質屋かんてい局は岐阜・愛知の質、ブランド品売買の専門店です

代表TEL:小牧店(営業時間10:00~19:00 )

0568-68-8998 お問い合せ

茜部店のお知らせ

正規品と並行輸入品の違いや、メリット・デメリットを説明!【茜部】

こんにちは!

こちらの記事は、

・正規新品時計と並行輸入品の違い

・一般的な並行輸入品のメリット・デメリット

などを中心に解説させて頂きます。

多少、筆者の個人的主観等が含まれ取りますので、予めご了承下さい。

但し、何の根拠もない情報では御座いませんので、安心して最後までご覧頂けますと幸いです。

「並行輸入品」って何なの?

まず、前提として新品時計を語る上で説明しておかなければならない点があります。

ブランド品には「正規品の新品」と「並行輸入品の新品」があるということはご存知でしょうか?

聞いた事はあるけど意味までは知らないというかも多くいらっしゃるかと思います。

まず正規品というのは、国内の正規代理店で購入されたものを正規品と言います。

簡単に言えば、「松坂屋」さんや「高島屋」さんなどの大手百貨店や対象ブランドの路面店でヴィトンやロレックスなどの有名ブランドで購入された商品が正規品の枠組み入ります。

引用:https://www.matsuzakaya.co.jp/

逆に並行輸入品というのは海外の正規店などからバイヤーさんが買い付けてきて、その商品のブランド以外での小売店で販売されている商品が並行輸入品になります。

分かりやすく言うと「フィットハウス」さんや「LOVE LOVE」さん、「ドン・キホーテ」さん「ビックカメラ」さん「ヨドバシカメラ」さんなどの店舗さんが販売されているブランド品は基本的に全て並行輸入品になります。

引用:https://www.donki.com/

我々のような中古品取扱店舗でも並行輸入業者から仕入れて並行輸入品の新品を販売している店舗さんもありますね。

そこで、並行輸入品を取り扱っている店舗に対し、疑問に思うことがあると思います。

私もこの仕事し始めたとき感じた疑問点です。

そんな事してビジネスとして成り立つのか?

それが成り立つんですね☆

そりゃそうですよね。

儲かるからビジネスとして行えるわけです。

このからくりは、これから紹介する一部ブランドの販売価格や買取価格に大きく関わって参ります。

あと、記載し忘れましたが、ご紹介させて頂いた店舗さんの並行輸入品は間違いないく本物でしょうね。

この商売をしていると、お客様からそういったご質問を受ける事もあります。

並行品を取り扱っている小売店の専門スタッフがしっかりと判断や真贋を行い、信頼できる輸入業者から仕入れを行なっている事がほとんどです。

なので、現在、並行輸入品の販売を主流に行なっている業者で、偽物を販売している業者は「ほぼ無い」と思って頂いて結構です!

そんなアコギな商売が成立するほど甘い世界ではないです!!

今はSNSも盛んですし、そんな事をしたらすぐバレてしまいます。

ただ、あまりにも「安い!」「聞いた事もない海外の業者」など、悪徳な詐欺まがいのネットショップなども存在しますので、少しでも不安や疑問を感じた場合は購入する前に販売店に問い合わせ連絡することをオススメします!

もちろん、我々にご相談頂いても結構です!

ブランド品は基本的に高額な商品になります。

慎重になり過ぎる位でも恥ずかしい事ではありませんので、後で後悔する前にしっかりリサーチを行いましょう!

それでは並行輸入品のメリット・デメリットのご紹介です。

☟お電話での問い合わせはこちら☟

並行輸入品のメリット

①定価より安く買う事が出来る

分かっている方も多いかと思われますが、並行輸入品の最大のメリットは正規店よりも安く購入できるという点です。

説明不要かと思いますが、念のため、説明させて頂きますね。

興味がない方は飛ばしてください!!

皆さま、為替相場って聞いた事がありますよね?

並行輸入品に関わってくるのは外国為替というものになります。

一般的に「円」の価値が上がれば輸入するにあたって有利に働きます。

2021年2月現在、1ドルあたり106円ほどになります。

ちなみに数年を振り返っての円相場は少し下がり気味ですね。

当然、円が高くなればなるほど、輸入業者にとってはチャンスになりますね☆

なんでチャンスなのと思うかもしれませんが、日本の「円」の価値が上がれば外貨に換金した際に日本よりも多くのものが購入出来るようになります。

なので、例えばですが日本で10万円する商品が、海外では日本円で9万円で購入出来るようになったりします。

まずはそういった形で大量に仕入れをすればする程、より安く並行輸入業者は仕入れをする事が出来るという事になりますね。

「そのなの知っとるわ!」と皆様の心の声が聞こえてきそうですが、、、

すいません。重要なのはここからです!

