質屋かんてい局は岐阜・愛知の質、ブランド品売買の専門店です

代表TEL:小牧店(営業時間10:00~19:00 )

0568-68-8998 お問い合せ

質屋ブログのお知らせ

ダイヤモンドの相場が下落していた!相場変動で質預かりの金額に影響するのか?【茜部】【質預かり】かんてい局

質預かりとは

いつもの様に長い文章を書こうと思いましたが今回はみなさんに分かりやすく価値を知って頂く為に省きます。

今回は今問われているダイヤの価値についてお話致します。

ダイヤの指輪のイラスト

詳しい質預かりの方法は下のバナーから他のぺージに飛んでください。

質預かり詳細についてはこちらをクリック

 

ダイヤモンドは価値が下がっているの?

■

現在プラチナの価格が下がっているというのは買取実績などでもお話させて頂いておりますが、ダイヤモンドも他人事ではありません。

しかし全部が全部コロナのせいでというわけではなく前からこれは懸念されておりました。

大暴落とはいきませんが今後ダイヤの価値はさがっていくというのが市場の見方です。

流れを見ていると今の内に手放しておいた方がいい物の一つかもしれません。

 

今迄ダイヤの高値が維持されてきた理由

 

ダイヤモンドの需要と供給のバランスによる価格の決定

ダイヤモンドの価格は需要と供給のバランスによりますがそのほぼ全てを独占しているのが「デビアス社」です。

ダイヤモンドの原石はデビアス社が主催する販売会(サイト)で、参加できる限られた権利を持つ企業(サイトホルダー)に販売されます。

販売されたダイヤモンド原石はサイトホルダーやカット業者によってカットされ市場に流通します。

需要に対して供給量が上回り市場にダイヤモンドがあふれるとその価値が下がり価格も下がってしまったり、逆に市場から極端に少なくなりすぎると価格が高騰してしまい一般消費者の手が届かくなったりといったことが起こらないようにデビアス社をはじめとした企業で供給量がコントロールされています。

このことからダイヤモンドの価値は保たれています。

つまり市場に流れる数をコントロールしてブランディング力だけで高価な物になってしまったのです。

 

そのブランディング力がなぜ崩れたのか

これは先程申し上げたデビアス社が人口ダイヤモンドを売り始めたのがきっかけです。

化学気相成長法という技術によって、物理的、光学的、化学的に、もはや天然か人工か区別がつかないダイヤモンドを製造されていると言われている現代。

その違いは、自然の中で数百年もの歳月をかけて生成されるか、ラボの機械で数週間で成長させるかの違いなのだと言われています。

この人工ダイヤの登場で天然ダイヤは価値が下がり始めてしまいました。

 

じゃあ今ダイヤ売らない方がいいの?

いいえ、そんなことはありません。

かんてい局には店頭販売と言う強みがあります。

全国に加盟店があり、国内外の多くの企業と取引をしていますので「様々な販売ルート」があります。

お買取した商品は、常に需要の高い場所で販売できる為、お客様からは高く買取が出来ます。

まだ今後価値が上がる事はないとは言い切れないので

手放してしまうよりは質預かりをおススメです。

 

こちらダイヤモンドが9.46ctあしらわれたネックレスです。

こちらご融資で 約16万円程

売却よりも長い時間かけて価格変動が戻る可能性を待つのであれば質預かりが良いです。

融資されたお金を戻せば自分の手元に戻せますので高くなった時に売却という方法もありますね。

最後に

「安い時に買い高い時に売る」というのは鉄則でよく聞く話ですが、

やはり時期を見るというのは大切です。

でもコロナの影響でそんなこといってられないのが今の現状ですよね。

そんな時は手放さず、またいつでも自分の手元に戻せる「質預かり」というシステムもあるという事を少しでも知って頂ければ幸いです。

ページトップへ戻る

MENU