質屋かんてい局は岐阜・愛知の質、ブランド品売買の専門店です

代表TEL:小牧店(営業時間10:00~19:00 )

0568-68-8998 お問い合せ

茜部店のお知らせ

空前のブランドヴィンテージブームを牽引するシャネルが高騰している理由とは!?【岐阜・愛知の質屋】【茜部】

ヴィンテージのシャネルのバッグやアクセサリーが一段と加熱しているように感じます。

この記事ではシャネルとはどんなブランドなのかを知りたい方

シャネルのヴィンテージに興味がある方

その他ブランドのヴィンテージのアイテムの購入を検討されている方など

向けに記事を書いておりますのではぜひご参考にしてください。

数年前から若者のファッションリーダーが「バブル時代」のバッグやアクセサリーを使用している写真をSNSで発信をしているため、若者の間で人気を集めていましたが、最近は特にヴィンテージの価格が高騰しています。

中でも数年前からヒットしていた「シャネル」のヴィンテージが更に加熱をしています。

☟お電話での問い合わせはこちら☟

シャネルの人気が再燃している理由

上記でもお伝えしたようにヴィンテージの需要がかなり高まっている昨今。

では、なぜヴィンテージのものが好まれているのでしょうか。

その謎を解明していきたいと思います。

☟気になるシャネルのヴィンテージバッグの買取価格はこちら☟

 1.ヴィンテージ需要が高まった理由

ヴィンテージアイテムの価値は、希少性・その時代のデザインです。

その時代のデザインというのは、その商品が作られた当時のトレンドがデザインに反映されているということ。

ファッション界では20~30年周期でトレンドが繰り返す「リバイバル」という言葉があります。

リバイバルで需要が高まる当時のトレンドが今のデザインで作られ、世に出回りますがバブル期に流行ったようなデザインの物を今風にアレンジして発売しても、目新しさはありますが「オシャレだけど面白みがない」など意識がSNSなどで高まり、特に今の若者には当時の「ヴィンテージ」の需要が高まっているようです。

人と被らない・個性を主張したいという意識がぴたりとはまったのがヴィンテージ人気・需要が高まった理由の様です。

2.ヴィンテージ界不動の人気ブランド「シャネル」

需要の高まるヴィンテージ界で、不動の人気を誇るブランドがCHANEL【シャネル】です。

「ヴィンテージシャネル」と呼ばれ、バッグ・服・アクセサリー・靴等

シャネルを代表するアイテムの中で、1980年代から1990年代に製造・発表されたアイテムを「ヴィンテージシャネル」といいます。

ヴィンテージシャネルの最大の特徴は、既に古いモデル・デザインが故に逆にトレンドに左右されない、型落ちだ!と思われる心配がない、人と被らない、という点。

今発表されている現行のモデルのものだと、どうしても詳しい人からは「型落ちだ」とか「去年のものだ」と思われることがあります。

ですが「ヴィンテージ」であればそんなのは関係ありません!

「ダサい」ではなく「お洒落」「レトロ」「クラシカル」と捉えて、海外セレブがヴィンテージシャネルを求めたことが、SNSを通じて世界中に広まり、今日本でも若者やお洒落な人々の中でヴィンテージシャネルの人気が高まっているのです。

3.シャネルの品質の良さ

現在も脈々と受け継がれている「2.55」や「クラシックバッグ」をはじめ、シャネルのハンドバッグの製作には裁断から仕上げに至るまで180もの工程があるといいます。

ココ・シャネルはバッグの外側だけでなく、内側にも同じぐらい美しい仕上げを施すことを信条とし、メゾンは現在でもそれに忠実にならっています。それはまるでバッグの中にもう一つのバッグを作るかのように、見えないところまで丁寧に仕上げられているのです。

このように、特別な想いを込められて作られるシャネルのバッグ。

1990年代のあまりの人気加熱ぶりを振り返ると、まるで量産品のようなイメージを持たれる場合もあるかもしれません。

ですが真実、当時のバッグ一点一点には今も昔も変わらぬシャネルの情熱が宿っており、丁寧にこの世に送り出されてきたものばかり。30年の時を経てもなお美しい状態を保つバッグが多くあることは、品質が優れていることの何よりの証です。

☟シャネルのアイテムはこちら☟

最近のトレンドについて

1.ヴィンテージについて

ヴィンテージ【Vintage】とは、家具・道具・服・バッグ・靴・アクセサリー・絵画・インテリアなどの品物が製造されてから25~100年未満経っているもの「ヴィンテージ」と呼びます。

「古いもの」というイメージはありましたが、ただただ古いだけでなく、年数が経ってより価値を増すものを指します。

元々ヴィンテージという言葉は「ワイン」の価値を表しているため時間の経過に伴って良さが増していくものを指す言葉となりました。

2.ヴィンテージとアンティークについて

では、ヴィンテージと同じように使われるアンティーク【Antique】についてお伝えしていきます。

アンティークとは、ヴィンテージと同様の品物について製造から100年以上経過している特に古いものを指します。

100年以上が経過し、更に美術的にも芸術的にも価値があるものを初めて「アンティーク」と呼ぶことができます。

ヴィンテージより少し基準が高いということですね!

アメリカで関税法という法律で明確にアンティークについて定めがあるそうなので、ヴィンテージよりアンティークの基準はかなり高いと思っていいと思います。

3.シャネル以外のヴィンテージについて

シャネル以外であれば「ルイ・ヴィトン」や「ディオール」「フェンディ」のヴィンテージが価格高騰しています。

特にディオールロゴがンモノグラム調に全面に並んでいるのが特徴的なこちらの「トロッターライン」は ネクストヴィンテージとして話題を集めています。

2001年の秋冬コレクションで発表され、瞬く間に人気に火が付き、その後はディオールの定番ラインとして多くの人に愛されてきました。

惜しまれながらも2006年に廃盤となってしまいましたが、その後も根強い人気を誇り、14年たった現在でもディオールと聞いたらこの柄をイメージする方は少なくありません。

また、トロッターラインの後継ラインとして【ロマンティックライン】というラインがございます。

ロマンティックラインはトロッターとは違い、フェミニンやエレガントの要素が加わることで大きく印象が変わっています。

ロマッティックラインもトロッターと同様廃盤となりましたが、

現在は、Diorでトロッターがリバイバルされていることから大注目のアイテムとなっているのです。

まとめ

現行モデルよりリーズナブルに手に入るシャネルのヴィンテージバッグは、その価格差を考えれば同じ予算でシャネルのアクセサリーやジュエリー、腕時計などにも手が届くため、賢くトータルコーディネートを楽しみたい女性にはかなりおすすめしたいアイテムです。

かんてい局茜部店には、その他ブランド品のヴィンテージのお品がございます。

探されているアイテムや気になる物、こんなものないかなー?といったご質問がございましたらお気軽にお問い合わせください!

☟お電話での問い合わせはこちら☟

かんてい局のYouTubeチャンネルが出来ました!

こちらでしか見れない情報や、ブランドのマル秘知識等についてをご紹介しております!!

☟Youtubeチャンネルはこちら☟

ページトップへ戻る

MENU