質屋かんてい局は岐阜・愛知の質、ブランド品売買の専門店です

代表TEL:小牧店(営業時間10:00~19:00 )

0568-68-8998 お問い合せ

春日井店のお知らせ

CHANEL【シャネル】『J12』新旧のマイナーチェンジの違いと人気の理由に迫る!!!!【愛知・岐阜の質屋かんてい局】【春日井】

こんにちは☀

かんてい局春日井店です!!!

今日は、CHANEL【シャネル】『J12』の商品についてお話致します(*^^)v

CHANEL【シャネル】『J12』とは?

2000年にCHANEL【シャネル】から誕生した初のメンズウォッチは、発売当初は黒(ブラック)のみの販売でしたが、2003年に白(ホワイト)が発売され、瞬く間に人気の定番モデル商品となりました。

色は白と黒の二種類、最近はピンクやブルーのベゼルや、ファントムと呼ばれる、真っ白や真っ黒も出てます。ケースとブレスレットがセラミックで出来ており、メリットとしてセラミックは軽くて丈夫で、キズがつかない。と言われています。

ステンレススチールがアレルギーの方でも大丈夫!ですね!!

そんなセラミック、デメリットもあります。

落下したり衝撃を与えるとすぐ欠けてしまいます。

気を付けて使用しましょう☝

CHANEL【シャネル】J12はなぜ人気なの??

CHANEL【シャネル】が2000年の9月にJ12を発表するまでには

7年余りの歳月がかかりました。それには理由があります。

実はJ12を開発することはCHANEL【シャネル】にとって挑戦でした。

多くの「初」にチャレンジしたからなのです。

CHANEL【シャネル】「初」の要素

①シャネル初のセラミックウォッチ

 

②シャネル初の200m防水時計

 

③シャネル初の自動巻時計

 

④シャネル初のメンズウォッチ

 

上記を見ただけでもCHANEL【シャネル】にとってJ12が挑戦的な時計であることが

お分かりいただけるかと思います。

実はJ12は、「時代を超え不滅」であるべき時計として作られたと言われています。

その理想を実現させる素材が「セラミック」でした。

セラミックは傷や変色に強い素材なのです。

J12開発のために、CHANEL【シャネル】は優れたセラミックで

時計を作るノウハウをいち早く確立し今ではセラミックウォッチ製造の第一人者として時計業界に君臨しています。

そしてもちろんデザインは、CHANEL【シャネル】のエスプリである「黒」と「白」で作られました。

後年同じ無彩色である「グレー」も加わります。

J12登場以前の腕時計といえば銀系色のステンレス・ホワイトゴールド・プラチナ、黄金色のイエローゴールドで作られるのが普通です。

つまり当時は腕時計が「黒一色」や「白一色」でつくられることは少なかったのです。

J12が登場すぐに人気が出た理由は、この「色」という要素にもあるのかもしれません。

CHANEL【シャネル】『J12』の新旧の違いについて

①文字盤(インデックスの目盛りの違い)

新【文字盤の立ち上がり部分に目盛りがある】

 

 

旧【文字盤上にある】

(※クロノグラフのモデルは文字盤上にあるものになる為、変更されていない)

②バッグル

 

 

 

 

まとめ

セラミックは傷が付きにくいですが、落下などの強い衝撃を加えると割れてしまう恐れがあり、実際にこれまでにもベゼルが割れてしまっている商品を見かけます。また、マイナーチェンジが行われるとどうしても旧型は新型に比べると、金額が落ちやすくなってしまうのと、白のセラミックは汚れやヤケが目立ちやすく黄色っぽく変色してしまう商品もあるため注意が必要です。

春日井店にもCHANEL【シャネル】『J12』ご用意あります!

一度ご来店下さい♥お待ちしております!

ページトップへ戻る

MENU