各国でブランド品の定価が異なる事はご存知でしょうか?

実際に例を用いて説明しましょう。

引用:https://www.omegawatches.jp/ja/watch-omega-de-ville-ladymatic-co-axial-chronometer-34-mm-42560342063001

こちらはオメガのオールゴールドのゴージャスなモデルです。

日本国内の定価は「3,212,000円」になります。

引用:https://www.omegawatches.com/en-us/watch-omega-de-ville-ladymatic-co-axial-chronometer-34-mm-42560342063001

こちらはオメガのアメリカサイトを引用させて頂いたものになります。

販売価格は29,000ドルになり、日本円に直すと約307万円ほどになります。

アメリカと日本でも新品定価が約13万円ほど価格に開きがありますね☆

ビックリです!

この様な形で各国によっても定価が異なります。

これは一例にすぎませんが、、、

まぁ、この紹介したモデルの価格差では敢えて輸入して日本で販売しようと思うことは少ないかもしれませんが、ブランドや商品によっては日本国内よりも新品が30万円から50万円ほど安く購入できるなんて商品もあります。

そして、輸入業者は仕入れ国のブローカーから、その国の定価以下で仕入れる事も可能です!

ヤリ手のバイヤーさんならビックリするくらいの金額で仕入れをする事も出来ると思います。

また、一般の方では到底知りえない情報なども沢山お持ちの事でしょう。

そこでの信頼関係や仕入れする個数によって輸入金額が変わってきます。

以前はかんてい局でも輸入業者を通して仕入れを行なっておりました。

ただ、現在は行っておらず、中古品のみでの販売を行わさせて頂いております。

現在は並行輸入で仕入れを行なっている店舗さんも増えて、敢えてかんてい局で購入する必要もなくなってきております。

現在はより良い中古品を皆様にお安く販売できるように努力しております。

今後、皆様から並行輸入品の新品販売のご要望が増えれば復活するかもしれませんが、、、

現在はコロナウィルスの蔓延で海外旅行に行くのは厳しいですが、以前の様に海外旅行へ気兼ねなく行ける様になった際、欲しいブランドがあれば日本国内の定価と比較してみるのも面白いかもしれません。

旅の面白さが増える要因にもなりますし、憧れのブランドが国内よりもお安く購入できるかもしれません。

少し話がそれましたが、総括すると、並行輸入業者は為替や伝手(ツテ)を利用してブランド品を安く仕入れ日本国内に流通させることが出来る為、消費者の方々が正規店よりも安く購入できるようになります。

なので、憧れのブランドが日本国内でも安く手に入れることが可能になるのです!

あとはドン・キホーテさんやヨドバシカメラさん、ビックカメラさんなどの量販店で購入した場合、そのお店独自のポイントがたまったりする点もメリットになるでしょうか。

しかしながら、デメリットが存在するのも事実です。

並行輸入品のデメリット

並行輸入品が正規品よりも安く購入できることが説明しましたが、良いことばかりではありません。

やはり、安く購入できるからこその落とし穴もあります。

そこで覚悟しておかなければならない事を一例ではありますが、説明させて頂きますね☆

①付属品が付いていない

時計ではほとんどあてはまらないと思いますが、話流れを考えるとどうしても説明したい点になりますので、紹介させて下さい。

正規店で購入すれば確実についてくる付属品。

それが付属されていない何てケースも多くあります。

ただ、布袋は付いてくることが多いかもしれませんね。

これには理由がありますね。

箱などの付属品があるとかさばってしまい、一度に多くを輸入することが出来なくなります。

その為、箱が付いて無いなんて事も多くあります。

また、ブランドの紙袋も。

本体だけが欲しい方の場合はそこまで気にならない点になるかもしれませんが、プレゼントなどを考えている方には少し残念ではないでしょうか?

実際に並行輸入品を購入された方で、先ほどご紹介させて頂きました店舗さんで購入した際、その店舗さんがご用意した箱だったという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

完品を求められる方には大きな障壁となってしまうかと思われます。

②買いたたかれる

売却に出された方で査定員から「これは並行輸入品なんで、、、」とか、「並行輸入品が多く出回っておりまして、、、」と言った言い回しされ、提示額がご納得いけない金額だったなんて事もあるのではないでしょうか?

我々のような中古品の買取や販売を行う2時流通の仕事をしているとその商品が並行輸入品なのかどうかがわかってしまいます。

各メーカーも並行輸入で販売されているという事はわかっており、正規品か並行品かわかるようにするという事も多くあります。

分かりやすい例で説明すると、、、

こちらはフランクミュラーの正規品のメーカー保証書になります。

画像の下の方をご覧頂くと印鑑が押してあるのが分かりますでしょうか?

