質屋かんてい局は岐阜・愛知の質、ブランド品売買の専門店です

代表TEL:小牧店(営業時間10:00~19:00 )

0568-68-8998 お問い合せ

北名古屋店のお知らせ

ロレックス/ミルガウスZブルー、サブマリーナー「LN」「LV」、Dブルーの名前の由来や意味とは【北名古屋】

こんにちは!

かんてい局北名古屋店です。

今回はロレックスの数あるモデルの中でも『ミルガウス「Zブルー」』『サブマリーナなどにつく「LN」「LV」』『ディープシーの「Dブルー」』の意味や由来について、ご紹介したいと思います。

この記事は

・ロレックスに興味がある方

・Zブルーの意味ついて知りたい方

・「LN」「LV」の意味について知りたい方

・Dブルーの意味について知りたい方

などにオススメの記事です

興味のある方は最後までお読みいただけると幸いです。

☟☟ロレックスに関するご相談やご質問はこちらからどうぞ☟☟

ミルガウス・サブマリーナ・ディープシーについて

ミルガウス、サブマリーナ、ディープシーはロレックスの中でも人気の高い、プロフェッショナルモデル(通称:スポーツモデル、スポロレ)に属しています。

特にオールステンレスモデルは人気が高すぎて入手困難度が高くなっています。

(ロレックスの正規店で購入できるかについて詳しく知りたい方は「コチラからどうぞ」)

☟☟画像タップでも確認出来ます☟☟

 

ミルガウス、サブマリーナ、ディープシーそれぞれに耐磁性・防水性・機能性などの特徴がありますが、デザインで購入する人が圧倒的に多いと思います。

それぞれ機能面以外にバリエーションがありますので、少しご紹介したいと思います。

ミルガウスについて

ミルガウスは耐磁性に優れたモデルとして有名です。ミルガウスの外見上で最大の特徴といえば「稲妻針」です。また、外側からは確認できませんが、磁気からムーブメントを守る為にインナーケースを採用し、さらに裏蓋にはインナーケースを抑えるクロスバネが設置されており、裏蓋と文字盤で挟み込むことによって磁気からの影響を防いでいます。

・Ref:116400 116400GV

一旦は生産終了したミルガウスですが、生産終了後約20年の時を経て2007年に復活を遂げます。

ラインナップとしては白文字盤・黒文字盤・黒文字盤にグリーンガラスを採用したアニバーサリーモデルの3つでしたが、2014年には「Zブルー」文字盤のモデルが登場し、人気がさらに加速していきます。

ミルガウスの「Zブルー」とは

2014年に誕生した「Zブルー」文字盤のミルガウスはきれいな淡い青系のカラーのモデルです。

Zブルーの「Z」はジルコニウム(Zr:Zirconium)を文字盤に含有させていることから由来しています。

2015~2016年頃には白文字盤と黒文字盤のモデルが廃番となり、現在はグリーンガラスの黒文字盤とグリーンガラスのZブルーの2本柱となっています。

 

ちなみに、型番の後ろに付いている「GV」は

Glace Verte(グラス ヴェール)= 「緑色のガラス」を意味しています。

☟☟ミルガウスの在庫一覧はコチラからどうぞ☟☟

サブマリーナについて

サブマリーナは1953年に誕生した長い歴史をもつ、世界初のダイバーズウォッチです。

ロレックスの中でも1・2位の人気を争う定番モデルで、こちらのサブマリーナもロレックスの正規販売店では入手困難なモデルとなっています。

116610LNと116610LVの「LN」と「LV」の意味

サブマリーナはステンレスモデルで大きく分けて2種類のモデルが存在します。

・116610LN サブマリーナ

116610LNは黒文字盤、黒ベゼルのモデルです。リファレンスナンバーの後ろにつく「LN」には意味があります。

この「LN」はフランス語から頭文字をとっており、

Lunette(ルネット)=ベゼル

Noir(ノワール)=黒

つまり、黒いベゼルのモデルを指していることが分かります。

・116610LV 通称:グリーンサブ

116610LVは緑文字盤、緑ベゼルのモデルです。リファレンスナンバーの後ろにつく「LV」にも意味があります。

Lunette(ルネット)=ベゼル

Vert(ヴェール)=緑

こちらの「LV」は緑ベゼルのモデルであることを指しています。

この「LN」と「LV」はサブマリーナ以外でも用いられることがありますので、「LN」「LV」のモデルを見つけた場合には意味があっているかどうか照らし合わせてみてください♪

☟☟サブマリーナの在庫一覧はコチラからどうぞ☟☟

ディープシーについて

ディープシーはシードゥエラーのハイエンドモデルで、2008年に登場します。防水性能がずば抜けて高く、新品時の防水性能は3900メートルと驚異的です。

2018年には新型のディープシーRef:126660が誕生しました。

ディープシーには大きく分けて2種類のモデルが存在します。

・ディープシー  116660/126660

通常の黒文字盤モデルと、半分ぐらいまでグラデーションがかかった「Dブルー」モデルが存在します。Dブルー文字盤は2014年に追加されて以降、Dブルーの方が人気が高い状態が続いています。

この「Dブルー」の「D」の意味ですが、ロレックスから公式には発表されておらず、明確な意味はわかりません。あくまでも推測ですが、Deepの「D」か、船の名前である「ディープシー・チャレンジャー」からとったのかなと思います。

こちらは解明出来次第、また追記したいと思います。

☟☟ディープシーの在庫一覧はコチラからどうぞ☟☟

☟☟ロレックスに関するご相談やご質問はこちらからどうぞ☟☟

最後に

本日はミルガウス、サブマリーナ、ディープシーの名前の由来や意味についてご紹介させて頂きました。

他にもロレックスのスポーツモデルの名前で変わったものなどの由来や意味についてご紹介できればと思います。かんてい局北名古屋店ではロレックスに関する売却の相談や購入についてなど出来る限りお力になれるようにと思っております。

何かございましたら、お気軽お問い合わせ頂ければと思います。

☟☟ロレックスに関するご相談やご質問はこちらからどうぞ☟☟

☟☟買い替えや下取りなど、買取価格をかんたんに知りたい方向け☟☟スマホで簡単。写真を撮影するだけで査定が可能です。

ページトップへ戻る

MENU