質屋かんてい局は岐阜・愛知の質、ブランド品売買の専門店です

代表TEL:小牧店(営業時間10:00~19:00 )

0568-68-8998 お問い合せ

買取実績を検索

ルイ・ヴィトンのメンズモデルの長財布は買取価格も高い!ジッピーウォレット・ヴェルティカルの査定ポイントをご紹介します!【買取実績】【茜部】

店舗名 茜部店
商品名 N63095/ジッピーウォレット・ヴェルティカル
ブランド名 【ルイヴィトン】
買取価格 42,000円

皆さん、こんにちは!

かんてい局茜部店です。

本日ルイヴィトンのメンズラインの財布、ジッピーウォレット・ヴェルティカルを買取させて頂きましたので、買取金額と査定ポイントをご紹介します!

定番のメンズライン ダミエ・グラフィット

ルイヴィトンを含め多くのブランドはメインがレディース向けとなっております。

ルイヴィトンの場合は、モデルの形状の他にもラインで棲み分けを行っており、今回ご紹介させて頂くラインはそのメンズラインの定番である「ダミエ・グラフィット」です。

ダミエラインは市松模様のようなラインで、ルイヴィトンの中でも大人気です。

2006年に城を基調としたダミエ・アズールが誕生し、2008年にはメンズラインとして黒やグレーを基調としたダミエ・グラフィットラインが誕生しました。

ルイヴィトンの中でもはっきりメンズと分けられたものは少なく、メンズラインのアイテムに需要が集まり中古市場でも高い相場をキープしております。

☟お電話での問い合わせはこちら☟

ジッピーウォレット・ヴェルティカル

ルイヴィトンの財布の中で最も定番であるモデルの一つ「ジッピー・ウォレット」。

ラウンドファスナーが特徴的なモデルですが、その名前を冠したメンズ財布が今回のヴェルティカルです。

ジッピーウォレットと比べて幅が狭いため、ポケットにも入れやすくスタイリッシュなデザインが人気のポイントです。

ヴィトンのメンズ財布は、ラウンドファスナータイプである「ジッピーウォレット・ヴェルティカル」と、2つ折りの長財布である「ポルトフォイユ・ブラザ」の2つが定番となります。

それぞれ優れた機能性を備えておりますが、今回ご紹介するヴェルティカルはファスナーがあることで中身がこぼれることもなく安心です。

また少々多めにカードやレシートを入れても、壊れないような強度も備えております。

ただ膨らんだままにするとその形状で癖がついてしまうので、査定の際にはマイナスポイントとなります。

査定ポイント

今回査定をさせて頂いた際のポイントをご紹介します。

状態(使用感)

査定を行う際に最も重要なポイントがお品物の状態です。

バッグや財布などの査定の際は、ほとんどの場合状態によって査定金額が大きく左右します。

使用感ってなに?と思う方もいらっしゃると思いますが、わかりやすく言うと「使用する中でついてしまう傷や汚れ」のことを指します。

では具体的にどのような部分でわかるのか、いくつかご紹介させて頂きます。

1.表面部分

表面は手やバッグ内など様々なな部分に触れることから、傷や汚れが付きやすいです。

ヴィトンのほとんどの製品はレザーの表面に塩化ビニールコーティング加工を施しておりますので、比較的汚れや傷には強いです。

しかし全く傷つかないというわけではありませんので、普段からの扱いには少々の注意が必要です。

2.金具部分

金具も手で触れる機会が多い部分であり、周りと触れる機会の多い部分です。

特にファスナーなどによって傷がついてしまうこともあり、ついてしまった傷は落とすことができませんので、使用感としては比較的わかりやすい部分でもあります。

3.角部分

角部分も他の部分と同様に、傷がつきやすい部分です。

角部分の場合は擦れることによって、コバの処理が剥がれたり、いずれは糸がほつれてしまったりすることもあります。

角部分も表れやすい部分ですので、使用頻度や使用方法によっては大きくマイナスとなってしまうこともあります。

☟ブランドバッグ、お財布の査定フォームはこちら☟

バッグ査定フォーム

4.カード入れ部分

ルイヴィトンは全体にレザーを使用しておりますので、カードも複数枚入れても問題ない強度があります。

しかし1つのポケットに何枚もカードを入れてしまうと、レザーが伸びてしまいますので形状の癖がついてしまいます。

開いてしまったポケットは少し目立ちますので、査定の際にはマイナスポイントとなりやすいです。

5.小銭入れ部分

小銭入れは汚れが最も付きやすい部分です。

小銭単体であれば表面の汚れだけかもしれませんが、小銭が複数枚入っていることがほとんどですよね。

小銭同士で触れあって生まれる鉄粉が小銭入れの中で汚れとして付着してしまいます。

長い間使用しているものだと、真っ黒になっていることも少なくありません。

しかし汚れに関しては、マイペットなどの洗剤で落とすことも可能です。

水分を多く含みすぎると小銭入れの膜が剥がれてしまう原因にもなりますので、掃除の際にも優しく拭くなどの注意が必要です。

他にも「ルイヴィトン」をなぜ高く買取出来るのか?についてご紹介している記事もありますので、気になる方は下記を参考にしてみてください。質預かりはこちら

最後に

本日はルイヴィトンのジッピーウォレット・ヴェルティカルの買取についてご紹介させて頂きました。

今回お伝えした査定ポイントはバッグや財布などの買取で共通する部分です。

使用感によって大きく査定金額が変わりますので、売ることをお考えであれば使用方法にも少し気を使った方が良いかもしれませんね!

今自分がお持ちであるアイテムの価値が知りたい方は、店舗にて実際にお品物を拝見してすぐに査定金額をお伝えすることができますので、お気軽にお越しください!

査定自体は無料で行っておりますので、ご安心して頂ければと思います。

みなさまのご来店を心よりお待ちしております!

ページトップへ戻る

MENU

その他買取商品