質屋かんてい局は岐阜・愛知の質、ブランド品売買の専門店です

代表TEL:小牧店(営業時間10:00~19:00 )

0568-68-8998 お問い合せ

茜部店のお知らせ

10万円記念金貨の種類と価値は?買取価格が違う理由を説明します!【茜部】

日本で発行されている金貨には10万円金貨と呼ばれている記念金貨がありますが、本日は天皇陛下【御在位】60年記念10万円金貨天皇陛下【御即位】記念10万円金貨の2つの10万円金貨についてご紹介させて頂きます。

この2つの金貨は同じ額面でも価値はまったく違いますので、その理由についてご説明したいと思います。

投資や金貨に興味がある方は最後までお付き合い頂けると幸いです。

👇簡単査定はこちら👇

貴金属査定フォーム

記念貨幣とは

記念貨幣とは、世界各国で国家的な出来事を記念して発行される貨幣のことを指します。

また、シリーズ貨幣として文化遺産や野生動物等を主題とするものもあります。

その中で、日本の記念金貨としては最高額の10万円金貨と呼ばれている記念金貨が2種類あります。

2つの10万円金貨

①天皇陛下【御在位】60年記念10万円金貨

 

発行年:1986年(昭和61年)~1987年(昭和62年)発行


額面:10万円


重さ:20g


金性:K24(24金)


直径:30mm


表面:鳩と水


裏面:菊の紋章


1986年(昭和61年)と1987年(昭和62年)に、昭和天皇の在位60年を記念して10万円金貨が発行されました。

②天皇陛下【御即位】記念10万円金貨

発行年:1990年(平成2年)発行


額面:10万円


重さ:30g


金性:K24(24金)


直径:33mm


表面:鳳凰と瑞雲


裏面:菊の御紋と桐と唐草


平成天皇(現在の上皇)が天皇に御即位されたときに発行された記念硬貨です。

1990年(平成2年)に造幣局から発売されその発行枚数は200万枚です。

2つの10万円金貨の違いは?

どちらも10万円であり、純金製(24金)と額面と金の品位は一緒なのですが、2つの金貨には違うところがあります。

①天皇御在位60年記念硬貨は「20g」

※写真はブリスターパックに入ったままの総重量です。

②天皇陛下御即位記念硬貨は「30g」

※写真はブリスターパックに入ったままの総重量です。

現在の10万円金貨の価値は?

この2つの金貨を銀行に持っていき両替してもらうと、どちらも額面と同じ10万円との引き換えとなります。

しかし私たちのような「金(ゴールド)」を買取しているお店ですと金貨としてのプレミア価値をお付け出来るため、現在は10万円以上の価値をお付け出来ます。

2021年4月11日現在の買取価格

①天皇御在位60年記念硬貨の買取価格

120,000円


②天皇陛下御即位記念硬貨の買取価格

180,000円


天皇御在位60年記念硬貨はK24(純金)の買取価格が5,000円/1g

天皇陛下御即位記念硬貨はK24(純金)の買取価格が3,333円/1g

を切らない限り10万円以上の価値がありそうですが、金(ゴールド)相場が低い時は、10万円金貨は10万円の価値しかありませんのでご注意ください!

10万円金貨の買取価格は金相場も影響するため、買取価格は毎日更新されますので気になる方はお電話ください!

金相場とは

ではその金相場とは何なのか。

それは金の需要と供給の関係で決まる金の価格なのです。

市場で決まられた金の価格(金相場)によってすべての金製品の価格が左右されるのです。

出典:田中貴金属

金相場が変動する理由

金の価格が日々変わる理由は、ドルやユーロの価格の関係や米国経済状況の影響、原油価格とインド・中国の経済成長など海外のさまざまな理由があげられます。

社会情勢からなる需要と供給が理由となって価値が大きく変わるといわれており、日本国内でも円高の場合価格は下がりますが、円安の場合は価格が高騰します。

金は世界的に認められた実物資産なので価値が変わるとしても完全に無くなることがないことが世界中で積極的に金買取が行われている理由です。

コロナウィルス流行当初は非常に金の相場が上がり、一時過去最高金額を更新したほどです。

👇お電話での問い合わせはこちら👇

 K24とは

金の純度を表す単位で用いられる言葉ですが、日本では金(ゴールド)の純度はどうして「24分率」で表されるのでしょうか?

諸説あるようですが、かつて金(ゴールド)の取引単位がイナゴ豆24個分だったため、24が「純金」を表す単位として定着したという説や、1日が24時間であることから、24分率が一般的な単位として用いられはじめ、それが現在まで受け継がれてきたという説があります。

100分率が登場してから普及したプラチナや銀は、「Pt900」や「Silver925」というように、100分率をさらに精密にした1000分率で表記されています。

金(ゴールド)が1000分率で表記される場合、K24は999.9と表記され、これは、インゴット(延べ棒・金塊)によく用いられています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は日本の10万円金貨についてご説明いたしましたが、資産としてもご自宅などにおいてある方も多いと思います。

2020年8月7日に1g当り7,769円の史上最高を更新した事が話題となりましたが、金(ゴールド)は安全資産と言われており、このコロナ禍の状況でも安定した高い相場を誇っています。

世界中が金(ゴールド)に注目している時期でもありますので、手放されるなら「今」がチャンスかもしれません!

👇合わせて読みたい関連記事👇

金相場が高騰している今、プラチナはどうなのか?今後の相場を過去相場と比較して考察と予想をしてみた。【愛知・岐阜の質屋かんてい局】【茜部】

ページトップへ戻る

MENU