質屋かんてい局は岐阜・愛知の質、ブランド品売買の専門店です

代表TEL:小牧店(営業時間10:00~19:00 )

0568-68-8998 お問い合せ

小牧店のお知らせ

【ロレックス】2020年新作発表における旧型グリーンサブマリーナーの買取相場と新旧の違いについて【愛知・岐阜の質屋かんてい局】【小牧】

【2020年12月20日追記】

こんにちは。

かんてい局小牧店です。

本日のブログでは2020年に新作が発表されたサブマリーナー/126610LV(通称グリーンサブ)

の買取相場と新旧についてお話をさせて頂きます。

正規店では非常に手に入りにくいモデルという事もあり、中古市場では定価以上の価格で取引がされているのが当たり前となっております。

そんなサブマリーナーについて書かせて頂きますので、

・グリーンサブが欲しいけど新作か旧作どっちを買おうか悩んでいる方

・新作と旧作の違いが分からない

・旧型、新型のグリーンサブを売りたい

なんて方は是非こちらのブログをご覧になって頂き今後の参考にして頂けたらと幸いです。

もしブログ内でご不明な点ありましたら、以下のバナーをタップで鑑定士と直接電話が出来ますので、なんでもお気軽にお問い合わせください。

もちろん、売っている価格や売りたい価格(買取価格)の相談でも結構ですのでお気軽にタップしてください!

☟鑑定士直通の電話番号はこちら☟

24時間受付!簡単メール査定はこちら!

もしお電話でお話を聞く時間が無いって方や、手っ取り早くお持ちのグリーンサブの価格を知りたい!!

という方はこちらのバナーをタップして頂けましたら数分で完了する、【簡単メール査定】もご利用いただけます!

☟ブランド時計の査定フォームはこちら☟

時計査定フォーム

メールにてお持ちのお時計の画像等を入力して頂くだけとなっておりますのでお時間が無いときや、営業時間外の際にはぜひこちらをご利用ください。

 

ロレックス サブマリーナー(グリーンサブ)について

本題に入る前に、まずはグリーンサブについて少しお伝えさせていただきます。

初代グリーンサブ(16610LV)は2003年にサブマリーナー誕生50周年を記念して発表されました。

こちらは文字盤がブラックで、ベゼルにはロレックスのコーポレートカラーのグリーンを採用したモデルで、その後2010年に登場したモデル116610LVは、ベゼル・文字盤共にグリーンカラーとなっています。

初代グリーンサブは、製造期間が2003年~2010年と短い期間しか製造されていなかったため、廃盤となってしまった現在でも通常のサブマリーナー(116610LV)と比べて希少性が高くプレミア価格が付いています。

16610LVと116610LVの違いについては、下記の動画で詳しく説明をしておりますので気になる方は一度ご覧になってみてください!

ロレックス サブマリーナー(グリーンサブ)の 新型と旧型の違いについて

それでは、今回の本題となります、グリーンサブ(116610LVと126610LV)の新旧の違いに入らせていただきます。

2020年9月1日にロレックスの新作発表がありましたが、その中で今回ご紹介させていただくグリーンサブ116610LVが廃番になり、新たに【126610LV】が登場しました。

下記が新型グリーンサブになります。

まだ実物グリーンサブが店舗には入荷がしていない為、ロレックスの公式HPや、SNSの情報、126610LN/サブマリーナーを参考に旧型との違いを説明させていただきます。

※126610LNと126610LVではカラーリングの違いの為、少しでも参考になればと思います。

①ケースサイズの違い

グリーンサブに限らず、今までのサブマリーナーのケースサイズは40㎜が定番でしたが、今回の新型サブマリーナーのケースサイズは41㎜と少し大きくなりました。

ケースが大きくなった事で、視認性も高くなり、より実用性が増しました。

【旧型のサブマリーナー/116610LN】

【新型のサブマリーナー/126610LN】

②ラグの大きさの違い

ラグとは、腕時計のケースと一体となった、ベルト・ブレスを固定する部分ですが、新型サブマリーナーの方が旧型と比べてラグが少しスリムになりました。

また、ラグがシャープになった事で、ラグ幅が少し広くなり、ブレスも幅も広くなりました。

【旧型のサブマリーナー/116610LN】

【新型のサブマリーナー/126610LN】

③文字盤カラーの違い

こちらは変更と言うより、初代グリーンサブの復刻と言ったところでしょうか。

ダイバーズウォッチという事で、水中での視認性向上のため、グリーンからブラック文字盤に戻ったのではないかと推測されます。

④ムーブメントの違い

新型ムーブメントを搭載した事により、高い耐磁性・耐久性と、約70時間のパワーリザーブを実現しました。

ロレックス 116610LV サブマリーナー(グリーンサブ) の買取相場について

タイトルにもあるように、旧型の116610LVのグリーンサブは新作発表により買取相場が上昇しています。

2020年12月20日現在、かんてい局小牧店での買取価格は…

 

買取価格:1,500,000円~1,600,000円

※製造年数、状態、付属品、在庫状況によって価格は変動します。

となっております。

新作発表されたばかりの時よりも相場は落ち着いてしまってはいるものの、廃盤品という事もありまだまだ中古市場での需要は高く、高額で取引されていることが明確となっております。

※新型のサブマリーナーを売却したい、売りたいという方は以下のバナーよりお気軽にご相談、ご連絡を頂けたらと思います。

☟新型サブマリーナーのお問い合わせ、ご相談は以下のバナーをタップしてください☟

もし売りたい(売却)ということではなく購入をご検討されておりましたら、以下のバナーをタップして頂けましたらかんてい局にございます、ロレックス一覧をご覧頂く事が出来ます!

もしかしたらサブマリーナー以外にもビビッとくる商品があるかもしれないですよ!?

是非お時間がございましたらご覧になってみてください!

☟バナーをタップでロレックスの在庫が一覧できます☟

 

また、下記の動画にて、ロレックス新作発表後の中古相場についても配信しておりますので、是非チェックしてみてください!

これでお話は以上になりますが、上記内容でご不明な点がございましたら以下バナーよりお気軽にお電話を頂けたらと思います。

最後に

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

今回は、2020年新作発表における

・旧型グリーンサブマリーナーの買取相場

・グリーンサブの新旧の違いについて

ご紹介させていただきましたがいかがでしたでしょうか。

新作の登場から約3か月が経過しておりますが日々相場が変動していることも事実です。

今後の中古相場の高騰も期待出来る商品、モデルの一つだといえますのでこれからの動向から目が離せない商品ですね!

 

ページトップへ戻る

MENU