質屋かんてい局は岐阜・愛知の質、ブランド品売買の専門店です

代表TEL:小牧店(営業時間10:00~19:00 )

0568-68-8998 お問い合せ

春日井店のお知らせ

ルイ・ヴィトンのN51994【ジェロニモス】新旧モデルの区別の仕方を徹底解説!使い勝手がよく人気の高いウェストポーチをご紹介いたします!【春日井】

【2021年4月3日追記】

こんにちは!!かんてい局春日井店です♪

本日はルイ・ヴィトンのN51994「ジェロニモス」というバッグを紹介させて頂きます。

今回の記事の内容としては、

ルイ・ヴィトンのジェロニモスってどういうバッグか?

・使い勝手や使い方はどのような感じか?

・新旧の詳しい解説

・相場や買取価格について

上記の構成でお話しさせて頂きます!

ジェロニモスに興味がある方や買取を考えられている方は、是非この記事を参考にしてみて下さい。

 

ルイ・ヴィトンのジェロニモスってどういうバッグ?

ジェロニモスは2000年前半に発売された、ダミエラインの人気のボディーバッグです。

「ジェロニモス」の由来はスペインの街にちなんで名付けられており、手軽にブランドバッグを持って出かけられるという魅力を持ったアイテムです。

サイズは横が20cm、横が12cm、マチ(幅)が5cm程となっており、非常にコンパクトサイズとなっております。

貴重品を入れて持ち運びをしたいという男性の方に、高い支持を得ています。

デザインもスタイリッシュでシンプルで飽きない作りのため、1つあると重宝するでしょう。

人気あるモデルですが、2018年頃に廃盤となっており、現在はルイ・ヴィトンで新品を購入する事はできません。

普段使い出来るブランドバッグとして、ヴィトンの中でも知名度が高いモデルです。

 

使い勝手や使い方について

ジェロニモスはコンパクトサイズで、軽装なスタイルによく似合いますので、ファッションにも取り入れやすく夏場はシャツ1枚でコーデするのもオシャレですね。

ただ、デメリットとしてはサイズ的に長財布が入らない為、2つ折り財布等、財布もコンパクトなものを使用しなければ厳しいでしょう。

メリットは身軽に持っていく事ができる、ボディバッグやウエストポーチとして使用できるため両手がフリーに使える所ですね。

 

ジェロニモスの種類(変更点)について

ジェロニモスは2000年~2018年頃まで製造されていたと書きましたが、その間にマイナーチェンジが実は3回行われています。

外観はほとんど違わないですが、細かな仕様が異なってきますし、中古相場も違ってきますので自分に合った仕様のものを選びましょう。

モデルチェンジは使い勝手がよく工夫されていて、人によっては好みが違うので新旧モデルをわかったうえで購入すると便利に使用できます。

次に具体的にどこがどう違うのか?を解説していきます。

 

新旧の詳しい解説

では、ジェロニモスはどのように変更されたのか?を解説いたします。

細かな違いになりますが、微妙に使い勝手等が変わってきますので、参考にして頂けたらと思います。

外観の見た目はどのモデルも同じになりますので、変更点があった箇所のみお伝えします。

細かい見方はそれぞれのマイナーチェンジを見れば判断できますが、シリアルナンバーが初期(2000年代)のものであれば初代のモデルという事が分かります。

 

初期モデル

初期の仕様

・金具の取り外しができず、一体化になっている

・ベルト部分に金具が付いている

・中生地のカラーが朱色

・ポケットがマジックテープ式開閉

・ファスナーがWファスナー

特徴

初期モデルは金具の取り外しができない仕様になっています。

ベルトの調節機能はありますが、ウェストポーチ、ボディバッグとして使用するときはそれぞれ頭から被るようにしなければなりません。

 

中期モデル

初期モデルからの変更点

・金具の取り外しができるようになった

中生地のカラーが濃い赤色

特徴

初期モデルからの変更点は少なく、違いは分かりにくいですが大きな変更点としてはベルト金具の取り外しが可能になった事で、装着しやすくなりました。

 

最終モデル

中期モデルからの変更点

・ベルトの金具が無くなり、軽量化された

 

・ファスナーがダブルからシングルに変更

・バッグ背面ポケットのマジックテープ仕様ではなくなる

・中生地のカラーがブラウンに変更

特徴

・中期モデルから変更点はかなり多く、外観でもファスナーがシングルになった事や、内側の素材のカラーがレッドからブラウンに変更された事など、比較的大きく変更されています。

ベルトの金具が1つ減ったことにより軽量化され、外側ポケットもマジックテープが無くなったため実用性が高くなりました。

 


変更点は以上となりますが、やはり実用性は新型(最終モデル)ジェロニモスが一番高いように思います。

ですが、価格帯としても新しいもののほうが高くなりますので、そこは財布と相談をする必要があります。

次にジェロニモスの買取相場について解説いたします。

 

 相場や買取価格について

では、N51994「ジェロニモス」の買取相場についてお伝えいたします。

2021年4月の相場になりますので、売却される年や月によって変動する場合がございます。

状態は「USED-B~USED-A」を基準にしていますので、こちらも状態によって値段が変動しますので参考程度にして下さい。

初期モデル

30,000円~45,000円

中期モデル

35,000円~50,000円

最終モデル

40,000円~60,000円


近年、ウェストポーチ等のコンパクトバッグの需要が高くなっており、廃盤、現行品関わらず、相場が高くなっております。

こちらのジェロニモスも、3~4年前は最終の新型ジェロニモスの状態が良いものでも30,000円~40,000円程が平均の買取価格でした。

もし使わなくなったジェロニモスをお持ちで売却を考えられている方は、是非参考にして頂けたらと思います!

【メールで簡単査定!ジェロニモスの買取価格を知りたい方はコチラ👇】

 

春日井店のジェロニモスの在庫

続いて、今現在春日井店にあるジェロニモスの在庫を紹介いたします。

それぞれ、状態が異なりますので詳しくはオンラインショップの商品ページをご覧ください!

 

製造年数:2004年

状態:USED-B

販売価格:78,980円

 

製造年数:2004年

状態:USED-B

販売価格:68,980円

製造年数:2004年

状態:USED-A

販売価格:72,980円

 

最後に

今回はルイ・ヴィトンのN51994「ジェロニモス」の使い方や種類、買取価格についてご紹介させて頂きましたがいかがでしたでしょうか?

廃盤となっており現在では正規店で購入する事ができないモデルと伝えましたが、デザインは全く古臭い感じが無く、まだまだこれからも長く愛用できるバッグですね。

買取の方も強化しておりますので、売却予定の商品等ございましたら是非当店までお越しください!

スタッフ一同お待ちしております。

 

ページトップへ戻る

MENU