質屋かんてい局は岐阜・愛知の質、ブランド品売買の専門店です

代表TEL:小牧店(営業時間10:00~19:00 )

0568-68-8998 お問い合せ

小牧店のお知らせ

実用性を兼ね備えたコレクション⁉記念硬貨のご紹介!【小牧】

皆様こんにちは、かんてい局小牧店です(*^-^*)

 

本日は記念硬貨についてご紹介したいと思います!

このブログでは

・記念硬貨について知りたい方

・記念硬貨をお探しの方

におすすめの内容となっております。

☟電話でのお問い合わせはこちら☟

造幣局発行の記念硬貨とは?

造幣局では、造幣事業の一層の理解を願い

入念に製造したその年の貨幣をセットにして頒布しています。

日本での記念貨幣は1964年(昭和39年)の東京オリンピック記念で発行された

1000円と100円の銀貨幣が初めてで、それから様々な記念硬貨が発行されています。

記念硬貨のパッケージデザイン

記念硬貨のパッケージにも様々なデザインがあるのですが、皆様はご存知でしょうか??(‘;’)

例えばこちら!

手帳型ミントセット

 

この貨幣セットはミントセットと呼ばれ、

造幣局がその年に発行する1円から500円までの

完全未使用の通常硬貨をパッケージングした物になります!

毎年、日本の貨幣と鋳造技術の高さを紹介・宣伝するために販売されていて、

記念硬貨という名前もありきちんとお金としても使えます(*’ω’*)

 

因みに、

(※こちらの商品は現在在庫がございません※)

上記のミントセットは昭和55年(1980年)のミントセットです。

昭和50年〜56年は500円札のため、500円白銅貨は含まれておらず、

額面が166円なんですね!

こういった貨幣セットで時代を感じられるのもあるので

コレクションとして人気が高いんでしょうね(*’ω’*)

プラスチックミントセット

昭和59年からはプラスチックケースへの組み込みが開始されました。

今現在発行されているタイプでもあります。

上記のようにプラスチックケースに入っていることと

プラスチックケースが入っている外箱のデザイン性も相まって

よりコレクション性が高まっている感じがします。

 記念金貨

昭和61(1985)年に発行された昭和天皇御在位60年記念

10万円金貨でございます!

第二次世界大戦後、初めて日本で発行された記念金貨

この10万円金貨は

・昭和61(1985)年に1000万枚

・昭和62(1986)年に100万枚

の2回発行されています。

すごい量ですよね…!(◎_◎;)

 

この2回目の追加発行で

収集用の貨幣として特別な加工を施した

【プルーフ貨幣】の製造も始まりました。

ブリスターパックと呼ばれるパッケージのこの金貨は

個別番号が記されており、偽造防止が施された透明なフィルムに密封されています。

 

日本のプルーフ貨幣は、貨幣をより美しく見えるように表面を鏡のように磨き、

模様をつや消しにして浮き出させたものですが、

プルーフ加工といってもその手法、作業工程など各国で異なるので

海外の「プルーフ貨幣」には、

表面全てを鏡のように加工しているものもあるそうです(‘;’)

 

上記でご紹介いたしました商品以外にも

ご用意がございますので、是非チェックしてみて下さいね!

☟オンラインショップでの販売はこちら☟

 ~最後に~

いかがでしたか?

この記念硬貨・ミントセットは

上記でご紹介したように毎年発行している物でございます。

自分の生まれ年のミントセットや、家族・パートナー等

記念の贈り物としてもいいのではないでしょうか?(*’ω’*)

 

かんてい局小牧店では、記念硬貨の販売だけでなく

買取・質預かりも行っておりますので

是非お気軽にお問い合わせ下さいませ!

⇩売りたい方はこちら⇩

貴金属査定フォーム

 

ページトップへ戻る

MENU