの意見が多く、ファンが未だ多いのも確か。

 

上記の様に、使い勝手が良い面でのファン支持率が高いことと、

2017年にヴィトンとシュプリームがコラボし、

限定発売したアパレル、デニム素材のGジャンの人気が高かったこと、

(このGジャンはデニム地にモノグラムが織り込まれています。)

最新作のオンザゴーなどにも登場した、デニム素材の

パッチワークモノグラムの人気も高まっているいること

これらの理由が全てうまく重なったところで、

廃盤になったモノグラム・デニムの人気が再熱したと考えることができますね( ^ω^ )

 

4.モノグラム・デニムの製品って主に何があるの?

主にバッグ(特にレディースターゲット)が多い印象です。

ハンドバッグ、ショルダーバッグなど、

素材を活かした丸みのあるフォルムのバッグが目立ちます。

また、組み合わせて使われているレザーはヌメ革がメイン。

よりカジュアルな印象ですが、ヌメ革と組み合わせている為、

どこか高級感も漂います。

 

中でも人気の高いのはネオ・スピーディ

通常のスピーディよりもポケットが多く設けられ、

外側にも付いたポケットがまたデザインを高めています。

このネオ・スピーディ、通常のスピーディも人気がありますが、

モノグラム・デニムラインでもやはり人気が高い♚!

こちらを探されている方は、中古店でも数はかなり少ないと

予想されますので、大変だと思いますが、根気よくチェックしてみてくださいね!

 

小物に関しては、男女問わずお使いいただけるものが多い印象です。

ジッピーウォレットをはじめ、お財布や、

アジェンダ(手帳)などがつくられています。

ただ、デニム素材なので、ビジネスシーンでご使用頂くには

少しカジュアルすぎるかな?というイメージがありますので、

ご使用頂くシーンとしては、オフの日をオススメします♡

 

◆ブラックカラーのデニムがクールなジッピーウォレット

今回ご紹介中のモノグラム・デニムライン

「ジッピーウォレット」はノワール(黒)です。

ノワールはメタルパーツがアンティーク調のゴールドカラーに

なっているものがほとんどなので、非常にオシャレです✨

 

1.中の仕様を知りたい!

中の造りは、ヴィトンの中でも一番人気のタイプの

ラウンドファスナー式長財布で、

札入れなどのポケットも申し分なし!!

こちらは旧型ですので、カードスロットは現行の新型よりも

4枚分少ない、8枚分のポケットとなっていますが、

カードの枚数をあまり持たないという方や、

カードケースを別で持っているという方であれば特に不便はありません。

カード枚数が多い方でも、その他のポケットに収納すれば、

入れ方の工夫次第で特に気になる所はないと思います(⌒∇⌒)♪

 

ファスナー式のコインケースも付いていますので、

小銭入れを別で持たなくても充分収納可能です(∩´∀`)∩

特に、こちらのジッピーウォレットですが、中古品なのに

非常に状態が良いお品物なんです°˖☆◝(⁰▿⁰)◜☆˖°

 

通常、モノグラム・デニムラインの製品は、中古品の場合、

デニムの色落ちや、擦れ等で使用感が出やすい傾向にあります。

が!こちらは珍しく程度が良いので、とってもオススメ!!

これまでの中古品販売経験の中でも数少ない美品です♡

2.性別問わず使えるの?

今回ご紹介中のモノグラム・デニムのノワールの

ジッピーウォレットであれば、男性でも気兼ねなくお使い頂けます!

 

ただ、モノグラム・デニムラインに関しては、

男女問わずお使い頂けます。

が、先述の通り、バッグであれば女性らしいフォルムの物が多いのと、

カラーもピンクなど女性がメインターゲットのものが多いため、

男性が使えそうなアイテムは限られているような印象です。

 

男性人気の高いお色は、ノワールもそうなのですが、

意外とブルーを好まれる方が多いようですよ😺

 

アイテムとカラーでお気に入りを探せば、

男性でも、女性でも、また年代問わずお使い頂けますので、

ぜひ、色々探してみてはいかがでしょうか??

◆モノグラム・デニムの使い勝手は?お手入れ方法が知りたい!

