質屋かんてい局は岐阜・愛知の質、ブランド品売買の専門店です

代表TEL:小牧店(営業時間10:00~19:00 )

0568-68-8998 お問い合せ

細畑店のお知らせ

【ルイヴィトン】得したい人必見!今高く売れるラインを特別に公開!!【細畑】

こんにちは!かんてい局細畑店です!

突然ですが、ご自宅に昔お使いになっていた

ブランドバッグが眠ってはいませんか!?

当時の流行に乗って購入したブランドバッグも

時代と共に使わなくなった・・・(´・ω・`)

という方も少なくないと思います。

 

そのバッグ、そのまま眠らせておくのは

もったいないかもしれません!!

今回は大人気ハイブランド

LOUIS VUITTON【ルイヴィトン】

昔と比べて買取価格が上がっているライン

をご紹介していきます!!

■ヴィトンのバッグを売りに出そうと考えている方

■ご自宅に使われていないヴィトンのバッグがある方

■買取価格が上がってきているラインをお知りになりたい方

■買取価格が高騰した理由をお知りになりたい方

■実際の査定価格をお知りになりたい方

などにオススメの内容となっております。

ぜひ、最後までお付き合いください(*‘∀‘)✨

 


かんてい局のルイヴィトンの商品

こちらからご覧頂けます!

ぜひチェックしてください!!💻👀

↓クリックでオンラインショップへ↓

ヴィトンの売却をお考えの方は

こちらもご覧ください☟

 

【LV編】今売ると得をするライン3選

今回は約10年前(2010年頃)の買取相場と比べて

今(2021年7月)、買取価格が高騰しているライン

をご紹介していきます!

①モノグラム・マルチカラー

ラインの誕生:2003年~2015年頃(廃盤)

マルチカラーは世界的デザイナー

『マークジェイコブス氏』と、同じく世界で

活躍する日本が誇るデザイナー『村上隆氏』

によるコラボレーションでうまれたコレクション

です。それまではお馴染み『モノグラム』

『ダミエ』など、ブラウン調のシックで落ち着いた

印象を受けるアイテムが多く発売されていましたが、

今までのルイヴィトンの印象を覆すようなポップで

明るい『マルチカラー』は革新的なデザインとして

話題を集めました。

色は『ブロン(白地)』『ノワール(黒地)』の2色展開

で、同じラインでも見た目の印象がかなり変わります。

見た目が今までのヴィトンと比べてポップなので

「カジュアル過ぎて取り入れづらい・・・」という方

にはお財布など小物類から取り入れてみるのも

オススメですよ♪

⇩LVのモノグラム・マルチカラーはこちらから⇩

②モノグラム・デニム

ラインの誕生:2006年~2011年頃(廃盤)

上記にもある『マルチカラー』と一緒で、こちらも

ハイブランドとして有名なルイヴィトンの中でも

比較的カジュアルなデザインのラインです。

また、モノグラム・デニムを手掛けたのも

『マークジェイコブス氏』です。

元々はヴィトンの限定ラインとして登場していましたが、

発売当初からコーディネートに合わせやすいカジュアルな

デザインが人気を集め、多くのファンを獲得しました。

その結果、モノグラム・デニムは後にルイヴィトンの

定番ラインに加わることとなりました。

モノグラム・デニムはモノグラムが織り込まれた

(ジャガード織り)デニム地にブリーチとストーンウォッシュ加工

を施し、ヴィンテージ感を演出しているのが特徴です。

ストーンウォッシュ加工・・・ジーンズの中に石を入れて

ワッシャーで洗う加工のこと。ジーンズの表面を古着の様な

風合いにすることが可能です。

カラー展開も豊富で、定番『ブルー』を初めとし、

『ノワール(黒)』

『フューシャ(ピンク)』

※お取り扱いがなく、画像がありません💦

『リケン(緑)』

など様々です。定番ライン化したのは『ブルー』のみ

ですが、コアなファンからはその他のカラーも

好まれています。

また、2007年には『モノグラム・デニム・パッチワーク

が登場し、一味違ったモノグラム・デニムが多くのファン

を魅了しました。

その他にもモノグラム・デニムのラグジュアリーコレクション

や、有名デザイナーとのコラボレーションから生まれた

コレクション『モノグラム・デニム・レイエ』など

様々なコレクションが誕生しています。

⇩LVのモノグラム・デニムはこちらから⇩

③モノグラム・キャンバス

①、②と紹介をしてきましたが、ここへ来て意外なライン

だったのではないでしょうか(*’▽’)

ルイヴィトンをいえば言わずと知れたラインですね。

ただ、一口にモノグラム・キャンバスと言っても

全ての商品が昔の買取価格と比べて高騰している

わけではありません。

ではどのアイテムの買取価格が高騰してきているのか(‘;’)??