フランクミュラーは正規品の場合、購入店と購入日が印字されるようになります。

並行品はというと、、、

この様に何も印字されませんね。

後ほど、説明させて頂きますが、並行品と正規品で価格差が大きく異なるブランドも多くあります。

そういった観点から査定額が下がってしまうという現象が起きてしまいます。

私も幾度か査定額をお客さまに伝えるのが酷な状況というのを何度も経験させて頂きました。

こちら側の都合になり、お客様としては理解できない点も多くあるとは思います。

ただ、どうしても価格に差別化をしなければならないケースがあるというのも事実になります。

⓷メーカー保証が付かない

全てのブランドがそういったわけでは御座いませんが、中には正規店で購入すれば付いてくる保証も並行品の場合、付かないといったブランドも多くあります。

ブランド品の作り手から考えれば、至極当然なことではあると思います。

私も自身のブランドを持っていたとして、正規品なら色々な特典を付けてあげたいと考えてしまします。

当然と言えば当然ですよね。

ただ、並行輸入品であってもメーカーの保証がしっかりと受けられるという事もあります。

その点を踏まえてここからは各ブランドごとに正規品や並行輸入品の新品で買った時の利点や注意点、中古で買った際の利点や注意点を説明と筆者独自に考える新品・中古どっち買うべきかをご紹介させて頂きます。

ROLEX

言わずと知れた時計ブランドのロレックス。

もはや知らない人はいないと言っても過言ではありません。

最近、査定をしていて驚いたのは、どの年齢層でもロレックスは高く売れるという事を知っておりますね。

今や「金とロレックスは高く売れる」というのが一つのアイデンティティとして成り立ち始めております。

本当に説明不要かと思います。

それでも、ロレックスの素晴らしさ、ロレックスを買う事の夢を語らせて下さい!

もっと多くの方にロレックスの偉大さを知って頂きたく考えております!

新品(並行も含む)か中古、買うならどっち!?

くどいですが、説明不要でしょう!

だけど、紹介させて下さい。

100%いや200%新品で購入するのがよいでしょう!

理由は明解。

中古では定価以上で取引されているモデルが殆どですから!

ただ、新品を購入するのはいばらの道ですよ。

結論からしてまず買えないと思います。

残念ですが、、、

特に画像のデイトナようなスポーツモデルと呼ばれるモデルは、まず買うことが出来ません。

 

こちらは2016年にフルモデルチェンジをしたロレックスを代表するモデルのデイトナ。

型番は「116500LN」。

このモデルから白色の文字盤の方が評価が高くなりました。

先代は黒文字盤の方が5万円から10万円ほど高かったですが、、、

ただ、現在先代モデルでも黒も白も価格差がありません。

現行モデルおかげで白文字盤の評価が変わりましたね。

それはデイトナに限ったことではありません。

デイトナに便乗して他のモデルの白文字盤の価格が上がってきております。

こんな事になるなら中古相場上がる前に買っておけば良かった。。。

って思っている同士も沢山いる事でしょう!

本当にビックリですよ!

なぜ、そんな風に思うのか、これを確認して頂ければわかると思います!

参考にさせて頂くのは勿論デイトナです☆

インパクト大ですからね!

まず、デイトナのメーカー小売価格は、、、

引用:https://www.rolex.com/ja/watches/cosmograph-daytona/m116500ln-0001.html

定価1,387,100円になります。

普通にめちゃくちゃ高いですよね!

でも、中古はもっと高いですよ。

実際、楽天さんで現在(2021年2月)どのくらいで売られているかというと、、、

引用:https://search.rakuten.co.jp/search/mall/ROLEX%E3%80%80116500LN%E3%80%80%E3%83%9B%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%88/?s=2

こちら全て中古品ですが、一番安いもので約347万円です!高っ!!

定価が約138万円の商品ですよ!

特に白色の文字盤のモデルは非常に高額です☆

実際、買取金額も現在(2021年2月)では、付属品が全て揃っている状況であれば310万円は出ますね!!

恐ろしくないですか!?

こちらのデイトナが登場した2016年当時は160万円くらいで査定し、買取させて頂いた記憶があります。

それから、約4年。

買取価格がほぼ倍ですよ!

ちなみに半年ほど前までは、こちらの白文字盤のデイトナは280万円から300万円くらいで売られておりました。

なので買取金額は250万円から260万円前後でしたね。

いやーしまったなぁー!なんて思ってもしょうがないのですがね。

すいません。

少し白熱しすぎてしまいました。

デイトナは確かにインパクト強めですが、それ以外のスポーツモデルも定価以上で取引されております。

なので、もし新品が買えるなら新品で購入することがお勧めですね。

買えることが出来るならですが、、、

関連記事としてこちらも参考にして頂けますと幸いです!

