質屋かんてい局は岐阜・愛知の質、ブランド品売買の専門店です

代表TEL:小牧店(営業時間10:00~19:00 )

0568-68-8998 お問い合せ

大垣店のお知らせ

ルイヴィトンの人気ライン「ダミエ」について♪定番“ダミエ・エヌべ”から“ダミエ・ソバージュ”までご紹介します【愛知・岐阜の質屋かんてい局】【大垣】

皆さんこんにちは!買取専門かんてい局大垣店です。

本日はルイ・ヴィトンの人気ライン「ダミエ・ライン」についてご紹介させて頂きます♪

ダミエと言えば、ヴィトンの顔とも言えるモノグラム・ラインに匹敵するほどの人気のラインになりますね!

☟☟☟お電話でのお問い合わせはコチラ☟☟☟

ダミエについて

 

ルイヴィトンの人気柄、モノグラムとダミエ。

実はどちらも当時のヨーロッパで流行していたジャポニズムの影響受けてデザインされました。

ダミエは、日本の「市松模様」に影響を受けてデザインされたと言われています。

日本の文化とかかわりのある模様ですので人気が高いのも納得ですね♪

ダミエラインのラインナップ

①ダミエ・エベヌ

まずは何と言っても有名な【ダミエ・エベヌ】です。

単純にダミエという場合このラインを想像される方も多いのではないでしょうか。

ダークブラウンとモカベージュの二色からなる茶系の定番ラインです。

【エベヌ】とは樹木の黒檀を意味しており、カラーリングも類似していますね。。

誕生の歴史は、以外にもモノグラム・ラインよりも古く1888年何ですよΣ(・ω・ノ)ノ!

②ダミエ・アズール

こちらは比較的最近の2006年に発表された白を基調としたカラーリングのダミエ・ラインになります。

アズールはリゾート地でもあるリビエラの青い海と白い砂浜をイメージしてデザインされており、「紺碧」を意味するイタリア語が由来です。

紺碧の海のようなカラーリング、という事ですかね。

ちなみにこのアズールの黒に見える部分、実は黒ではなく深い青の色なんですよ!
このようなこだわりに魅了されるのですね♪

③ダミエ・グラフィット

こちらは先程のアズールとは対照的に黒を基調としたカラーリングのラインになります。

ダミエ・アズールラインの2年後の2008年に発表されました。

黒を基調としたカラーリングもあって男性向けにデザインされたアイテムも多いため、男性支持率は圧倒的と言えます。

④ダミエ・アンフィニ

 

こちらは2011年に発表されたライン ダミエ・アンフェニになります。

トリヨンレザーと呼ばれる手触りの柔らかいレザーに、ダミエ柄を型押しした素材を使用したラインになります。

メンズ向けで発表されたモデルの為カラーリングは黒などの物が多かったですが、徐々に女性からの支持も増え、現在では女性向けのモデルやカラーバリエーションも増えてきております。

また同じモデルでもダミエ・エベヌ等の通常ラインよりも金額が高く、人気も高いため、中古相場でも高額でやり取りされています。

⑤ダミエ・コバルト

2014年発表のダミエ・コバルトライン。コバルトとは空色という意味で、深い青色を示しております。

こちらも基本的には男性向けに作られたラインで、名前の通り全体的なカラーリングが深い青色で統一されているのが特徴です。

パッと見た感じは黒色と見分けが付きにくいほどの深いカラーですので、写真だと伝わりにくい可と思いますが、実際に手に取ってみると深い青色で非常に綺麗な色合いのラインになります。

⑥ダミエ・ソバージュ

こちらは2000年発表のダミエ・ソバージュラインです。

ハラコと呼ばれる素材を使用しており、柔らかい毛の手触りが特徴のラインです。

ハラコ素材の特性上、剥げや毛羽立ちなどが起こりやすい素材ですので、使用の際は少し注意が必要かもしれませんね。

最後に

最後までお読みいただきありがとうございます。

ルイヴィトンには多くのライン・モデルと種類があり、まだまだ紹介しきれないアイテムがございます。珍しいラインなどは買取実績やブログでどんどんご紹介させて頂こうと思いますので、時々チェックしてみてくださいね。

↓↓ルイヴィトンの他のモデルの買取実績はコチラ!↓↓

またかんてい局大垣店では、ルイヴィトンのお品を強化買取しております。

購入したけど使っていない、貰ったけどちょっと違うかも、と眠っているお品はもちろん、廃盤品や壊れてしまったアイテムも、不要なお品がございましたら是非かんてい局大垣店へご相談下さい(≧▽≦)

スタッフ一同お待ちしております。

ページトップへ戻る

MENU