それは『2000年頃に流行ったバッグ(モデル)』です。

例を挙げると定番モデル『アルマ』『スピーディ』などです。

アルマ

丸みのある形が特徴の、女性らしいバッグです。

『アルマ』という名前の由来は本店があるパリの

セーヌ川に架かっている橋の名前からとられたと

言われています。

ラテン語で『恵み』を意味し、女性たちの

「こんなバッグがあったらいいな」という願いを

叶えるべくして作られました。

ショルダーストラップもついているので、

ショルダーバッグとしてもお使い頂ける、

使い勝手の良いバッグです。

⇩LVのアルマはこちらから⇩

スピーディ

1930年代に旅行用バッグを日常でも使いやすい

様、コンパクトに改良したのがスピーディです。

(※発売当初の名前は『エクスプレス』)

シンプルで落ち着いたフォルムは多くのファンの

支持を獲得し、60年代前半から旅行用の

ボストンバッグからシティバッグとして日常でも

使われるようになりました。

かの有名なハリウッド女優オードリーヘップバーンが

今でいう『スピーディ25』をスペシャルオーダーした

ことも、スピーディをより広く認知されるようになった

1つではないでしょうか。

⇩LVのスピーディはこちらから⇩


↓お問い合わせはこちらをタップ↓

 

買取価格が高騰した理由

調べてみると、昔と比べて2倍近く買取価格

が上がっているライン又はモデルがある

そうです👀!

なぜそこまで買取価格が上がるのか?

筆者と弊社の鑑定士の考えを交えながら

ご紹介致します。

 

1⃣現行品(新品)の定価が上がっている

まず大前提に、ルイヴィトンの現行モデルの

定価が昔と比べてかなり上がっています。

実際、店頭に来られるお客様も「高くなったね」

とおしゃっているのをよく耳にします。

■現行モデルの定価が高くなるとどうなるのか?

「バッグ1つに高すぎる!」となり諦める方も

いらっしゃると思いますが、それでも「ヴィトンの

バッグが欲しい」という方がとる次のアクションは

『中古品から探す』だと思います。

今はネットが普及し手軽に商品を検索できる時代

なので、とても簡単に買い物ができます。

そうして、中古市場の需要が高まるにつれ、

中古に出回るヴィトンの一部の商品の価格が高騰し、

それに伴い買取価格が上がっていったと考えられます。

その価格が高騰した一部の代表格が先程ご紹介した

①~③のラインになります。

 

2⃣オールドファッションの流行

その時代の背景を象徴するように、いつの

時代も『流行』というのは存在します。

ただ、近年よく耳にするのは

『流行は1周する』という言葉です。

昔着ていた服が今また流行りだしている

という現象が皆さんのまわりでもあった

かもしれません。

今、ヴィンテージ感のあるファッションが

若い世代にヒットし、注目されています。

そうしたことから、現代のコーディネートにも

合わせやすい『モノグラム・デニム』は中古市場

でも人気があります。

また、他ブランドにはなりますが、『GUCCI』

『FENDI』などもオールドファッションの流行

と共に一部のラインの価格が高騰しています。

様々な理由はあると思いますが、

その背景には海外の有名インスタグラマーが

オールドグッチやズッカなどを上げたこと

から人気に火がついたとされています。

影響力のあるインフルエンサーがSNSに商品を

上げるだけでトレンドをつくる程の時代に

なってきたのが伺えますね👀!

