質屋かんてい局は岐阜・愛知の質、ブランド品売買の専門店です

代表TEL:小牧店(営業時間10:00~19:00 )

0568-68-8998 お問い合せ

買取実績を検索

ルイヴィトンのアンプラント、ジッピーウォレットが大人気、買取金額をお教えします!ブランド財布を最新相場で高く売るなら「岐阜の質屋かんてい局」【茜部】

店舗名 茜部店
商品名 M62121/ジッピーウォレット
ブランド名 【ルイヴィトン】
買取価格 85,000

本日、ルイヴィトンのM62121 ジッピーウォレットを買取させて頂きました。

有難う御座います。

ルイヴィトンの歴史

ルイヴィトンの創設は1854年。創設者であるルイヴィトンがトランク専門店を構えたのがブランドの発祥です。

日本の家紋からインスピレーションを受けて作った「モノグラムライン」と、市松模様からインスピレーションを受けた「ダミエライン」が代表的です。

現在ヴィトンからは様々なラインが誕生しておりますが、モノグラムやダミエの人気は変わらず、派生ラインも多く輩出しております。

ラインから分かるように日本とルイヴィトンは意外な関わりがあり、現在の日本ではそのデザインや価格帯から非常に人気の高いブランドとなっております。

M62121 ジッピーウォレット

アイコニックなモノグラム・パターンの型押しを施した、しなやかなモノグラム・アンプラント レザーのジッピー・ウォレットです。
洗練されたデザインが光る、ルイ・ヴィトンの最もアイコニックな財布の1つです。
取出しやすいラウンドファスナーと整理しやすい内装に仕上がっております。
クラッチバッグとしてもお使い頂けるスマートさと機能美も魅力です。

☟お電話でのお問い合わせはコチラ☟

☟ルイ・ヴィトンの買取り実績はコチラ☟

ジッピーウォレットの査定ポイント

 

①ファスナー持ち手の弱点

コチラのジッピーウォレットは通常のジッピーウォレットと比較すると、ファスナー持ち手の長いレザーが特徴的です。

オシャレで良いですが、コレがなんと弱点があります。

使用する事で長いレザーにクセがついたり、コバが傷みやすいです。使用で出来てしまうのは仕方ありませんが、使用せずとも保管の仕方によっては気付かないうちにファスナーレザーが押し潰れて状態が悪くなってることが有ります。

早い段階で手放される方が良いのかもしれません。

 

②財布の形状

今回お持ち頂いたジッピーウォレットを横から見てみると綺麗なフォルムです。

長財布なので使用する事で形状が変化する事が多いです。

私自身使用してる長財布も綺麗に使ったつもりが若干型崩れがあって残念でした。

その為、いかにフォルムが綺麗なまま保持してるかが高額査定のカギとなってきます。

③製造年月日

状態が綺麗なお財布といいえど製造から年数が経過していると経年劣化している可能性が高いです。

全く同じモデル、状態でも年数の違いで買取金額が変わる事も有り得ますので使わないと決めたら早期段階でお売りしましょう。

④コインポケットの中身の落とし穴

一見外見が綺麗なお財布でも実はコインポケットがちょっとという事も多いです。

そうなると勿体ないなあと思います。

実際に使ってなかったとしても先程も言いましたが経年劣化で状態が悪化する事も有ります。

外見だけで判断せず、しっかり細かいところまでチェックし、鑑定するのが私共の仕事です。

 

最後に

本日、ルイヴィトンのジッピーウォレットをご紹介しました。

ルイヴィトン定番のモデルで、種類も豊富です。

また、さまざまなクリエーターとのコラボをし、限定モデルも多数展開しております。

今回お持ち頂いた財布も未使用品で、MAXの査定金額を提示させて頂きました。

 

また査定自体は無料でさせて頂きますので、当日の相場が気になる方は是非一度かんてい局へお持ち下さい。

ページトップへ戻る

MENU

その他買取商品