質屋かんてい局は岐阜・愛知の質、ブランド品売買の専門店です

代表TEL:小牧店(営業時間10:00~19:00 )

0568-68-8998 お問い合せ

買取実績を検索

かんてい局はシルバーも買取します!本日のSV1000【純銀製】銀杯の買取価格を大公開!【大垣】

店舗名 大垣店
商品名 銀杯
ブランド名 SV1000【純銀】
買取価格 1,800円

商品について

本日は純銀製の銀杯を買取りさせて頂きました。

ありがとうございます。

 

最近は銀製品の持ち込みも増えてきましたので、本日は銀(シルバー)について説明をしていきます。

①シルバーについて

ではまず堅苦しい説明から。

元素番号47番、元素記号【Ag】周期表では11族に属する金属元素です。

その手の勉強をしていないと知ることもない事ですが、実は銅と金と同じ種族の金属で、金属結合の径や融点が近いなど似た性質を持っています。

熱伝導性が高く、通電性もあり、展延性も優れているため金と同じように工業製品の回路や、アクセサリー、通貨にも使われたりします。

しかしシルバーは、金やプラチナと比べると埋蔵量自体が比較にならない程多いので、1g当たりの単価はそれほど高くはありません。

②銀杯に描かれている紋の意味

ちょっと蛇足ですが、今回買取した銀杯ではありませんが、多くの銀杯に描かれている紋様についてご紹介します。

多くの杯に描かれているマークは『五七桐花紋』といい、日本の国章として定められている紋様です。

このマークがあるという事は、国からその人への贈り物、という形になります。

ここに描かれる紋様は他にもあり、例えば警察の方の勤続何周年等の記念の場合、国章の代わりに警察のマークである旭日章が描かれています。

どういった事に対しての賞杯かで、ここに描かれる物が変わる、という事ですね。

査定ポイント

①純度

銀杯に限らず、貴金属製品であれば刻印されています。

金や銀、プラチナ等の場合は必ずどこかに、その貴金属がどの材質で、どのくらいの量が含有されているのかが刻印されております。

基本的どんなものでも刻印は小さく、目立たない場所に入れられている為、肉眼で発見するのは困難な場合もあります。

銀杯の場合は盃の底部分に刻印があります。

今回は「純銀」と言う刻印でしたが、他にはSV1000と言う刻印になっている場合もあります。

また「SILVER」と言う刻印も存在しますが、この刻印の場合純度が分かりませんので、低い純度での査定となります。

 

貴金属の刻印はこの表示方法以外の物も多くありますので、お持ちの貴金属製品等にこのマークが無いからと言って、その製品が不誠実な物というわけではありません。

②重量

シルバーも金やプラチナと同じく貴金属としての評価のため、基本的には重量を基準にして買取金額を算出します。

その為単純に考えて重ければ重いほど金額は高くなります。

最後に

シルバーは場所によって対応がまちまちでお店によっては買取を行っていないところもあるようです。

しかしかんてい局では金やプラチナはもちろんシルバーやパラジウムの買取も行っております。

日によって相場は変わりますので、その日の買取単価を知りたい方はお気軽にかんてい局にお電話ください。

ページトップへ戻る

MENU

その他買取商品