質屋かんてい局は岐阜・愛知の質、ブランド品売買の専門店です

代表TEL:小牧店(営業時間10:00~19:00 )

0568-68-8998 お問い合せ

茜部店のお知らせ

太陽の光と呼ばれるマベ真珠!魅力をお伝えします!【茜部】

皆様こんにちは。
かんてい局茜部店のブログをご覧頂きありがとうございます。

以前、真珠(パール)の4大種類について書かせて頂きました。
4大種類の真珠(パール)の他にも有名なマベ真珠がございますので、本日はそちらをご紹介してきます。
・真珠(パール)を検討中の方
・マベ真珠について知りたい方
・デザイン性のある真珠(パール)をお探しの方

にぜひ読んで頂きたいです。
よろしければ最後までお付き合いください!

☟真珠の4大種類を詳しくご紹介しているブログはこちら☟

真珠(パール)の種類や品質を見極めるポイント!ご紹介します!【茜部】

 

☟お電話での問い合わせはこちら☟

真珠(パール)の4大種類、その他人気真珠(パール)

真珠(パール)の種類は大まかに分けるとアコヤ真珠淡水真珠白蝶真珠黒蝶真珠4つの種類が有名かと思います。

真珠(パール)と言ってもさまざまな種類があります。
一説によると、世界中に貝の種類は10万種類あると言われていて、真珠(パール)の種類もまた10万通り考えられることになります。
ですが、真珠(パール)にとって大切な美しい色と輝きと言う点では限られた種類の貝だけが真珠(パール)を作ることができるということです。
そしてアコヤ真珠淡水真珠白蝶真珠黒蝶真珠の4大真珠以外にも人気があるのがマベ真珠です。

アコヤ真珠が「月の雫」と称されるのに対し、マベ真珠は「太陽の光」と例えられています。

☟買取メール査定も行っております!是非ご利用下さい!☟

マベ真珠とは


出典(https://amamipearl.com/mabepearl/)

貝の大きさが約25cmほどのマベ貝から取れる真珠(パール)です。
マベ真珠の大きさは約13~15mmを中心に約10~20mmくらいの大きさが多いです。
生産地は、香港、台湾、インドネシア、日本です。
日本では、奄美大島で主に養殖されていて、奄美大島で採れるマベパールは最高ランクと言われています。

半径が主流の理由

出典(https://amamipearl.com/mabepearl/)

一般的に「マベ真珠」というと、半径真珠を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?
マベ貝は、真円の真珠を作ることが難しく、その為半円の核を貝殻の内側に貼り付けて半径の真珠を作ります。
半径が主流の理由は、貝の内臓の構造がアコヤ貝などと異なるために丸い角を鍾乳して作るのが難しいと言われていますが、近年では養殖技術が向上していることにより真円のマベ真珠も少量ですが産出されています。

半径真珠はマベ真珠だけではない!

半径真珠は白蝶真珠や黒蝶真珠でも作られていることもあります。

マベ半径真珠をお探しの際や半径真珠のジュエリーを購入される際には、母貝が何かを確認して頂くことが大切です。

マベ真珠の魅力

4大真珠とはまた違った良さのあるマベ真珠の魅力お伝えします!

①美しい光沢

マベ真珠の最大の魅力は、独特の美しい虹色の光沢です。
数ある真珠(パール)の中で一番美しい輝きを放つと言われています。
真珠層に入った光は幾重にも重なった結晶のそれぞれの面で反射します。
そしてそれらが重なったり合わさったりし、真珠表面に美しい虹色の干渉色が現れます。
真珠(パール)の中でも、一番薄い結晶で構成される真珠層を持つのがマベ真珠。
真珠(パール)の美しさの決め手、干渉色は、結晶が薄く規則正しく並び、厚い真珠層を作ることで強く出るため、マベ真珠の真珠層には、最も見事な虹色が出るのです。

②カラーが豊富

出典(https://amamipearl.com/mabepearl/)

カラーも物により様々で、淡いピンク系、青みがかった虹色系、ゴールド系、メタリックのようなグリーン系など…マベ真珠ならではのナチュラルなカラーがあります。

世界に2つと同じ色がない、この神秘の発色は他のどんな真珠も持ち合わせない、まさにマベ真珠の魅力です。

③サイズが大きい

出典(https://amamipearl.com/mabepearl/)

通常の真珠(パール)と違い、大粒なのが魅力です。
半円ではありますが、大きなパールを作る事ができジュエリーのデザインの幅が広がります。
サイズが大きくなるほど生産するのが難しく価格も高くなります。

④形が豊富

出典(https://amamipearl.com/mabepearl/)

主流の半円の他に、マーキス形(楕円の先が尖った形)、ハート、ドロップ(涙形)、オーバル(楕円)、勾玉のこの6種類があります。
養殖する際に核を入れますが、入れる核を変えることによりいろんな形のマベ真珠ができます。
どの形が価値があるという事は無く、着用する方の好みになります。

マベ真珠の選び方

やはり真珠(パール)はテリですよね。
マベ真珠も艶、テリの強いものを選ぶのが良いです。

形は、均一にぷっくりとしているドーム型のシェイプがおすすめです。

日本が誇るジュエリーブランド、TASAKI【タサキ】のマベ養殖半径真珠のペンダントトップです。

ご存じの方もいらっしゃるかもしれませんが、TASAKI【タサキ】は1954年創業で日本国内の真珠(パール)の生産や加工販売はトップクラスの実力を持つブランドでとても有名です。

☟お電話で在庫を確認することも可能です☟

実際に着用してみて、大振りで存在感もあります。

なにより光の当たり具合で見え方が変わる虹色のカラーがとても綺麗です。

カラーがとても綺麗なのと、デザイン性のあるペンダントトップですので、シンプルでカジュアルな服装に合わせたいと思いました。

そしてかなりカラーが綺麗なのでこの状態を保てるのが理想的です。

以前パールの簡単なお手入れ方法をご紹介しておりますのでよろしければそちらもご覧ください!!!

☟パールの簡単なお手入れ方法はこちらから☟

真珠(パール)の簡単なお手入れ方法・保管方法!ご紹介します!【茜部】

☟その他真珠(パール)の商品はこちらからご覧いただけます☟

最後に

いかがでしたでしょうか。

アコヤ真珠などの4大真珠(パール)も魅力的ですがマベ真珠にもまた良さがあり、マベ真珠は冠婚葬祭向けではないですが普段使いに使って頂けるお洒落なデザインの物が多いです。

カラーや形、サイズも種類豊富ですので、好みのマベ真珠を見つけてみてください

 

かんてい局のYouTubeチャンネルが出来ました!

こちらでしか見れない情報や、ブランドのマル秘知識等についてをご紹介しております!!

まずは、見てみて下さい!宜しければチャンネル登録もお願いします!!

☟Youtubeチャンネルはこちらから☟

 

ページトップへ戻る

MENU