質屋かんてい局は岐阜・愛知の質、ブランド品売買の専門店です

代表TEL:小牧店(営業時間10:00~19:00 )

0568-68-8998 お問い合せ

大垣店のお知らせ

ダイヤモンドを選ぶ時のポイントとは?4Cについても解説致します!【岐阜・愛知の質屋 かんてい局】【大垣】

皆さまこんにちは!

かんてい局大垣店です。

 

本日は宝石の王様【ダイヤモンド】について解説していきたいと思います!

プロポーズや記念日、自分へのご褒美として・・・など、ダイヤモンドは宝石の頂点として多くの人に愛されています。

ではどのように選ぶといいのでしょうか?

またダイヤモンドには【4C】という基準がありますが、これはどういったものなのか?

併せてご紹介をさせて頂きます。

 

・ダイヤモンドの購入を考えている人

・お持ちのダイヤモンドの価値が知りたい人

向けに解説致しますので、良ければ参考にしてみてください!

4Cとは

まず選ぶポイントをご紹介する前に【4C】について知って頂かないといけませんので、先にご紹介します。

4Cとは

・Carat(カラット)…重量

・Cut(カット)…輝き

・Color(カラー)…色

・Clarity(クラリティ)…透明度

の頭文字を取って【4C】と呼ばれています。

それぞれでダイヤモンドの評価がされています。

 

①Carat【カラット】重量

ダイヤモンドで一番聞き馴染みのある言葉ではないでしょうか?

略して【ct】と記載されている事が多いです。

 

よく大きさと間違える方がいますが、正しくは重量です。

1.0ct=0.200g

です。

大きくなればなるほど希少性は増しますので、価値も高くなっていきます。

小さいダイヤの集合でもカラットが使われますが、

1個で1.0ctと10個で1.0ctでは全然価値が違います。

 

②Cut【カット】輝き

ダイヤモンドの美しい輝きを決める基準です。

図が無くて申し訳ありませんが、上から入った光が反射して、また上に光が抜けていくようにカットされているものほど、価値が高くなります。

厚みがありすぎたり、逆に薄すぎたりすると、光が横に抜けてしまい、輝きが損なわれてします。

大きく見せるために薄くしてある物が多いので、注意が必要です。

 

③Color【カラー】色

ダイヤモンド自体の色味の基準です。

無色に近いほど希少性が増すため、価値が高くなっていきます。

カラーのランクはアルファベット順でDから始まっています。

Dランクが最高となっていますので、Dに近いほど価値が高いというわけです。

 

余談ですが、Dから始まっているのは今後D以上に無色の物が出てきたときにA~Cのランクを付けれるようにDからになっていると言われています。

生きているうちにCランクのものが出てきたら見てみたいですね。

 

④Clarity【クラリティ】透明度

ダイヤモンドの透明度ですが、ダイヤモンドが出来る際に不純物が混ざったり、傷がついてしまう場合があります。

これらの度合いを示しており、もちろん不純物や傷は無ければ無いほど価値は高くなります。

カラットが大きいのに安い場合はクラリティの評価が低い場合が多いので注意ください。

 

ダイヤモンドを選ぶ時のポイント

それでは本題のダイヤモンドを選ぶ時のポイントをご紹介します。

鑑定士目線での解説なので、基本的には自分が気に入ったものを買うのが一番いいと思います。

でも少しでもいい物が欲しい!という人に参考になればと思います。

まずはカットの部分に繋がりますが、ダイヤモンドといっても色々な形に加工されています。

基本的には【ラウンドブリリアントカット】になっている物を選びましょう。

多くの人がダイヤモンドと聞いて最初に思い浮かべる形のものです。

このカットが最も効率良く光が反射させられるカットな為です。

ハート型や楕円型などにカットされているものも多数ありますが、それはは一気に評価が低くなりますので、ご注意ください。

売ることを考えないのであればハート型は可愛くていいと思います。

 

次にカラットを気にする人が大多数だと思います。

もちろん大きければ大きいほど価値は高くなりますが、その分金額も高くなります。

またクラリティの説明でも触れましたが、カラットが大きいのに金額が安い場合はクラリティが低い場合がありますので、どちらをとるかによります。

そのため、私の結論的にはラウンドブリリアントカットで、4Cのバランスが良い物を選ぶのがオススメです。

ただカラーやクラリティに関しては肉眼ではわかりにくい基準にはなります。

そのためちょっとだけ見栄をはりたい人にはカラーとクラリティの基準を落として、カラットを大きくするのもいいかもしれません。

 

ちなみに私の個人的な話しをすると、プロポーズの際はカラットを小さくし、カラー、カット、クラリティが高い物を選びました。

小さい方が着けてもらえやすそうですし、着けてもたった時により輝いてくれた方が個人的に嬉しいのでそうしました。

 

最後に

本日はダイヤモンドの4Cについてと、選び方についてご紹介をさせて頂きました。

少しでも皆様の参考になったら嬉しいです。

またかんてい局ではダイヤモンドの買取もしております。

貴金属だけでなく、宝石の価値もしっかり金額に含まさせて頂きますので、売却をお考えの方は是非ご相談ください。

スタッフ一同お待ちしております。

ページトップへ戻る

MENU