質屋かんてい局は岐阜・愛知の質、ブランド品売買の専門店です

代表TEL:小牧店(営業時間10:00~19:00 )

0568-68-8998 お問い合せ

買取実績を検索

ロレックスの116520白文字盤のデイトナの買取価格はいかに!?査定のポイントをご紹介‼【小牧】

店舗名 小牧店
商品名 116520/デイトナ
ブランド名 ROLEX【ロレックス】
買取価格 1,605,000円

116520/デイトナ 買取りについて

こんにちは!かんてい局小牧店の岩井です。

本日買取をさせて頂いた商品をご紹介致します。

Ref. 116520 デイトナ 白文字盤

116520は2000年に登場したステンレス製の2代目自動巻デイトナと呼ばれています。

2016年に「116500LN」が登場するまではこの116520がデイトナの定番と呼ばれていて、およそ16年も互い間製造されていたので、さまざまな仕様変更がありました。

その中でも分かりやすいのがクラスプ(ブレスレットの留め具)部分になります。

左の写真が新しいタイプで、右側が古いタイプのモデルになります。2008年からこのクラスプが新しく変更になりました。

新しいタイプに変更になったことで、強度が高くなり変形しにくくなりました。

買取価格ですと旧型に比べて新型の方が約10万円ほど高くなります。

査定のポイント

査定をするにあたって注目したポイントをご紹介致します。

①風防(ガラス)の傷の有無

時計は身に着ける物ですので、何処かにぶつけてしまったりすると傷が付きやすいです。

特に風防に欠けがあると(欠けの大きさにもよりますが)交換しなくてはいけなくなりますので、その修理代分が買取価格から引かれて買取金額が下がってしまいます。

モデルにもよりけりですが1~3万円程修理代としてかかってしまいますので、かなり大きく変わってきてしまいます。

②ルーレット刻印

ルーレット刻印とは文字盤と風防の間にある外周の立ち上がり部分(インナーリング)に彫られている刻印のことを言います。

ロレックスは偽造防止のために、2004年以降製造の新作モデルや、Z・M番のシリアルからインナーリングに「ROLEX」のロゴと、6時側にはシリアル番号が彫られるようになりました。

デイトナに限らず、同じモデルでもこのルーレット刻印が有るか無いかで年式が変わってきます。

最後に

最後までお読みいただきありがとうございました。

本日ご紹介させて頂いたポイントはほんの一部ですので、また別の機会に他のポイントもお話しさせて頂ければと思います。

ROLEXの時計は今買取価格が高騰しています。購入した時期やモデルによっては買った金額よりも高く売れる!なんてことも沢山ございます。

なお、付属品が付いているかどうかでも買取りの金額が変わってくる場合もありますので、新しい物に買い替えをご検討されていたり、手放されるご予定であれば付属品(特に保証書)もご一緒にお持ちいただくことをお勧め致します。

お見積りだけでも結構です!ぜひかんてい局小牧店を宜しくお願い致します<(_ _)>

ページトップへ戻る

MENU

その他買取商品