質屋かんてい局は岐阜・愛知の質、ブランド品売買の専門店です

代表TEL:小牧店(営業時間10:00~19:00 )

0568-68-8998 お問い合せ

買取実績を検索

金相場以上の査定価格になる金無垢時計!ピアジェ 80564 ダンサーの査定ポイントをご紹介します!少しでも高く売りたいなら時計の買取実績豊富なかんてい局にお任せ下さい。【茜部】

店舗名 茜部店
商品名 80564/ダンサー
ブランド名 PIAGET【ピアジェ】
買取価格 350,000円

皆さん、こんにちは!

かんてい局茜部店です。

本日PIAGET(ピアジェ)の金無垢時計「ダンサー」を買取させて頂きました。

金相場が高くなっている近年では、金無垢の時計も例外なく中古相場が上がっております。

本日ご紹介させて頂く時計は金無垢ですが、金の価値以上の金額を付けることが出来ております。

今回はお品物の紹介と、その査定ポイントをいくつかご紹介させて頂きます。

☟お電話での問い合わせはこちら☟

ピアジェ ダンサー

スイスに本拠地を置く高級時計、ジュエリーブランドです。

1874年に開いた時計工房から始まり、その高精度のムーブメントを多くのブランドから求められる程広く知られることとなり、1943年に「ピアジェ」を時計ブランドとして商標登録し、時計ブランド「ピアジェ」が立ち上がりました。

その後1988年に企業グループ「リシュモン」の傘下となっております。

今回買取させて頂いた「ダンサー」は1986年に登場。

シンプルでありながら、金無垢の高級感も兼ね備えたピアジェの代表的なモデルです。

このダンサーでも分かるように、ピアジェは薄型時計が特徴的なブランドです。

査定ポイント

金の価値か、時計の価値か?

金無垢の時計を査定させて頂く際は、金の価格で見るか、時計としての価格で見るかの2択になります。

金を使用した時計は、裏蓋やブレス部分に金の刻印があります。

  

1.金としての買取となるケース

モデル自体がとても古くアンティークの時計となる場合の多くは、「金」としての買取となることが多いです。

アンティークの時計となるとメーカー自体が部品の生産を終了していることが多く、メンテナンスを行えないことがあり、その場合は中古相場が下がりますので金としての価値の方が高くなる可能性があります。

2.時計としての買取となるケース

先述したアンティークではなく、使用が出来るモデルである場合は時計としての買取となります。

今回買取をさせて頂いたダンサーは使用する上でも全く問題有りません。

金無垢の時計を製造しているブランドは、ほとんどが高級ブランドになりますので、アンティーク品以外は時計としての買取となります。

※アンティーク品でも時計としての価格となる場合もございます。

付属品の有無

時計の査定をさせて頂く際の重要なポイントとして挙げられるものは、付属品の有無です。

ちなみに本日は「本体のみ」のお持ち込みでした。

特に金額に影響を及ぼすものは「保証書(ギャランティカード)」です。

保証書はその品物を保証するものであり、再発行が出来ない書類になります。

私達が中古で販売をする際も、保証書があった方が販売に繋がりやすいこともあり、査定金額も高くなります。

保証書が無くても勿論買取は可能ですが、付属していた方が確実に高い査定金額をご提示できますので、ご自宅に付属品があるようであれば必ず一緒にお持ちください。

最後に

本日はピアジェの金無垢時計「ダンサー」をご紹介させて頂きました。

金無垢時計の査定金額は日々の金相場にも影響されますので、金の相場が高い今が売り時です。

アンティーク時計で修理が難しくなると査定金額も大きく下がる傾向にありますので、今後使用する予定が無い時計などございましたら、お早めにお持ちください!

かんてい局では無料で査定を行っておりますので、是非お気軽にお越しください!

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

☟時計の詳しい解説はかんてい局公式YouTubeチャンネルで動画でご説明しております!☟

ページトップへ戻る

MENU

その他買取商品