モノグラム・デニムは、皆さんがイメージされている

ジーパンなどのデニム素材とが同じように、性質上、

色落ち(退色・変色)などが起こることがあります。

また、デニムはコットンキャンバス素材ですので、カビ等も

生えることがありますので、いくつか対処法をご紹介します。

 

1.色落ち

元々の色が濃い目に染められた糸を使用し、織られている為、

どうしても色落ちが起きやすくなっています。

特に雨の日などは、ご使用の際の淡色のお洋服に擦れたりするでけで、

染料が落ちてしまったり、お洋服に色が付いてしまったりします。

ですので、雨の日など湿度の高い時は、なるべく触ったり、擦らないようにする工夫や、

合わせるお洋服もなるべく濃色のものをオススメします。

また、普段使われているお化粧品等の中にアルコール成分が

含まれている物(除光液、マニキュア、香水など)と接触すると

色落ちがしやすいため、避けるようにした方が良いです。

 

2.カビ対策

どうしても湿度の高い日本だと、保管時にカビが生えたり、

カビ臭が付いたりとダメージが付きやすいのが辛いですよね。

基本的に、保管の際は風通しが良く、高温、多湿になりやすい

場所を避けて保管して頂くのがベストです。

詰め物として新聞紙など湿気を取るものを入れて頂くのも

良い手段ではありますが、

モノグラムデニムの内張りはマイクロファイバーで、

柔らかいのが特徴ですので、優しく詰めて擦れ等が起こらないよう

工夫して頂く事をお願いします。

 

また、保管する前に一度干して頂く事もオススメしますが、

干す場合は、直射日光や高温の場所を避けて、

涼しく、風通しの良い所で陰干しを行ってください。

高温や直射日光で、変色、退色することがありますので、

干す際も少し気をつけていただければと思います。

 

 

ちょっとデリケートな面もありますが、

全部が本革の製品と比較したらお手入れは楽々♪

少し気を遣えば長くお使いいただけるので、

ぜひ参考にしてみてくださいね°˖☆◝(⁰▿⁰)◜☆˖°

 

 

在庫確認や状態確認は、お気軽にお問い合わせください。

下のバナーからお電話がつながります

◆商品詳細

ブランド名:LOUIS VUITTON【ルイ・ヴィトン】

型番:M95614

商品名:ジッピー・ウォレット

素材:モノグラム・デニム ライン

カラー:ブラック系

ランク:USED-A

シリアル:CA0068(2008年製)

サイズ:W19.5×H10×D2.5cm

付属品:布袋

店頭販売価格:\122,800(tax in)

 

 

在庫確認や状態確認は、お気軽にお問い合わせください。

下のバナーからお電話がつながります

◆最後に

いかがでしたか?

今回は、ルイ・ヴィトンの人気再熱中のライン

「モノグラム・デニム」のお財布についてご紹介致しました。

ジッピーウォレット自体は当店でも非常に人気の高いアイテムです。

特に人気再熱中のモノグラム・デニムラインは、

既に廃盤になっている為、なかなか新品では手に入りません。

その為、中古店でも売れ筋の商品となっています!

 

購入を検討されている方は、是非お早めに♪

商品についてどんなことでもお問合せ下さいね(*´з`)✌

また、この記事をお読みいただき「欲しくなった」と

思って頂いた方がいらっしゃったら幸いです😻

オンラインショップにも掲載予定なので、

そちらもぜひご確認頂ければと思います(‘ω’)ノ

ではまたお会いしましょう👋

 

更にヴィトンの情報を知りたい方はこちらのブログでチェック👀!!

ヴィトンのコインケースにはどんな種類がある?新入荷のアイテムもご紹介♪★☆【愛知・岐阜の質屋かんてい局】【北名古屋】

 

【ご来店される皆様へお願い】

新型コロナウイルス感染予防の為、

以下の内容のご確認・ご協力をお願い致します。

・ご入店の際はアルコール消毒・マスクの着用をお願い致します。

マスクを着用していないお客様の販売コーナーへの立ち入りはお断りさせて頂きます。

・質、買取コーナーに関してもアルコール消毒を行って入って頂きますが、マスクは極力着用の上でご来店をお願い致します。

大変恐縮ではございますが、ご理解とご協力をよろしくお願い致します。

かんてい局公式のYouTubeチャンネルを開設しました!

商品の紹介や鑑定士ならではの話が満載です\(^o^)/

下記のバナーからアップロードしたものが見られますので是非ご覧ください。

ページトップへ戻る

MENU