ロレックスを定価で購入するテクニックを紹介させて頂いております!

非常に参考になると思います!!

『ロレックスマラソン』と『デイトナマラソン』ゴールのコツ!デイトナは正規店で買えるのか。『買取価格』とポイントも解説!116523NG/デイトナシェル文字盤+8Pダイヤモデルのご紹介です!【北名古屋】

それでは、唯一の新品購入時のデメリットをご紹介します!

新品の購入時のデメリット

ほとんど無いと言っても過言ではありませんが、一つだけあげさせて下さい。

先ほどご紹介させて頂きました関連記事にも記載しておりますが、それは、誓約があるという事です。

内容としては同じモデルを先の5年購入できないという縛りがあります。

どうやら日本だけという噂ですが。

あと、購入時には必ず顔写真付きの身分証が必要になります。

ただ、全てのモデルが対象というわけではなさそうです。

対象モデルはオールステンレスモデルのスポーツモデル(プロフェッショナルモデル)全般となります。

【モデル】

・デイトナ 型番:116500LN

・サブマリーナ 型番:114060、116610、126610

・GMTマスターⅡ 型番:116710、126710

・エクスプローラーⅠ 型番:214270

・エクスプローラーⅡ 型番:216570

・シードゥエラー 型番:126600

・ディープシー 型番:126660

などとなっています。

紹介させて頂いたモデルはロレックスの中でも超人気モデルとなり、ほぼ、店頭に並ぶことは無いと言われております。

また、仮に運よくデイトナが購入出来、次の日にサブマリーナーを購入しようと思っても指定されているモデルは先の1年間は購入できない形になります。

この点が新品で購入する際、唯一のデメリットでしょうか。

正確には注意点と言った方がしっくりきますね!

まぁ、店頭にほとんど店頭に並ばないので、現在お持ちの方の大半は中古で購入されているかと思います。

さて、新品のデメリットというか注意点は分かりましたが、中古での購入する際のデメリットはあるのでしょうか?

中古で購入する際のデメリット

とにかく高いという事です!

中古で購入する場合はほとんどのモデルが定価以上になっております。

これはもはや仕方がない事です。受け入れるしかありません。

物凄く高くなっております。

デメリットとしてはこれに尽きる形ですね。

ただ、勿論メリットもあります。

中古で購入する際のメリット

1つ目は修理がしやすいという点でしょうか。

ロレックスは基本的な自動巻き構造になっておりますので、修理がしやすいブランドになります。

メーカーに出さなくても町の時計店でも修理して頂く事が出来ますね。

その点が担保されている為、結構気軽使って頂く事が出来ます。

それがまず1点目。

2つ目は保証が購入から5年間あるという点です。

並行輸入品でも正規品でも、はたまた中古品でも購入から5年間は内部故障に関し、無償で修理して頂けるという点です。

2015年より保証期間が5年間に変更されました!

メーカー保証書に購入年月日が記載されておりますので、そこから5年間は内部修理保証が付いてきます。

ロレックスによるとシリアル番号で購入日を管理されているという事なので、メーカー保証書無しでも、店舗に持ち込めば無償修理して下さるとの事ですが、個人的にはメーカー保証書が手元にあるのであれば一緒に店舗に持ち込んだ方が良いと考えます。

その方が話が早く済みますし、ロレックスの方も有るのであれば持ってきて頂いた方が早く対応できると仰っておりました。

なので、かんてい局でメーカー保証期間内の商品をロレックスに修理に出す際は、メーカー保証書と一緒に修理に出しております。

最後のメリットが本筋です。

それは、資産価値が非常に高いという事です。

例えば、約80万円で15年程前のサブマリーナーを購入したとします。

その後、入り用になりどうしても手放さなければならなくなったとします。

果たしてどれくらいで売れるのか?

結論として、状態次第では70万円ほどの値がつくなんてことも!

あと、質屋や買取店の立場として、ロレックスは何としても欲しい商材の一つです!

なので、基本的にロレックスの査定額は競い合いですよ!

よくあるケースとして「A店で70万円つきました!」とB店に持って行った際に告げた場合、「じゃあ71万円で」なんてことが凄まじい確率で起こります。

また、最近では買った金額よりも上がったなんて事もよくあります。

これは賭けではありますが、古いモデルを先行投資、貯金代わりに今購入すれば、10年後には購入時以上で売却できるかもしれません。

仮に上手くいかなかったとしても、しっかりとした査定金額が付く事は間違いないでしょう。

筆者の狙い目としては5ケタの型番モデルですね☆

特にお勧めなのが型番:16570/エクスプローラーⅡの白文字盤。

何故かというと、スポーツモデルの白文字盤はデイトナとエクスプローラーⅡしか御座いません。

現在のセオリーで行けばトリチウムという夜行を使用したモデルが良いかもしれませんが、付属品完品モデルだと現在でも100万円ほどの売価が付いております。

それもいいですが、私はもっと先を見たいです☆

参考までに、、、

ここからはあくまでも参考程度にして欲しいので、専門用語を用いて説明します。

本当に確証はないので参考までに!

