質屋かんてい局は岐阜・愛知の質、ブランド品売買の専門店です

代表TEL:小牧店(営業時間10:00~19:00 )

0568-68-8998 お問い合せ

小牧店のお知らせ

LOUIS VUITTON【ルイヴィトン】パピヨンのヴィンテージパピヨン(オールドパピヨン)について!【愛知・岐阜の質屋かんてい局】【小牧】

こんにちは!かんてい局小牧店です。

GWも中盤ですが、小牧店の周りは車の通りが少なくなっております。

みなさんはいかがお過ごしでしょうか?

さて、本日は業者様に意外と人気のルイ・ヴィトン「ヴィンテージパピヨン(オールドパピヨン)」についてさくっと解説します♪

 ルイ・ヴィトン「パピヨン」とは?

 

パピヨンというバッグをご存知でしょうか?パピヨンとはルイヴィトンの親子バッグで、

バッグとポーチがセットになっている筒状のバッグです!

パピヨンは「蝶」のことで4代目のアンリ・ルイヴィトンが小型のバッグをもってパリのシャンゼリゼ通りを歩く女性から着想を得てデザインされたと言われています。

発売されたのは1980年代、当時は現行のヌメ革ではなく豚革が使用されていました。1990年ごろに入るとレザーの部分が現行のヌメ革に代わりモデルチェンジが行われますので、ヌメ革以前のパピヨンをオールドパピヨンヴィンテージパピヨンと呼びます。

↓こちらがオールドパピヨン。

 

ちなみに「蝶の羽」に見立てられたのはこちらのハンドルの部分なのだそうです。

サイズは一般的に、19、26、30㎝が出回っています。

中古市場で見かけることが多いのは、26、30㎝のサイズですね。

ダメージの出やすい箇所の特徴

パピヨンで傷みやすい箇所をまとめてみました。

1.ハンドル部分

こちらはヌメ革と比べると日焼けやシミは圧倒的につかないところが利点ではありますが、この写真のように端が擦れて白っぽい生地が出たり、汚れて黒ずんだりはします。

2.金具のメッキ剥がれ

金具は摩擦などでメッキが剥がれてきます。

3.円筒形の端の部分

ヌメ革より丈夫な素材と言っても、摩擦による角スレ、端スレはございます。

また、擦れた箇所が白っぽいので、ヌメ革の場合のスレよりも少し目立ちます。

これらの部分が綺麗な物、傷みが少ないものは状態がいいと判定されやすいです!!

さいごに

いかがでしたでしょうか?かんてい局ではルイ・ヴィトンの商品の買取を強化しております!

お家に眠っているヴィトンのお持物で、この形は古いから買取してくれないかな?!と思うお品物でも、そんなことはございません。

ヴィンテージだからと言って、高額買取になるというわけではありませんが、ルイヴィトンの商品であれば古いものであっても買取歓迎です♪

 

ページトップへ戻る

MENU