質屋かんてい局は岐阜・愛知の質、ブランド品売買の専門店です

代表TEL:小牧店(営業時間10:00~19:00 )

0568-68-8998 お問い合せ

買取実績を検索

ヴィトンの定番長財布、ポルトフォイユサラの買取価格はいかに!!【小牧】

店舗名 小牧店
商品名 M62157/ポルトフォイユサラ
ブランド名 【ルイヴィトン】
買取価格 25,000円

この記事ではルイヴィトンの財布【ポルトフォイユ・サラ】の買取価格や査定ポイントについてご紹介しております。

売却をご検討されている方は是非ご参考下さい。

下記バナーにて簡単に金額のお見積りをだせます。

👇売りたい方はこちらをタップ👇

バッグ査定フォーム

ルイヴィトンについての問い合わせはこちら

👇ご不明な点はこちらをタップ👇

ポルトフォイユ・サラとは

ヴィトン定番のお財布と言えば『ジッピーウォレット』とこちらの『ポルトフォイユ・サラ』になります。

こちらの『サラ』はホック開閉式になり、カードポケット×10、お札入れ×2、オープンポケット×1、ファスナー式小銭入れ×1の仕様になり、人気の高いお財布になります。

ラインも様々あり自分好みの物が探せるところも魅力です。

ではなぜ本日買取させて頂いた『サラ』の買取金額が25,000円になったのかをご説明させて頂きたいと思います。

👇ルイヴィトンアイテムの販売ページはこちら👇

買取査定ポイント

続いては買取価格を決める査定ポイントをご紹介させていただきます。

👇ルイヴィトンの買取実績はコチラ👇

①状態

1つ目の査定のポイントは「状態」になります。

特にこちらのアズールというラインは、白を基調としている為汚れが目立ちやすいラインになります。またこちらのラインは、長い間使用されず保管しているだけでも黄色っぽく変色してしまう事もあります。しかし本日買取させて頂きましたサラはとても綺麗で変色などもありませんでしたので、マイナス査定にはなっておりません。

②型崩れ

2つ目の査定ポイントは「型崩れ」になります。

フラップ式になり、ホック式になる為フラップ部分が変形しやすい形のお財布になります。またよくあるのが、カードケースの入り口付近が開きやすくなり、劣化もしやすい部分になります。

こちらのお財布は、カード入れ部分に多少の開きがありましたが、フラップ部分には型崩れなどなく大きなマイナス査定にはなっておりません。

③旧型

3つ目の査定ポイントは「旧型」という点になります。

定番ラインになると長い間販売されているものになり、マイナーチェンジが行われる場合があります。こちらの『サラ』ももちろんマイナーチェンジをしており、新しい形のサラは後ろにポケットが増えたり、カードポケットが16枚に増えたりしております。またフラップ部分がまっすぐの形状から三角のフラップに変わっている為、こちらのサラは旧型という事が分かります。

角スレなどもなくとても綺麗な状態のお財布ですが、新型の方が好まれて買われる方が多いため多少買取金額はマイナスとなっております。

まとめ

本日はヴィトンの定番人気の『ポルトフォイユサラ』の買取のポイントについてご紹介させて頂きました。

使わないけど売るのはもったいないと思って眠らせている場合は、『型崩れ』や『型落ち』になってしまう場合があり、買取金額も下がってしまう為、使わない場合は早めに売れらる事をオススメします。もちろん査定だけでも無料ですので、今の相場がいくらなのか、型落ちしてしまう物なのかなどを調べておくのもいいかもしれません!!

皆様のお越しをお待ちしております。

ページトップへ戻る

MENU

その他買取商品