狙い目としては横穴無しのスーパールミノバ夜行のモデル。

欲を言えばルーレットシリアルの付属品完品。そしてランダムシリアル。

今探してもないんですよねー。

ロレックスの過去の傾向として最終品番と呼ばれる、その型番の最終モデルは価値が非常に上がる傾向にあります。

もし、中古市場で登場したら買い時かもしれません。

あまり真に受けて欲しくはないので、参考までに!

良く分からない方も多かったと思いますが、ロレックスはマニアックなファンが多く仕様変更だけで査定額が大きく変わることがあります。

それでは、ロレックスの最後として中古で購入する際の注意点をご紹介させて頂きます!

中古で購入する際の注意点

先ほども記載したように仕様変更によって価格が異なります。

なので、購入する際はどの仕様にあたるのか、しっかりと店舗のスタッフさんに確認を取る必要があります。

何のことや!?と思われる方も多いと思いますので、1例をご紹介します。


【例:116520/デイトナの場合】

デイトナは年式によってバックルの形状が異なります。

まず、こちらが初期のバックルです。

この様な形をしております。

型番:116520のデイトナが登場したのが、2001年ころ。

それから2007年くらいまでのモデルが上記の形状のバックルになります。

次にこちらが中期です↓

形状自体も変わってますね。丸い穴が無くなっております。

こちらは通称「梨地」バックルです。

ロレックスの文字が刻印されている部分が梨の皮の様にザラザラの仕上げになっている為、その名が通名に付きました。業界用語ですね☆

こちらは2008年くらいから2013年くらいまで、この仕様となっておりました。

最後は最終デザイン↓

こちらが最終のデザインです。

中期とそこまでデザインは変わっておりませんが、ロレックスの文字が刻印されている部分が鏡面仕上げ(ピカピカ)になっております。

通称「鏡面バックル」です。

最終デザインは2014年から2016年くらいまで。

この点が違うだけでも販売金額は大きく異なります。

【中古相場】

初期バックルモデル → 200万円から220万円前後

中期バックルモデル → 220万円から250万円前後

後期バックルモデル → 250万円から280万円前後

※付属品が全て揃っているものを例としてあげております※

こういった形で、同じモデルでも仕様変更がされているかどうかで価格差が生まれて参ります。


次に仕様変更以外の基礎的な状態面も気にしてください。

特に注意が必要なのがガラスの欠けがあるかどうかと社外ガラスを使用していないかです。

かんてい局では、ガラスに欠けがある際や社外ガラスに変更している際はしっかりと記載します。

ガラスの欠けに関しては「○○時位置に欠けがあります」などの記載を行いますので、ある程度の想像は出来るかと思いますが、くせ者なのは社外ガラスです。

2002年から2003年ころからガラスの6時位置付近にロレックスの王冠マークが本当に細かく刻印されるようになっております。

俗に「透かし」といっております。

お伝えした年式よりも前のモデルでガラスに大きなダメージがある場合は修理の段階で社外ガラスに変更する事が多いです。

実際、社外ガラスと純正ガラスはほとんど見わけが付きません。

どこで判断するのが良いかというと、日付の拡大鏡です。

まず、こちらが社外ガラス↓

次に純正ガラス↓

日付の文字の大きさが異なる事がお分かりになるかと思います。

これだけの大きさの違いがあれば、分かる方も多いですよね!

ただ難点なのは、日付がないパターンです。

こちらに関しては我々でも少しお時間を頂く場合があります。

正直、分かりづらいです。

なので、はっきりとした回答が出来るまでにお時間を頂く事がありますので、予めご了承ください。

そして、最後の注意点はブレスレットのたるみ・伸びです。

画像の様にデイトジャストに基本的に用いられる、「ジュビリーブレス」というブレスレットでは結構この様にダラーンなってしまう症状は起きやすいです。

現行モデルや先代モデルはかなりこの症状が出にくく改善されておりますが、古い5ケタ型番モデルの場合はこういった症状が起きやすいです。

症状が出ている商品に関しては画像にて説明させて頂きますが、購入を考えている商品がある場合は注意してみる必要があります。

どうでしょうか?

多少分かりにくい点があって申し訳ございませんが、中古品の購入に際し、必ず確認して欲しい事として、、、

・どの仕様年式のモデルになるのか?

・ガラスの状態はどうか?

・ガラスは純正かどうか?

