質屋かんてい局は岐阜・愛知の質、ブランド品売買の専門店です

代表TEL:小牧店(営業時間10:00~19:00 )

0568-68-8998 お問い合せ

茜部店のお知らせ

相場高騰により今が買い時!今後の相場に注目のオメガ スピードマスター/ロレックスに続く高騰の理由とお勧めのモデルを紹介!【茜部】

皆さん、こんにちは!

ロレックスの高騰が騒がれている中、他にも高騰しているブランドがあるのはご存知ですか?

現在大注目の時計ブランドが「オメガ」なんです!

じわじわと相場が上がっているオメガは実は今が買い時です。

今回はその理由とお勧めのモデルをご紹介します!

☟お電話での問い合わせはこちら☟

オメガ

オメガはスイスの高級腕時計ブランドです。

1848年にスイスで懐中時計の組み立て工房を開いたことから始まり、1894年に制作されたキャリバーの「オメガ」を後にブランド名としました。

人類初の月面着陸を果たしたアポロ計画の際には、スピードマスターが使用されるなど様々な活躍をしております。

オメガの中でも代表的なモデルは「スピードマスター」、ダイバーズウォッチである「シーマスター」、ドレスウォッチとしての「デ・ビル」などが挙げられます。

👇メール査定フォームはこちら👇

大注目!相場高騰中のモデルとは!?

冒頭に述べたように、オメガの一部モデルは近年高騰傾向にあります。

最も高騰しているモデルが先ほども名前が挙がった「スピードマスター」です。

スピードマスター

今現在オメガの代表的な存在となっているスピードマスターの原型は、シーマスターに手巻きキャリバーを搭載したシーマスタークロノグラフとされております。

パイロットやドライバー向けのシリーズであったスピードマスターはベゼル部分にタキメーターが搭載されているのが特徴です。

今ではよく見かけるデザインですが、ベゼル部分にタキメーターを搭載したのはスピードマスターが初めてとされております。

1969年に人類初の月面着陸という偉業を成し遂げた際に、その宇宙飛行士の腕にはスピードマスター・プロフェッショナルが装着されておりました。

そのことからスピードマスタープロフェッショナルは「ムーンウォッチ」と呼ばれるようになりました。

高騰している理由

近年スピードマスターが高騰していることにはいくつか理由がありますので、ご紹介させて頂きます。

1.ロレックスに次ぐ資産としての価値

ロレックスの高騰が起きた要因の一つとして挙げられるのが資産としての価値です。

しかしロレックスのスポーツモデルは高騰を続けていることから、なかなか手が出しづらくなっております。

そこでロレックスのスポーツモデルに続いて注目されているのが、ロレックスのデイトジャストとオメガのスピードマスターです。

元々両モデルは時計としてのクオリティが高く、モデルとしても安定した人気を誇ることから、ロレックスのスポーツモデルに次いで注目されるようになりました。

2.オメガを代表するモデルである

オメガのスピードマスターは様々なモデルが存在しておりますが、安定して高騰しているモデルは現在のモデルではなく、3510.50など型番が6桁表記時代の古いモデルです。

スピードマスターの中でもコラボレーションモデルなどもあり、プレミア価格がついているモデルもあります。

様々な顔を見せてくれるスピードマスターですが、モデルが多い分人気が沸かれてしまう傾向にあり、モデルによっては大きく価格が下がることもあります。

👇かんてい局のオメガのアイテムが購入できるのはこちら👇

新しいモデルは高くない!?

オメガは日々進化を遂げており、新しいモデルも多く登場しております。

オメガは正規店ではもちろん定価での購入となりますが、並行輸入店で購入する場合には定価を下回る価格で販売されることがほとんどです。

新品を定価以下で販売することによっておこる現象は「中古相場」の下落です。

ほとんどのブランドが並行輸入やアウトレットなどにより、定価を下回る価格で販売されておりますが、その場合の中古市場の価格は定価の半分程度になることがほとんどです。

またブランドやモデルによっては50%を下回ることも少なくなく、ロレックスのように新品価格を超えた販売価格となることの方が異常です。

そのため比較的新しいモデルを新品で購入してしまうと、手放す際には大きく価格が下がってしまいます。

☟お電話での問い合わせはこちら☟

今後を見据えてこれを買うべき!鑑定士がお勧めするモデル

先述したように少しずつ高騰しているスピードマスターですが、その中でもおそらく今後高騰するであろうモデルを2つご紹介します!

1.「3510.50」スピードマスター オートマチック

オメガの中でも最も有名といっても過言ではないこのモデル。

以前は大きく価格が下がっておりましたが、実は最近高騰をしているんです。

5年前の2016年頃の販売価格はおよそ「12万円前後」でしたが、2021年1月現在の販売価格は「18~20万円前後」と8万円近く高騰しております。

少しずつ注目を浴びているこのモデルは、これからも価格が高騰していく可能性は非常に高いです。

元々クォリティの高いモデルになりますので、使用する分にも何の問題もありません。

今後の相場変動を考えると絶対に購入しておきたいモデルですね!

2.「3570.50」スピードマスター プロフェッショナル

このモデルはスピードマスターの手巻きムーブメントを使用したモデルです。

ムーンウォッチと呼ばれるこのモデルは、以前から高い価格をキープしておりましたが、再注目されたことで価格が高騰する可能性があります。

オートマチックモデルと同様に約5年前との比較をすると、

2016年頃の販売金額は「26~28万円」程でしたが、2021年1月現在の販売価格は「35~38万円」程と10万円近く相場があがっております。

すぐに相場が上がるモデルとは言えませんが、購入してじっくり待っていることで少しずつ相場は高くなっていくでしょう。

今後に期待できる1本ですね!

最後に

本日は今後相場が上がっていくであろうオメガのスピードマスターをご紹介させて頂きました。

ロレックスの爆発的な高騰により、オメガなど元々力のあった高級時計ブランドが改めて注目されております。

高騰しているロレックスの代わりとなるブランドの一つとしてオメガは必ず入ってくるでしょう。

今比較的購入しやすい金額であるスピードマスターは間違いなく買い時です!

かんてい局にも在庫がございますので、是非一度店頭にご来店頂くか、オンラインショップをご覧いただければと思います。

ページトップへ戻る

MENU