質屋かんてい局は岐阜・愛知の質、ブランド品売買の専門店です

代表TEL:小牧店(営業時間10:00~19:00 )

0568-68-8998 お問い合せ

小牧店のお知らせ

金素材アイテムの刻印でよく見るこの表記、どういう意味?【愛知・岐阜の質屋かんてい局】【小牧】

みなさまこんにちは!

かんてい局小牧店です☻

本日は金素材でよくみる刻印の表記の意味についてお話していきたいと思います!

ブログ内容についてご不明な点がございましたらお電話でもお答えしております!

☟ご不明な点がございましたらバナーをタップでお気軽にお問い合わせください☟

24時間受付!簡単メール査定はこちら!

また、お手持ちのジュエリーがございましたら

24時間受付のメール査定もございます!

以下のバナーをタップで簡単申し込みです。

査定だけでも結構ですのでまずはお気軽にご依頼ください。

☟ジュエリーのメール査定はこちらのバナーをタップしてください☟  

18KT、K18、18K表記の意味

 ジュエリーや喜平アイテムに18KT、K18などの刻印があるのを目にしたことはないでしょうか?

結論から言うと18KT、K18、は同じ意味です😲

KやKTというのはカラットの略になります。

このカラットは宝石の重さを表すカラットとは別の意味であり、

金でいうK、KTのカラットとは金の純度を表す数値を意味しております。

純度によって24や22、14などと数値が変わることは大体の方はご存知かと思われます!

また、金の純度表記にはそれ以外にもAu750や単純に750と表記されたものもありますが、

Auは金の元素記号で、750というのは18と同じように金の純度を表しています。

こちらの場合も純度によって750という数値の部分が変わってきますよ!

また、
高級ブランドのジュエリーや腕時計にはK18がよく使われています。

金の純度は24分率で表されており、K18の場合は18÷24=0.75

つまりK18は純度75%を表しています。これもご存知の人は多いかもしれません😲

Au750という表記の場合は1,000分率で表されているため、750という数値が75%という意味になります(つまり純度75%)。

K24は純度100%ということになりますが(※実際には99.9%以上がK24と表記されています)、金という素材は100%の状態では柔らかすぎてジュエリーや腕時計には適さないため、一般的には金以外の金属を混ぜて強度を高めてから使用されます。
ジュエリーや腕時計でK24の表記をあまり見かけないのはそのため!

他にもジュエリーや腕時計ではK14(58.5%)やK10(42%)といった純度の金もよく使われています。

刻印があるのはなぜか?

金の製品には、すべてではありませんがほとんどのものに刻印が彫られています。

金に刻印が打たれている理由のひとつは、

純度や販売・製造元、カラー・金メッキ・金張りといった製品情報がすぐに分かるようにするためです。

もうひとつの理由としては、偽物でないことを保証する目的が挙げられます。

その品位や販売元を特定して金の品質を保証するために、刻印が打たれているのです。

ちなみにK18GPは「金メッキ」、K18GF(GR)などは「金張り」なので要注意です。

日本の造幣局のホールマーク

よくお客様で「こちらは日本の金か、イタリアの金どちらですか?」と聞かれることがしばしば…

日本の造幣局は、金、プラチナ、シルバーといった貴金属の純度検査を行って、その品位を認定しています✨

その認定にクリアしたものは、「ホールマーク」と呼ばれる造幣局お墨付きの刻印が打たれています。
ホールマークは純分認証極印とも呼ばれ、権威ある機関が定めた貴金属の品位を証明するマークです。

日本の造幣局のホールマークでは、日本の国旗のマークが左側に打たれており、その右側にはひし型のマークが打たれています!


そのひし型のマークのなかには、1000分率で金の純度が刻印されています。K24の純金なら、999と表記されます(表示改正前は1000と表示)。

全ての商品にこのマークがあるわけではありませんが、造幣局のお墨付きの金であればこの刻印がありますので見分けるポイントの一つになりますね!

海外の刻印制度

日本の造幣局だけでなく、海外の造幣局もホールマークを作っています!

日本では、金の製品に刻印を打つことが法律で定められているわけではありませんが、

海外ですと貴金属の盗難が多く、粗悪品もたくさん流通したため、それを防ぐために刻印制度があります。

フランスでは、金のホールマークとして、ワシの頭の絵、

イギリスでは金のホールマークとして王冠の絵が刻印などなど…

また、イタリアではびIDマークの刻印があるものや、K18の横にITALYと表記しているものもありますので気になる方はそちらも考慮してジュエリーを選んでみてはいかがでしょうか?

☟上記の内容でご不明な点がございましたらバナーをタップでお気軽にお問い合わせください☟

最後に

いかがでしたでしょうか?

かんてい局ではジュエリーを多く販売しておりますので気になる方は下の画像クリックで一覧にと飛べますので是非チェックしてみてください!

☟画像クリックで商品一覧に飛びます☟

ページトップへ戻る

MENU