・ブレスレットに伸びやたるみは無いか?

この点は必ず電話やメールにて中古販売店に確認された方が良いですね☆

あと、補足として、、、

・付属品は全て揃っているかどうか?

付属品が完品の場合は、、、

・いつ購入しているか?

も併せて問い合わせください!

以上簡単ではありますが、ロレックスを中古にて購入する際の注意点をご紹介させて頂きました。

☟☟☟ロレックスの在庫状況は下記をタップ♪☟☟☟

OMEGA

オメガもロレックス同様に言わずと知れた超有名時計メーカーです。

オメガは正規品新品、並行輸入品の新品、中古の商品で大きくメリットとデメリットがあります。

ロレックスとは比べものにならないくらい、どのタイプを購入するか重要です。

まず、正規品新品、並行輸入品の新品、中古品のメリットご紹介しましょう!

正規品のメリット

ロレックス同様に新品で購入された商品は5年間の保証が付きます。

引用:https://www.omegawatches.jp/ja/customer-service/5-year-warranty

 

但し、購入が2018年7月1日以降に購入した商品で、内部的な故障に限ります。

この辺りはロレックスと特に変わりがありません。

それ以前まではクォーツと自動巻きが2年間、コーアクシャルモデルが3年間、マスターコーアクシャルモデルが4年間、マスタークロノメーターモデルも4年間という形でした。

クォーツや自動巻きモデルに関しては大きく保証期間が伸びましたが、コーアクシャルア、マスター系に関してはそこまで保証期間が伸びたと言う訳ではないようですね。

それだけ、コーアクシャル系統のムーブメントに自信があったという事になります。

ロレックスも2015年より保証期間が5年間に変わったこともあり、それに対抗する形を取ったという事でしょうね。

正規品で購入すればスタッフのサービスも良いですし、全国どこへ行っても平等なサービスを受けられるという点がメリットですね。

また、正規店ではいち早く新作モデルを購入出来るというメリットがあります。

そういった点が正規店購入のメリットになります。

並行品のメリット

記事の前半にもご説明させて頂きましたが、やはり正規店よりも安く購入出来ます。

また、こちらも記載しておりますが、量販店などで購入された場合、その量販店が発行するポイントをゲット出来るという点もメリットになりますね。

個人的には量販店で付くポイントは非常に魅力的な部分にはなりますね。

オメガなど、他のブランド時計でもそうですが、基本的に超高額ですよね。

その為、付与されるポイントも尋常ではないかと思います。

付与されたポイントで他に欲しい家電製品や日用品などが購入できる点は非常に良いですね☆

そういった点が並行品を購入するメリット言えますでしょうか。

中古品のメリット

まずは、格安で購入出来るという点です。

それは当然のメリット。

次が中古の最大のメリットです。

それは既に生産終了してしまっているモデルが購入出来るという点です。

かんてい局でも非常にレアなアイテムがあります。

特にヴィンテージモデルに関しては、絶対に中古でしか買うことが出来ません。

これをご覧ください!

こちらはスピードマスタープロフェッショナルの3rdモデルです。

製造は1964年頃になり非常に現在では非常にレアなモデルとなっております。

この様にこちらの様なレアアイテムが購入できるのは中古品のみとなってしまいます。

昔欲しかったモデルや少し変わったモデルが購入できるのが中古品購入のメリットになりますでしょうか。

こちらのモデルは非常に高額ですが、現行品や少し前のモデルであれば正規品、並行品と比べてもかなりお安く購入する事が出来ます。

こちらを基にしたYouTubeも作成しておりますので、是非ご覧ください!

めちゃくちゃ詳しく説明しておりますよ!

それでは、デメリットの説明と参りましょう!

正規店のデメリット

定価になってしまう為、非常に高額になります。

例があったほうが分かりやすいと思いますので、実際の定価と比べて説明させて頂きます。

先ほどのコチラモデルで説明しますね。

引用:https://www.omegawatches.jp/ja/watch-omega-de-ville-ladymatic-co-axial-chronometer-34-mm-42560342063001

このモデルの国内定価は3,212,000円と非常に高額ですね。

並行品の新品はいくらなんでしょうか?

楽天さんで見てみましょう!

引用:https://search.rakuten.co.jp/search/mall/425.60.3420.63.001/?s=2

楽天さんの並行輸入品最安値は1,430,000円です。

そして、販売店はとても有名な宝石広場さん!

まさかの国内定価の半値以下!

これだったら私なら並行品買いますね。

中古品がなかったので判断できませんが、確実に並行品よりは安くなってしまうでしょうね。

但し、例外もあります!

