質屋かんてい局は岐阜・愛知の質、ブランド品売買の専門店です

代表TEL:小牧店(営業時間10:00~19:00 )

0568-68-8998 お問い合せ

春日井店のお知らせ

天然ルビーと人工ルビーの見分け方とは?判断出来る3つの方法!!天然ルビーの基準や価値についても解説!!【春日井】

【2021.2.20追記】

皆様こんにちは!!質屋かんてい局春日井店です!!

今回は天然ルビーと人工ルビーの違いについてお話しさせて頂きます。

 

世に出回っているルビーには天然の物と人工的に作られた物の2種類があります。

今回はその違いについてお話しさせて頂きます。

商品についてのご相談や、買取についてのご相談も大歓迎です。お気軽にご相談ください。

☟☟☟どのようなご質問でもOK☟☟☟

ルビーについて

ルビーは紅玉とも呼ばれ、ダイヤモンドに次ぐ硬度を誇る石です。

コランダムという鉱物の変種で、主にミャンマー、スリランカ、タイ、ベトナム、カンボジアを原産地とします。そもそもコランダムとは鉱物の一種で、酸化アルミニウムの結晶からなります。

その中で、結晶に不純物イオンが付着して、変色を起こします。元々、コランダムは無色透明です。そのコランダムの中で赤色の物をルビー青色の物をサファイヤと呼びます。

【天然ルビー】   【天然サファイヤ】

そもそもルビーとサファイヤが同じ鉱物だなんて驚きですね。透明の物から、不透明な物まで存在し、色味や透明度でも査定価格が変わって参ります。

 

ルビーや色石のアクセサリー等をお持ちで、価格が気になる物がある場合は、下記バナーよりメール査定をお送り下さい!!

写真を一枚お送り頂くだけでお持ちの商品の価格を知る事が出来ますよ!!

☟☟☟手間いらずで簡単査定☟☟☟

貴金属査定フォーム

天然ルビーと合成ルビーの違い

①紫外線(ブラックライト)に当てる

分かりやすい見分け方としては、紫外線(ブラックライト)を照射してみる事です。天然のルビーは淡く光る程度なのに対し、人工のルビーはブラックライトを当てた時にとても強く輝きます。

【天然ルビー】   【人工ルビー】

ブラックライト自体は雑貨屋や百円ショップ等でも売っているので、簡単に確認するのであれば、この方法が最も簡単ですね。(※ブラックライトを直視するのは非常に危険ですので、使用の際はご注意下さい)

②カットが左右対称かどうか

2つ目の見るポイントとしては、カットが挙げられます。

天然ルビーの場合は、色味と美しさ・大きさを最も重視する為、カットにはあまりこだわりません。左右非対称になるという事ですね。

左右対称にカットする事も出来ますがそうするとかなり小さい物になってしまいます。

それに比べて人工ルビーは左右キッチリと対称になっている物が多いです。これは、大きさにはこだわらず、美しさだけを意図的に意識した合成物ならではの特徴と言えます。

写真の物は天然ルビーになり、微妙に左右非対称にカットされております。

と言ってもパッと見ただけでは分からない程度の物になりますので、気にしない方も多いですね。

③ルビー内包物の有無

見分けは難しいですが、ルビーに含まれる内包物でもある程度判断する事が可能です。

天然ルビーは、やはり自然で精製された物なので、中に不純物があります。

それに比べて人工ルビーは人工的に作られた物なので、当然ながら内包物が少しもありません。要するに不自然な程不純物が無く透明です。

ただこれは肉眼ではかなり見づらい物になります。

10倍ルーペを使用して見ないとなかなか見づらい物になりますし、天然ルビーでも内包物がほとんど無い、という物も稀にあります。

ただそういったものは極めて高額になり、何千万円クラスの物になりますので、世に出回る事はあまり無いですね。

こちらに関しては店舗等で直接お聞きして頂くのが一番かもしれません。

加熱処理してあっても「天然ルビー!?」

天然ルビーと人工ルビーの違いについてお話しさえて頂きましたが、実は「天然ルビー」とは、全く手を加えられていない物という訳ではないのです!!

もちろん非加工のルビーは天然ルビーとして認められますが、そういった物は世に出回っているルビー製品の1割以下しかありません。

他の9割以上の天然ルビーは「加熱処理」をされています。

これは色を鮮やかにし、より綺麗に見せる為の方法で、世界中で行われている物になります。「より美しく」を追い求めた結果になり、宝石職人の方のこだわりが見える部分でもありますね。

また、この基準は「宝石鑑別団体協議会」で認められている方法なので「加熱」と書かれている物であっても安心してお求めください。

天然ルビーと人工ルビーの価格差

天然ルビーと人工ルビーでは価格も雲泥の差があります。

1カラット大の天然ルビーであれば、ある程度は販売価格で数十万から、色や透明度が良ければ数百万円で取引されている物も出てくるかもしれません。

しかし人工ルビーの場合は、1カラットでも数百円から数千円。

比べるべくもない程の価格差があります。

 

逆に言えば大きいカラットの物が安く買う事の出来るので、細かい部分は気にしない!!という事であれば、天然にこだわる必要はないかもしれません。

よく「人工ルビー=偽物」という認識をされる場合が多いですが、私個人としてはそうは思いません。

人工ルビーの中でも質の良い悪いもありますし、「良い物を安く買う事が出来る」という事でもあります。

天然と人工では用途が違うと考えてもらった方が良いかもしれませんね。

人工だからと言って粗悪な物という訳ではありませんので、お客様の希望に合わせて使い分けて頂くのが一番だと思いますね。

かんてい局で販売しているルビージュエリー

①K18イエローゴールド ルビーリング

素材:K18イエローゴールド/ルビー0.79ct/ダイヤモンド0.44ct


サイズ:約14.0号


重量:6.6g


価格:72,800円


大きなルビーとダイヤを埋め込んだ豪華な一本です!!オーバル型のルビーがひときわ目を惹くアイテムですね。

ソーティングという簡易的な鑑別書も付属しておりますので、品質は保証させて頂きますよ!!

②K18Pt900イエローゴールド ルビーリング

素材:K18イエローゴールド/ルビー0.54ct/ダイヤモンド0.02ct


サイズ:約11.5号


重量:3.3g


価格:41,980円


こちらもワンポイントのルビーにダイヤをあしらった一品。

先程の物よりも小ぶりな物になり、価格も抑えられたものになります。

小ぶりながらルビーの存在感は先程の物にも引けを取りません!!

③K18 イエローゴールド ネックレストップ

 

素材:K18イエローゴールド/ダイヤモンド0.52ct/0.22ct/ルビー0.48ct


サイズ:横×縦:約2cm×3.5cm


重量:9.0g


価格:62,980円


オウム型のペンダントトップのアクセサリーになります。ガラスケースの中にダイヤとルビーが内包されており、独創的なアイテムになります。

他の人と被りたくない方にはオススメのアイテムです!!

最後に

最後までお読みいただきありがとうございます。

今回は天然ルビーと人工ルビーの見分け方についてお話しさせて頂きました。

市場価格としてはやはり天然の物の方が高いですが、人工ルビーでもルビーに変わりはなく、物としては同じものになります。

もしお持ちのルビーで天然か人工か気になる物があれば喜んで鑑定させて頂きますので、是非一度お気軽にご相談ください。

☟☟☟どのようなご質問でもOK☟☟☟

☟下記のバナーからルビーの商品ご覧になれます☟

ページトップへ戻る

MENU