質屋かんてい局は岐阜・愛知の質、ブランド品売買の専門店です

代表TEL:小牧店(営業時間10:00~19:00 )

0568-68-8998 お問い合せ

北名古屋店のお知らせ

【現役鑑定士直伝】中古でロレックスを購入する前に注意する4つのポイントとは?【北名古屋】

誰もが憧れる時計=「ロレックス(ROLEX)」

いざ購入しようと思うと、ボーナスが軽く吹っ飛ぶくらいの金額です。

そこで、現実的に考えると新品ではなく中古での購入を検討される方もみえるかと思いますが、現在中古ロレックス市場は大きな盛り上がりを見せており、中古販売価格は当時の定価を軽々と超えたプレ値(プレミア価格)が付いています。

その背景には、昨年11月に設けらた「購入制限」や、マイナーチェンジ新作発表による前モデルの廃盤(生産終了)などがあります。

上記によって、ロレックス人気に拍車がかかり、ロレックス正規店での新品購入が難しい状況になっております。

そのため中古需要も高まってきておりますので、今回のブログでは、中古でロレックスを購入する際に注意するポイントお伝えさせていただきます。

購入を検討されている方はご参考にしていただければと存じます。

☟☟在籍10年以上の鑑定士が在籍する『かんたん査定フォーム』はこちら☟☟時計査定フォーム

☟☟ロレックスに関するお問い合わせはこちらからどうぞ☟☟

中古でロレックスを購入する際に注意するポイント

コンディション(状態)

特にネットで購入する際は、商品の状態写真商品説明から細かくチェックしましょう。ショップで購入する場合、優良店であれば店頭に並べる前に「内部洗浄」や「外装研磨仕上げ」などが施されています。

長年オーバーホールがされていないと、後々10万円以上の修理費がかかるケースもあります。

また、ケース(本体)のキズはしっかり確認しておくと良いです。

特に12時側のベゼル部分に傷が付く事が多いので、写真や商品説明のコンディション内容に情報が無ければ店舗に問い合わせをして聞く事も一つの手です。

普段使いしていれば細かな傷はできますが、その程度なら研磨すれば消せるのであまり気にすることはありません。

ですが、強い衝撃による凹みなどの致命的な外傷は消せないので要注意です!

☟☟在籍10年以上の鑑定士が在籍する『かんたん査定フォーム』はこちら☟☟時計査定フォーム

☟☟ロレックスに関するお問い合わせはこちらからどうぞ☟☟

 

バックルの緩み、ブレスの伸び具合

まず、バックル(ブレスレットの留め金部分)の緩みについてお伝えします。

ロレックスのバックルの種類は主に「シングルロック」「ダブルロック」の2パターンが存在します。

シングルロック

ダブルロック

基本的にどちらも着用する際に「パチ」と留め具の音が鳴る状態が望ましいですが、長年愛用していくうちに、バックルを開ける時の勢いで、留める方向とは真逆の方向に力が加わり、留め金の噛み合いが悪くなり、「パチ」っと留まらなくなります。
古いモデルの時計に多く見受けられる症状ではありますが、留め金やピンが磨耗し、細くなる事により、バックルに緩みが生じてしまいます。

こちらの緩みが酷い場合や破損してしまっている場合は、ブレスレットを一式交換しなければいけません。そうなった場合、別途で費用が掛かる事、そして金無垢モデルの場合100万円以上修理費用が掛かりますので要確認です。

また、ブレスレットの伸びが酷い場合も一式交換が必要になってきます。

伸びとは、摩耗によってブレスレットが痩せてしまい、横に向けた際にブレスレットが垂れ下がってしまう現象です。

特に上記の様なジュビリーブレス(5連ブレス)は伸びやすい為、中古で購入する際は伸び具合の確認は必須です。

☟☟☟ロレックスの在庫情報は下記でチェック♪☟☟☟

年式

長年製造されてきたモデルは、その期間中に何度かマイナーチェンジされています。

例えば、ロレックスのデイトナ116520の製造期間は、2000年~2016年まで約16年間製造されてきましたが、その中で約10回マイナーチェンジが行われています。

一番分かりやすい例でお伝えすると、バックルの中板の仕上げ方によって同じ116520のデイトナでも相場が異なってきます。

梨地仕上げ

鏡面仕上げ

この場合、年式の新しい鏡面仕上げの方が価値としては高くなります。

このように、モデルによってマイナーチェンジ後で相場が大きく変わる個体がありますので事前のリサーチは必須です。

付属品の有無

次に付属品に関してですが、主にメーカー保証書(ギャランティーカード)の有無で相場が大きく変動します。

メーカー保証書(ギャランティーカード)

ネット等で「あれ?このロレックスの時計だけやたら安いな?」なんて疑問を持った方も多いかと思いますが、中古高級時計にはメーカー保証書は必須です。

個体によっては、5~10万円ほど相場が変わる事があります。

外箱、箱、取扱い説明書等は、フリマサイトなどで再購入する事が可能ですが、メーカー保証書は再発行ができません。

普段使いのために購入を検討されている方は、そこまで気にならないかと思いますが、コレクションや、投資として購入をお考えの方はメーカー保証書の有無は確認必須です!

また、細かい事を言うとメーカー保証書の新旧や、発行国でも相場が変わってきます。

☟☟在籍10年以上の鑑定士が在籍する『かんたん査定フォーム』はこちら☟☟時計査定フォーム

☟☟ロレックスに関するお問い合わせはこちらからどうぞ☟☟

最後に

今回は、中古でロレックスを購入する際に注意するポイントについてお伝えさせていただきましたがいかがでしたでしょうか?

なかなか文章だけでは伝わりづらいかと思いますので、下記動画にてエクスプローラーⅡを題材にマイナーチェンジをメインとしたロレックスの買い方、選び方を紹介しておりますので是非チェックしてみて下さい!

☟☟☟ロレックスの在庫情報は下記でチェック♪☟☟☟

 

 

ページトップへ戻る

MENU