全てがこの様な価格帯になってしまうわけではありません↓

引用:https://www.omegawatches.jp/ja/watch-omega-speedmaster-moonwatch-professional-co-axial-master-chronometer-chronograph-42-mm-31030425001001

現行品のスピードマスタープロフェッショナルです☆

めっちゃカッコイイ!!

2021年の新作モデル!

メーカーの小売価格も737,000円と非常に高額ですね。

個人的には納得のお値段ですが、並行品の新品はいくらぐらいなんでしょうか?

まだまだ、登場したなので国内にはなさそうです!

海外のサイトを見てみましょうすね!

引用:https://www.chrono24.jp/search/index.htm?query=310.30.42.50.01.001&dosearch=true&searchexplain=1&watchTypes=&accessoryTypes=

こちらは全て定価超えですね!

やっぱり人気モデルの場合はこういった現象が起きるようですね。

ただ、まだ登場したてという事なので、流通量が増えてきてしまったら、並行品が定価以下になってしまう可能性も十分にあります。

また、中古も登場し出してしまうとその価格が大きくなりそうですね。

と言う訳で、全ての商品が定価を割ってしまう訳ではありませんが、中には定価の半値以下になってしまうということもあるのがデメリットと言えるでしょう。

並行輸入品のデメリット

個人的には販売店によってサービスが異なってくることでしょうか。

勿論、全ての並行輸入品取扱店さんも日々、スタッフの教育等を行い、勉強等されてるかと思います。

私よりも知識豊富なスタッフさんがいる事も事実です。

ただ、以前、某並行輸入品取扱店舗さんにて商品を拝見させて頂いた際に少し違和感を感じる事がありました。

対応して下さったスタッフさんの笑顔や気配りはとても素晴らしいものを感じ、私も見習わないといけないなと感じたのですが、質問に対しての回答が少し遅く感じました。

というのも、1つ質問すると「確認します少々お待ちください」といってバックヤードに行き、戻ってきてお答え頂き、もう一つ質問すると再度バックヤードへ。

私も一度に全ての質問すればよかったと反省しておりますし、しっかりと事実確認をとってお伝えするという事もとても理解できます。

ただ、即座にご回答頂けるとより気持ち良く買うことができるなぁと感じてしまったのも事実。

本当に対応が素晴らしかったので、その点だけが少し残念だったなぁという経験をしました。

なので、販売店によって対応やサービスレベルが異なってしまうという点が並行輸入品を買う上でのデメリット、正しくはこれも注意点というべきでしょうかね。

自分がしっかりと勉強していれば良いのですが、分からない時はスタッフを頼りたくなってしまうので、我々ももっと勉強し続けてより良いサービスを身に付けなければ!

中古品のデメリット

中古品を買う上でのデメリットは、先ほどロレックスの際にも記載した様に状態をしっかりと確認しなければなりません。

あと、オメガはクロノグラフ搭載モデルが多いため、しっかりとクロノグラフの針が正常に動作するかも確認しておいた方が良いです。

実際に、我々の店舗で販売した商品で秒針はしっかりと動いているが、クロノ針が正常に動作せずに返品やクレームに繋がったケースがあります。

店頭に並べる前にオメガなどの高級時計はしっかりとメンテナンスを行ってから並べるのですが、中には展示中に不具合が生じてしまうものもあります。

先ほど、大口を叩いていたにも関わらず、大変恐縮です。

まぎれもない事実としてご購入頂いたお客様にご迷惑をお掛けしてしまって裏切る形となったことは今でも反省しております。

その様なケースはお客さまはもちろんの事、我々も非常にショックです。

なので、クロノグラフなどの複雑機能のモデルを購入する際は、全てパーツがしっかりと動作するかもスタッフに確認を取った上でご購入されることをおススメします!

今まで、ご購入いただいたお客さまで不具合があった事を深くお詫び致します。

以上がオメガを買う上でのメリット・デメリットになります。

フランクミュラー

最後にフランクミュラーのご紹介です。

フランクミュラーもロレックスやオメガに並ぶ超人気有名時計にブランドになります。

芸能人の愛用者も多く、そのデザインは他のブランドを圧倒していると思います。

一番の見どころはやはり遊び心溢れるデザイン性ですね☆

最近のモデルは迫力もありますし、人と違うデザインをお求めになりたい方に非常にお勧めです。

それではフランクミュラーの正規品、並行品、中古品のメリット・デメリットをご紹介させて頂きます!

正規品のメリット

先ほど、お伝えしたように正規品と並行品では大きな価格差が生まれるとは事実です。

しかし、正規品では受けられないサービスがフランクミュラーにはあります!

