質屋かんてい局は岐阜・愛知の質、ブランド品売買の専門店です

代表TEL:小牧店(営業時間10:00~19:00 )

0568-68-8998 お問い合せ

小牧店のお知らせ

夏におすすめ!ロエベのカゴバッグが入荷しました!【愛知・岐阜の質屋かんてい局】【小牧】

こんにちは!かんてい局小牧店です。

今日は、夏にぴったりのアイテムが入荷しましたので、ご紹介します!

 

 LOEWE【ロエベ】バスケットバッグ

こちらが今回入荷したバスケットバッグです!

素材はヤシの葉とカーフスキン。

素朴な手触りでマーケットにも出向けるイメージですが、高級なクラシックカーフスキンを使用しておりビーチから都会までスタイリッシュに持ち運べる優れものです!

ちなみにこちらのお品物は手作りのため、一点一点のサイズは多少異なっており、とてもユニークな一品です。

↓形がいびつに感じますが、手作りの特性上こうなっております。

 

 

商品のご購入はこちらから(楽天にリンクしています)

LOEWE【ロエベ】について

ロエベは1846年にスペインのマドリード市内にてルーツとなる皮革工房は数人のスペイン人職人によって開かれ、当時はレザー製品のみ取り扱っていました。

その後1872年にドイツの職人エンリケ・ロエベ・レスベルグがこの工房を訪れた際に、職人の技術や品質の高さに感銘をうけ、仲間入りします。

その後エンリケ・ロエベ・レスベルグは名家のムンタニョラ家の子女との婚姻関係を機に資金援助をうけ工房の製品がマドリードの貴族たちを虜にしていく運びとなり、工房の規模も大きくなっていきました。

こうして1892年に当時のマドリードの流行の発信地であるプリンシペ通りに店舗併設型工房のE.ロエベブティックをスタートさせました。

そして1905年にはコンキスタ公爵夫人によってスペイン王室に紹介されたおかげで、アルフォンソ13世より王室御用達の称号を授かり、格式の高いブランドへの階段をのぼっていきます。

時代は進んでエンリケ・ロエベ・ナッペはマドリードとバルセロナに拠点を構え、1965年からナッペの息子リンチが婦人向けのウィメンズ・プレタポルテを開始します。

最初のデザインはカールラガーフェルドやラウラビアジョッティ、ジョルジオアルマーニらが務めたといわれており、一気にインターナショナルブランドへと成長します。

カールラガーフェルドといえばシャネル、フェンディ、クロエ、H&Mなどでもデザイナーを務めたモード界の帝王といわれている超大物ですね。

時はたち1995年に、ロエベはLVMHの傘下となりました。

素材について

ヤシの葉のラフィア

カゴバッグの素材で通常多いのがストロー(麦の穂)素材ですが、こちらはラフィア(ヤシの葉)が使われています。

ラフィア椰子の葉から採れる天然繊維で、マダガスカルが原産です。

ラフィア椰子はアフリカやアジアの熱帯地域に生息していますが特にマダガスカルのラフィアは世界的に高品質で有名です。

高級ブランドの夏物のバッグや帽子にも使用されております。手編みで1つの製品を作るには2.3日かかるそうです。

ラフィアの風合い

風合いは天然繊維素材で丈夫です。はじめのうちは天然の素材の風合いがつよく、使うほどに艶や柔らかさが増して行きます。

天然素材のいいところといえば、丁寧に使うと長持ちし、味が出る所ですよね。

 

 

 さいごに

いかがでしたでしょうか?こんなバスケットをもって、海外のマーケットを散策したりしたら、一瞬で絵になりそうなカゴバッグです!

ぜひ商品の詳細ご覧ください!!(*´ω`*)

 

 

 

ページトップへ戻る

MENU