質屋かんてい局は岐阜・愛知の質、ブランド品売買の専門店です

代表TEL:小牧店(営業時間10:00~19:00 )

0568-68-8998 お問い合せ

春日井店のお知らせ

鑑定士が教える!!天然ルビーと合成ルビーの見分け方【愛知・岐阜の質屋かんてい局】【春日井】

皆さんこんにちは!!

今回は宝石についてお話し致します。

宝石と言っても、今回お話しするのは合成ルビーと天然ルビーの違い

についてになります。

ルビーと言えば、多くの人に愛されている大人気の宝石です。

鮮やかな赤色をした美しさが特徴の色石です。色々な装飾に使われる事も多く

知らない人はいない程の宝石です。

そんなルビーには天然の物と人工的に作られた物があります。

今回はその違いについて鑑定士よりお話しさせて頂きます。

商品についてのご相談や、買取についてのご相談も大歓迎です。お気軽にご相談ください。

☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟商品についてのお問合せはコチラ☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟

ルビーについて

ルビーは紅玉とも呼ばれ、ルビーに次ぐ硬度を誇る石です。コランダムという鉱物の変種で、主にミャンマー、スリランカ、タイ、ベトナム、カンボジアを原産地とします。そもそもコランダムとは鉱物の一種で、酸化アルミニウムの結晶からなります。その中で、結晶に不純物イオンが付着して、変色を起こします。元々、コランダムは無色透明です。そのコランダムの中で赤色の物をルビー、青色の物をサファイヤと呼びます。そもそもルビーとサファイヤが同じ鉱物だなんて驚きですね。透明の物から、不透明な物まで存在しますが、もちろん透明度の高い物の方が高価になります。

☟☟お持ちのアイテムがいくらくらいになるか、こちらで簡単に査定が出来ます☟☟☟

貴金属査定フォーム

天然ルビーと合成ルビーの違い

合成ルビーの特徴①

天然ルビーは、やはり自然で精製された物なので、中に不純物が少しはあります。それに比べて合成ルビーは人工的に作られた物なので、当然ながら内包物が少しもありません。要するに不自然な程不純物が無く透明です。また天然か合成かを知るうえで、一番簡単な見分け方はブラックライト(紫外線)を照射してみる事です。天然のルビーは、含まれる鉄分に反応して淡く光りますが、人工のルビーは綺麗に見せる為に、出来る限り不純物を取り除いておりますので、ブラックライトを当てた時にとても強い反応を見せ、とても鮮やかに光ります。

【天然ルビー】

【合成ルビー】

合成ルビーの特徴②

もう一つの特徴として、カットが挙げられます。天然ルビーの場合は、色味と大きさを最も重視する為、カットにはあまりこだわりません。それに比べて合成ルビーの裏側を見てみると、左右キッチリと対称になっているのが分かります。これは、大きさにはこだわらず、美しさだけを意図的に意識した合成物ならではの特徴と言えます。

最後に

今回は、ルビーの天然と合成の見分け方や違いについてお話しさせて頂きました。そもそも合成ルビーは天然にある物を人工的に作り出した物なので、光の屈折率や比重も天然の物と殆ど変わりません。もしお持ちのルビーで心配な物等があれば喜んで鑑定させて頂きますので、是非一度お気軽にご相談ください。

下記のバナーからルビーの商品ご覧になれます。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

ページトップへ戻る

MENU