質屋かんてい局は岐阜・愛知の質、ブランド品売買の専門店です

代表TEL:小牧店(営業時間10:00~19:00 )

0568-68-8998 お問い合せ

茜部店のお知らせ

真珠(パール)の簡単なお手入れ方法・保管方法!ご紹介します!【茜部】

皆様こんにちは。
かんてい局茜部店のブログをご覧頂きありがとうございます。

当店で真珠(パール)を販売する際にお客様からお手入れ方法を聞かれることがありました。
長く使えるものだからこそ、できるだけ綺麗な状態を保ち保管したいと思いますよね。
そこで今回は真珠(パール)が劣化する原因と簡単なお手入れ・保管方法をご紹介します。

この記事は
・真珠(パール)の劣化する原因を知りたい方
・真珠(パール)のお手入れ方法を知りたい方
・真珠(パール)の保管方法を知りたい方

にぜひ読んでいただきたいです!!
真珠(パール)の種類や品質を選ぶ際のポイントをご紹介しています!
ぜひこちらもご覧ください!

真珠(パール)の種類や品質を見極めるポイント!ご紹介します!【茜部】

☟お電話での問い合わせはこちら☟

真珠(パール)はデリケートな宝石

ダイヤモンドやルビー等他の宝石と比較すると真珠(パール)は柔らかくかなり繊細な宝石です。
真珠(パール)は経年劣化すると聞いた事がある方もいらっしゃるかと思いますが、それは真珠(パール)が有機物だからです。
タンパク質や脂肪などのように、生物の体内でつくり出される物質の事を有機物と言います。
真珠(パール)は主に炭酸カルシウムタンパク質でできています。
その為炭酸カルシウムとタンパク質の弱点であるが真珠(パール)を劣化させてしまうということです。

☟買取メール査定も行っております!是非ご利用下さい!☟

貴金属査定フォーム

身の回りの劣化する原因になるもの

炭酸カルシウムとタンパク質の弱点が酸や熱と言いましたが一体何なのか。

普段の生活で真珠(パール)をつけるにあたって身の回りで気を付けた方が良いことををご紹介します。

①酸

真珠(パール)の90%以上が炭酸カルシウムで出来ています。
この炭酸カルシウムは、酸に触れると溶けてしまう性質を持っています。
一番身近なところですと、汗にも酸が含まれています。

ですので、使用後は拭くことが大切です。
また酸性の食品化粧品、香水なども真珠(パール)の劣化の原因となります。
肉や魚などのたんぱく質を含む酸性食品、果実や酢物等…食事や調理の際には真珠(パール)のアクセサリーに食品がつかないよう気をつける事も大切です。
また真珠(パール)のアクセサリーは化粧品などの化学薬品によって変色する可能性がありますので化粧やヘアセットなど全ての身支度を終えてからつける事をオススメします。

②光・紫外線

太陽の光に含まれる紫外線は、真珠(パール)の変色や色あせの原因となります。
太陽の光だけでなく、店内の強い照明や赤外線ヒーターなどにも注意が必要です。
特に、淡水真珠やブラック系の真珠(パール)の色素は光や熱に反応しやすいため、室内の照明に近い所などに長時間置いておくことは避ける事をおすすめします。

③高温

高温状態に置いておくと、真珠(パール)内部の水分が蒸発し、亀裂や断層が生じることがあります。

これが真珠(パール)の割れにつながる場合もあるので注意が必要です。
また、温度が高くなると真珠(パール)の成分の一つであるタンパク質が変質し、色味が変化してしまう恐れもあります。

④酸素(酸化)

空気中の酸素による酸化も、真珠(パール)が色褪せする原因です。
とくに、ブルー系の真珠(パール)は酸化によって色褪せしやすいので注意してください。

⑤水分

湿度が高い環境では、空気中の二酸化炭素が水分に溶けて炭酸となります。
最初の劣化原因でお伝えしたように、炭酸も酸性のため真珠(パール)のカルシウム成分を溶かしてしまいます。
また、水道水には殺菌のための塩素が含まれているので、水道水で布をぬらして拭いたり、洗ったりはせずできるだけ触れないようにすることが大切です。

劣化させない為のお手入れ・保管方法

劣化の原因となる5点をお伝えしましたがきちんとお手入れを行えば、母から娘、さらにその子供へと代々譲り渡して使うことができる素晴らしいものです。

とても簡単なお手入れ・保管方法ですので、ぜひ行って品質を保ち長く愛用して頂きたいです。

①使用後すぐにふく

使用後はクロスや柔らかい布で拭きとることが必須です。
すぐに拭き取ればほとんど問題ありません。
「着用後は、必ず拭く」ことを習慣づければ、長い間安心して使えます。
濡れた布で拭くと、真珠表面の水分が蒸発するときに、真珠層の中の水分を伴って蒸発します。

そうすると亀裂や割れに繋がる可能性がありますので亀裂や割れを防ぐために【乾いた布】を使って拭き取ってください。

②暗いところに保管する

収納する際は必ず日が当たらない暗いところで保管することをおススメします。
また真珠(パール)は他の宝石と比べて柔らかく、傷が付きやすい宝石ですので硬い宝石や貴金属と一緒に保管しない事も大切です。

上の写真のように専用の箱・ケースに収納して真珠(パール)のみで保管する事がおすすめです。
タンスなどにしまう場合は、防虫剤も避けて下さい。

③高温多湿をさける

高温も多湿も、ともに真珠(パール)が劣化する原因です。
高温にならない保管場所を確保し、湿気や空気を通さない密閉状態にして保管することが理想です。

当店おすすめ真珠(パール)商品!

普段使いや結婚式・パーティーなど華やかな場で活躍してくれそうなネックレスです。

こちらのおすすめポイントは、留め具の部分がクリップになっているので着脱が簡単な事と、自分の好きな長さ、お洋服によって長さを自由に調節できることです。

ネイルをつけている女性は、どうしてもネックレスの留め具がつけにくかったりしますよね。

私もネイルを付けているので、留め具が細かいジュエリーは苦戦することもあります。

実際つけてみて、こちらのネックレスは、留め具がクリップになっているのでかなりつけやすく長さ調節も自由なのでいろんなスタイルに合わせられるので長く愛用できそうだなと思いました。

 

☟お電話で在庫を確認することも可能です☟

☟その他真珠(パール)の商品はこちらからご覧いただけます☟

 

最後に

いかがでしたでしょうか。

着用後は、必ず拭くということを徹底すれば美しい状態を保つことができ長く愛用していただけます。

簡単なので真珠(パール)をお持ちの方、真珠(パール)の購入を検討されている方は是非やってみてくださいね。

 

かんてい局のYouTubeチャンネルが出来ました!

こちらでしか見れない情報や、ブランドのマル秘知識等についてをご紹介しております!!

まずは、見てみて下さい!宜しければチャンネル登録もお願いします!!

☟Youtubeチャンネルはこちらから☟

ページトップへ戻る

MENU