質屋かんてい局は岐阜・愛知の質、ブランド品売買の専門店です

代表TEL:小牧店(営業時間10:00~19:00 )

0568-68-8998 お問い合せ

小牧店のお知らせ

【実機比較】ロイヤルオークのフロステッドゴールドとステンレスモデルの違いは!?【小牧】

かんてい局小牧店です。

本日のブログはオーデマ・ピゲの中でも特に人気高いモデル

・ロイヤルオークについて

書かせて頂きます。

ロイヤルオークといっても今回は

・フロステッドゴールド

・ステンレスモデル

の二種類の違いは何かを比較しながらご説明させて頂きます。

購入を考えている方はもちろん

今お持ちのロイヤルオークを手放して、

別のロイヤルオークに買い替える方の参考になれば幸いです。

もしご不明な点がありましたら以下のバナーから直接お電話頂く事も出来ますので是非お気軽にお電話ください。

☟バナーをタップ☟

オーデマ・ピゲ ロイヤルオークとは

オーデマ・ピゲのロイヤルオークについて少し書かせて頂きます。

まずはAUDEMARS PIGUET【オーデマピゲ】についてですが、

オーデマ・ピゲといえば

ヴァシュロン・コンスタンタン

パテック・フィリップ

と並ぶ世界三大時計の一つといわれているブランドの一つになります。

そんなオーデマ・ピゲには、ロイヤルオークのほかにも

CODE 11.59

ミレネリー

ジュール

etc…

等のモデルがございますがその中でも特に人気の高いモデルといえば、今回ご紹介する【ロイヤルオーク】ではないでしょうか!?

そんなロイヤルオークが登場したのは1972年のバーゼルワールドにて発表された事が始まりとされております。

当時は今ほどの認知度、有名度はなかったそうですが、今では有名なデザイナー、ジェラルド・ジェンタがデザインしており今見ても非常に洗練された美しい仕上がりとなっております。

そしてこのケースとブレス一体型のデザインがなんとも言えないカッコよさがあります。

初代の発売からすでに50年ほど経過しているにもかかわらず根強い人気を誇っています。

【実機比較】ロイヤルオークの素材の違いについて

ではここから本題となりますロイヤルオークの

フロステッドゴールド

ステンレススチール

の両モデルどう違うのか実機を用いながらご説明させて頂きます。

もし違いを知りたいという方ではなく、

【買取価格を知りたい】

という方は以下のバナーをタップで24時間受付の簡単メール査定がございますのでご利用ください!

☟バナーをタップ☟

時計査定フォーム

では先に両モデルともスペックから解説致します。

14545BC.GG.1259BC.03 ロイヤルオーク/フロステッドゴールド

型番:15454BC.GG.1259BC.03

モデル名:ロイヤルオーク フロステッドゴールド オートマティック 37MM

ケース経:37mm

ケース厚:9.8mm

防水性能:50m防水

ムーブメント:Cal.3120

パワーリザーブ:60時間

15450.ST.OO.1564ST ロイヤルオーク/ステンレススチール

型番:15450.ST.OO.1564ST

モデル名:ロイヤルオーク オートマティック 37MM

ケース経:37mm

ケース厚:9.8mm

防水性能:50m防水

ムーブメント:Cal.3120

パワーリザーブ:60時間

となっております。

内部的なスペックに大きな違いはなく、どちらもCal.3120を搭載している為、60時間パワーリザーブになっております。

違いとしてはケースや見た目になってくると思いますので、見た目による違いを開設させて頂きます。

①ベゼルの違い

まず一つ目の違いは【ベゼル】です。

ご覧の様にフロステッドゴールドのロイヤルオークはベゼルがザラザラとしたつくりになっておりますが、

15454BC.GG.1259BC.03

それに対して、ステンレススチールのモデルのロイヤルオークはサテン仕上げとなっております。

15450.ST.OO.1564ST

②ブレスレットの違い

さて次の違いは【ブレスレット】です。

こちらもベゼル同様の違いになりますが、仕上げ方が異なっております。

15454BC.GG.1259BC.03

ベゼル同様にザラザラとした仕上げになっており、ベゼルに以上にザラザラ感が強く感じられます。

逆にステンレススチールのロイヤルオークは以下のように

15450.ST.OO.1564ST

サテン仕上げとなっております。

シンプルなつくりですが高級感も感じられる仕様となっております。

③重量の違い

外装による違いはここまでで、こちらが最後の違いになりますが、それは【重量】です。

フロステッドゴールドの方が重量感、重厚感は持つだけでもしっかりと感じられますが、

実際に重量を量ってみると、

フロステッドゴールドのロイヤルオークは193.6g

それに対して、ステンレススチールのロイヤルオークは

127.8gと少し軽くなっております。

手に持ってみてもこの違いは明らかで、金無垢特有の重量感も味わうことが出来ます。

番外編 オーデマ・ピゲの商品紹介

違いに関しては以上になりますが、かんてい局では今回比較させて頂きましたロイヤルオーク以外にもオーデマ・ピゲの在庫がございます。

26400SO.OO.A335CA

ロイヤルオーク オフショアクロノ

 

26400SO.OO.A335CA

ロイヤルオーク オフショアクロノ

特にこちらの二本は個人的にもお勧めのモデルです。

是非一度ご覧になってみてください!

最後に

最後までお読みいただきありがとうございました。

今回はロイヤルオークのフロステッドゴールドとステンレススチールの違いについてお話をさせて頂きました。

意外と共通点は多い中、一番の違いは重量感という結果になりました。

中古流通数も非常に少ない二本を並べて比較する事が出来うれしく思います。

随時商品の入荷がございますのでホームページ、オンラインストアをご覧になって頂けたらと思います。

ページトップへ戻る

MENU