質屋かんてい局は岐阜・愛知の質、ブランド品売買の専門店です

代表TEL:小牧店(営業時間10:00~19:00 )

0568-68-8998 お問い合せ

買取実績を検索

大人気ヴィトンのミニ・ルーピング|バッグの小型化に伴い相場高騰中!買取価格と査定ポイントをご紹介!M51147 ショルダーバッグ【買取実績】【大垣】

店舗名 大垣店
商品名 M51147/ミニ・ルーピング
ブランド名 【ルイ・ヴィトン】
買取価格 55,000円

皆さん、こんにちは!

かんてい局大垣店です。

本日ルイヴィトンのショルダーバッグ、ミニ・ルーピングを買取させて頂きましたので、買取金額と査定ポイントをご紹介します!

ルイヴィトン ミニ・ルーピング

ルイヴィトンの定番ラインであるモノグラムラインとハンドル部分が特徴的なルーピングシリーズ。

3つのサイズ展開があり、大きい順に「ルーピングGM」「ルーピングMM」「ミニ・ルーピング」となります。

今回買取をさせて頂いたのはルーピングシリーズの中で一番小さめのサイズ「ミニ・ルーピング」です。

ルイヴィトンのバッグは非常に人気が高く、中古市場でも高い金額が付く事が多くありますが、今回のミニ・ルーピングは近年のバッグの小型化に伴い、中古相場が大きく上がりました。

小型バッグと言っても財布やスマートフォンはもちろん、ペットボトルも収納できるサイズになっておりますので、使い勝手も抜群であることも相場上昇の要因の一つです。

またGM、MMサイズはバッグの口がファスナー開閉式ですが、ミニ・ルーピングのみフラップ(蓋)がついたデザインとなっておりますので、安全性もバッチリです。

👇お電話での問い合わせはこちら👇

査定ポイント

それでは今回査定をさせて頂いた際のポイントをご紹介します。

状態(使用感)

査定をさせて頂く際に非常に重要なポイントとなるのが、商品の状態や使用感です。

使用感とは使用する中で蓄積されて表れる傷や汚れの事を指します。

バッグの場合特に使用感が表れやすい部分があります。

①持ち手(ハンドル)

持ち手部分は使用する際に必ず触れる部分になります。

ルイヴィトンのモノグラムラインに多く使用されている「ヌメ革」は特に雨や汗などの水分に弱く、シミや黒ズミができやすい素材です。

今回のバッグは目立った黒ズミなどはありませんが、最初は肌色に近かったヌメ革が茶色へと変色をしております。

あまり使用されていない物でも、湿気により状態が変化しますので、保管している環境なども意外と重要だったりします。

②角部分

角部分も傷がつきやすい部分です。

バッグを持ち運ぶという事はその分床や机などに置く機会も多くなるので、擦れることも多くなります。

角部分は汚れより擦り傷がつくことが多くあり、使用感が表れやすい部分になりますので査定の際には必ず注目する部分です。

角にヌメ革を使用しているバッグの場合は特に目立ちやすいですが、今回のバッグはコーティングされたレザーですので強度があり、比較的傷は付きづらいです。

③内側の汚れ

一目では分かりづらいですが、査定に影響しやすいのがバッグ内側の汚れです。

バッグの中には様々な物を入れますが、バッグの中で液体をこぼしてしまったり、ペン先が出て跡が付いたりと汚れる原因となるものが多くあります。

このような汚れは付いてしまうと落とす事が出来ない為、査定の際にはマイナスポイントとなります。

せっかく外側が綺麗な状態でも、内側が汚れていることで査定金額が下がってしまうのはもったいないので、普段からモノの入れ方にも注意した方が良いかもしれません。

👇自宅にいながらラクラク査定!人気のメール査定はこちら👇

バッグ査定フォーム

最後に

本日はルイヴィトンのミニ・ルーピングの買取についてご紹介させて頂きました。

ルイヴィトンは数多くあるブランドの中でもトップクラスの人気を誇ります。

人気が高いブランドは比例して需要も高くなりますので、中古市場では価格も高くなる傾向にあります。

ルイヴィトンの中でも今回の様に10~20年ほど前に精算されていたモデルの需要が上がって来ておりますので、今は買取価格もかなり高いです。

もしご自宅に使用していないバッグなどございましたら、是非一度かんてい局大垣店までお持ち下さい。

お電話でも大体の査定金額をお伝えできますので、お気軽にお問合せ下さい!

👇ヴィトンの他の商品の買取実績はこちら👇

ページトップへ戻る

MENU

その他買取商品