質屋かんてい局は岐阜・愛知の質、ブランド品売買の専門店です

代表TEL:小牧店(営業時間10:00~19:00 )

0568-68-8998 お問い合せ

大垣店のお知らせ

ロレックス・ダイバーズの大定番サブマリーナー16610と116610LNの違いを鑑定士が解説します【愛知・岐阜の質屋 かんてい局】【大垣】

こんにちは。

かんてい局大垣店です。

本日はロレックスのサブマリーナーデイト「前々型 16610」と「前型 116610LN」の違いについて説明をしていきます。

ではまず各モデルの解説からしていきます。

↓↓メール査定をご希望の方は下のバナーからお進みください↓↓

16610サブマリーナーについて

ブランド名:ROLEX【ロレックス】

型番:16610

商品名:サブマリーナー

防水性能:300m

製造期間:1989~2010年

サブマリーナーが登場したのが1953年のことで、それからサブマリーナーはデイトありのモデルと無しのモデルに分かれました。

その内デイトありのモデルが幾度のマイナーチェンジを経て1989年にデビューしたのがおなじみの16610リファレンスを持つサブマリーナーです。

約20年間にわたってロレックス・ダイバーズを牽引したロングセラーモデルで、搭載されたムーブメントが添付と呼ばれるパーツを支えるブリッジが1つから2つへと変更された「Cal.3135」に変更され、メンテナンス性、安定性が改善されていることが特徴に挙げられます。

20年という長い期間販売されていたこともあり、マイナーチェンジも多く、2003年には6時位置に王冠透かしが入り、2007年にはケースの横穴が無くなり、インナーリングにルーレット刻印が入る様になりました。

116610LNサブマリーナーについて

ブランド名:ROLEX【ロレックス】

型番:116610LN

商品名:サブマリーナー

防水性能:300m

製造期間:2010~2020年8月

上記で紹介した16610の後継機となるモデルで、デザインは変わっていませんが、ベゼルの素材が対傷性、耐蝕性に優れたセラクロムに変更されています。

ケースはラグ部分の太さが2.7mmから4mmへと大型化する事で耐久性が高められ、ムーブメントに関しては独自開発のブルーパラクロムヒゲゼンマイが採用されることで、耐久性と耐衝撃性が向上しています。

ブレスに関しては前型までは中空であったリンクパーツが無垢に変わり、バックルも新型のグライドロッククラスプが採用され、堅牢性が向上。なにより使用者が工具を使わずにブレスの微調整が出来るようになるなど、実用性も上がっています。

2020年9月に新型リファレンス126610LNの発表により廃盤となりました。

約10年と16610の半分の期間小美濃販売となりましたが、それでもひときわ高い人気を誇ったモデルであることは間違いありません。

16610と116610LNの違いについて

①ケースの違い

 

<16610>              <116610LN>

①ラグの太さ・・・16610が2.7mmであったのに対し、116610LNは4mmと約1.5倍のサイズアップがされています。

②ドットインデックス・・・116610LNのドットインデックスは16610よりも大きくなり、視認性が向上しています。また夜光塗料が16610はルミノバ、116610LNはクロマライトが使用されています。

③針の太さ・・・時刻を示す針がより太くなり、視認性が向上しています。

④リューズガードの太さ・・・ラグと同じ様に大型化しており、堅牢性が向上しています。

②バックルの違い

  

<16610>                <116610LN>

バックルもマイナーチェンジに伴い堅牢性が強化されています。

また新型バックルはデザインがスムースになり、工具を使わずに微調整が出来る様になっているグライドロッククラスプが採用されているため横穴が無くなっています。

新型バックルの裏側は下の写真のようになっています。

写真左手部分のブレスを起こす事で微調整が出来る仕組みです。

最後に

家電で見ると分かりやすいですが、一般的には新型が出れば旧型は寝落ちするのが常です。

しかしそれを裏切り両方とも廃盤になっているにもかかわらず、まだ少しずつ相場が上がっています。

ロレックスファンの中には「あえて」旧型を買う人もいるので、どのモデルも全体的な需要が下がりにくいのがすごい所ですね。

かんてい局ではロレックスをメインに取り扱いしておりますので、ご購入をご検討されている方は是非一度ご来店ください!

↓↓下のバナーからかんてい局オンライストアのロレックス在庫を確認出来ます!↓↓

ページトップへ戻る

MENU