それは修理が国内で受けれるかどうかという点になります。

正規品の場合は国内で修理を行なって頂けますが、並行品の場合は国内修理が出来ません。

国内修理の場合は平均して10万円ほどで修理が出来るのですが、並行品の場合はスイスの本国送りになってしまう為、余分に修理代が掛かってしまいます。

また、費用だけでなく修理期間も長くなってしまう事も。

一生購入したフランクミュラーを使い続ける意志があるのであれば、正規で購入する事をお勧めします。

元々、どの高級時計ブランドも一生モノではあるのですが、特にアフターサービスが重要になってくるブランドになりますので、お金に余裕があるのであれば正規品の新品を購入されるのが良いでしょう。

また、オメガ同様に新作モデルがいち早く購入出来るというメリットもあります。

そういった点を含め、どうしても欲しいフラックミュラーのモデルがあるのであれば正規品を購入するのが良いかと思われます。

後は正規店購入のメーカー保証書が査定金額のカギを握っております。

例えば、並行品の査定金額が50万円だった場合、正規品は60万円場合によっては70万円といった形で金額に大きく開きが出ます。

その分、高く購入しているので当然ではありますが、いざという時に頼りになるのは正規品になるのは間違いありません。

並行品のメリット

これもオメガ同様です。

やはり定価よりもお安く購入出来ます。

先ほど、長く使いたいのであれば正規が良いと記載しましたが、これだけの有名時計ブランドのモデルが簡単に壊れる訳ではありません。

サブのお時計として購入する場合には並行輸入品の新品の方が良いかもしれませんね。

激しく使用しなければ、その分時計の寿命は延びます。

プライベートなシーンの時のみにフランクミュラーを使用したいという方には並行輸入品の方がお勧めです!

中古品のメリット

こちらもオメガ同様です。

レアなモデルが購入出来る。

新品に比べかなりお安く購入出来るなどといったメリットがあります。

新品にこだわりがないのであれば個人的には絶対に中古品の方が良いです!

定価は物凄く高いですが、フランクミュラーはお世辞にもリセールバリューが良いとは言えません。

時計をある一定の周期で買い替えるという方は是非中古品のフランクミュラーにして下さい!

かんてい局でもフランクミュラーの中古品を取り扱っております。

気になる方は是非下記のバナーをクリックしてください!

☟☟☟フランクミュラーの在庫状況は下記をタップ♪☟☟☟

正規品のデメリット

とにかく高いという点になりますね。

まさに成功者のプライスです。

ただ、先ほどもお伝えしたようにリセールバリューがあまり良くありません。

以前、フランクミュラーを買取させて頂いた際に150万円ほどする定価の商品の査定額が40万円ほどになってしまい、非常に残念な思いをされていらしたお客さまもいらっしゃいました。

ただ、本当に中古になると査定額は下がります。

その点は覚悟した上で購入しなければなりませんので、貯金代わりに高級時計を購入するという方にはお勧めできません!

本当にビックリするくらい査定額は下がってしまいます!

並行品のデメリット

まずは正規店同様に査定額が下がってしまいます。

そして、一番の問題は国内での修理が出来ないという点です。

これが一番厄介ですね!

フランクミュラーは基本的に部品供給を行なっていない為、パーツ交換が必要ないオーバーホール等のメンテナンスであれば、我々が委託している修理業者でも修理可能になりますが、パーツ交換が必要になった場合は正直言ってお手上げです。

その点を考えると個人的には並行品の新品というのが一番お勧めできないです。

あくまでも個人的にはなりますが、、、

中古品のデメリット

中古品のデメリットは実をいうと少ないです。

強いて言えば革ベルトなどの消耗品使用するモデルの場合には注意が必要です。

国内の正規ブティックに同じモデルの革バンドの在庫があれば対応してくれそうですが、

無かった場合はメーカーに修理を出さなければなりません。

その場合は正規品のメーカー保証書がなければ本国対応になります。

その点が唯一注意が必要です。

後はオメガやロレックス同様に外装の状態や付属品の有無などがしっかりと付いているかも重要です。

フランクミュラーは非常に面白いデザインが多く通常の時計の針の動きをしないモデルなども多く存在します。

そういったモデルを購入する場合は多少高くてもメーカー保証書がしっかりと付いている中古品を購入するようにしましょう!

私個人の見解としては、中古品でメーカー保証書がしっかりと付いているフランクミュラーであれば正直お勧めですね。

デザインも非常にお洒落ですし!

以上がフランクミュラーのメリット・デメリットになります。

最後に

いかがでしたでしょうか。

少し長くなりましたが、新品でも正規品や並行輸入品の違い、中古品の各ブランドの特性等が少しでもお伝え出来たのであれば、この上ない幸せです。

メーカー絞り込み過ぎ間ましたので、また機械の本日紹介したブランド以外の特性等もお伝えできればと考えております。

最後までご覧言頂き誠にありがとうございました!

ページトップへ戻る

MENU