3⃣一般の方の販売経路の増加

ここまでネットが普及していなかった時代は、

ブランドバッグを売ろうとした場合、相場など

何も分からないままとりあえず中古店に

持っていこうという感覚だったと思います。

今ではフリマサイトが多く開設されているので

一般の方(鑑定士ではない方)でも簡単に出品する

ことができます。また、サイトを開けば

同じ商品がいくつも検索に上がり、価格を比べる

ことも当たり前のようにできるので、自然と

その商品の販売価格の相場が分かってきます。

 

例として挙げると、

◤このバッグについてイマイチ詳しくなかった

から¥30,000で販売しようと思っていたけど、

サイトで調べてみると、大体相場は¥60,000

だったから\55,000で販売しよう!◢ 

といったように、自分でしっかり付加価値を

つけられるようになります。

こうしたことからも、結果的に中古市場の

買取価格の相場が高騰することに繋がります。

 

4⃣ずっと変わらないデザイン

ヴィトンのロングヒット商品の例として

先程もご紹介した『アルマ』『スピーディ』

などは発売されてからずっと人気のある

ブランドのアイコン商品です。

こうした根強い人気を有するモデルは

この先10年後も人気である可能性が高いため、

比較的高価買取されることが多いようです。

 


↓お問い合わせはこちらをタップ↓

 

実際に査定してみました

10年前と比べて買取価格があがっている

ヴィトンのバッグがあるということを

説明させて頂いてきました。

ではここで!!

実際にこの【状態】【モデル】でいくら

になるのか(‘;’)??をお伝え致します!

鑑定士の見ているポイントも含めてご紹介

しますので、ぜひ参考にしてみて下さい!!

 

①M92647 アルマ /モノグラム・マルチカラー

ランク:B(6)

▶使用感があり、傷や汚れなどあるが

使用上問題のない商品

【状態】

■型崩れ

■ヌメ革全体的にヤケ、シミ

■ファスナー布地部分シミ

■バッグ内少々古いニオイあり

■角スレ

■金具くすみ・キズ

■バッグ内キレイです

 

鑑定士の見るポイント👀

■ヌメ革のシミ

■内側スエードのスレ

■外側スレによる色褪せ

 

【査定結果(※2021.07時点)】

¥90,000

ちなみに、10年前の買取価格は

¥40,000位が相場です。

なので、2倍程、買取金額が上がっています!

 

②M95018 フラットショッパー /モノグラム・デニム

ランク:AB(7)

▶使用感はあるが、程度の良い美品

【状態】

■金具小キズ

■少々角スレ

■ヌメ革部分スレ、キズ

■デニム部分スレ、少々汚れ

■持ち手キズ、汚れ

■バッグ内嫌なニオイなし

■ポケットファスナー開閉問題なし

 

鑑定士の見るポイント👀

■ヌメ革のシミ

■内側スエードのスレ

■デニムのスレ、ほつれ

 

【査定結果(※2021.07時点)】

¥100,000

ちなみに、10年前の買取価格は

¥40,000位が相場です。

当時、それ程広い層に人気はなかった為、

買取価格は低かったそうですが、今では

なんと2.5倍です👀!!

 

まとめ

いかがだったでしょうか!

ヴィトン自体そもそも値落ちしにくい

ブランドではありますが、昔と比べて2倍

近く買取価格が上がっているラインやモデル

があることを知って頂けたかと思います!

 

もしご自宅に使われていないブランドバッグ

がございましたら一度査定されてみてはいかが

でしょうか(*’ω’*)??

思わぬ査定結果になるかもしれませんよ✨

 

ただ、この時期ですので外出は避けたい

という方もいらっしゃるかと思います。

そんな方はぜひ『メール査定』をご活用

下さい!!

写真を撮って送るだけで簡単査定!

↓メール査定はこちら↓

バッグ査定フォーム

また、当店ではご融資も行っております!!

商品を手放したくないけどお金が必要、、、!

という方はこちらをご利用ください♪

↓質預かりのご案内はこちらをタップ↓かんてい局質ページについてはこちら

 

最後に

かんてい局細畑店ではルイヴィトンの商品

多数お取り扱いしています。

下記バナーからすぐご覧頂けます!

ぜひチェックしてください

↓オンラインショップはこちらをタップ↓

細畑店からのお知らせ

かんてい局では、

・警備員によるアルコール消毒、検温実施。

・ご来店の際はマスク着用が

 必須となります。

 着用していないお客様の入店は

 お断りさせて頂きます。

大変恐縮ではございますが、

お客様ご自身の為、

従業員の為にもご協力を

よろしくお願い致します。

★YouTubeはじめました★

現在、ロレックスやオメガ、

珍しい時計を中心に動画を

配信しております。

ここでしか聞けない

コアな内容も御座います!!

時計が好きな方にはたまらない

そんな内容となっております。

⇩⇩⇩チャンネル登録お願いします!⇩⇩⇩

ページトップへ戻る

MENU